安曇野滞在記(3日目)

 いよいよ滞在3日目、最終日です(5月3日)。チェックアウトの後午前中は軽くドライブ。その後昼食を前日予約しておいた自然派手作り料理の店「野土火(のどか)」で食べました。11時半に到着しましたが、その時点で店にいた予約客は僕らを含めて3組のみ。その後に何組が客が来ました。7、8組も入ればいっぱいといった感じです。そういう意味ではゆったりと食事を楽しめるようになっています。
 僕はこの店の看板「とろろ定食」を頼みました。量は心配したほど多くはなく、ちょうど良い量でした。ただ、とろろの量が半端ではない。ご飯が中にすっぽりと沈みこんでしまうほどありました。味もいい。元々とろろご飯は好きでしたが、ここの「とろろ定食」は確かにおいしい。安曇野を代表する有名店ですが、確かにおすすめの店です。

画像


画像


画像


 昼食の後、初日入れなかった「アルプスあづみの公園」へ行ってみました。その日(5月3日)から連休後半が始まるので、ものすごい人出でした。観光客よりも地元の人たちが多かったような気がします。なお、「アルプスあづみの公園」は二つあって、区別するために後ろに(堀金・穂高地区)と(松川・大町地 区)と付けてあります。僕たちが行ったのは(堀金・穂高地区)の方です。
 入場料400円。妻は入口近くのテーマ展示館にいると言うので、一人で公園内を歩き回りました。楽しみにしていた場所ですがあいにくの曇り空で、写真を撮るにはいい条件ではありませんでした。しかしものすごい人出で、いかにも連休という賑わいではありました。

画像


画像


 ここは展望テラスから眺めた池の景色が有名で、そこの写真が撮ってみたかった。上の2枚が池の写真です。確かにいい眺めなのですが、あいにくの曇天で薄暗い画面になっています。

画像


画像


画像


画像


 公園内のあちこちに花壇があり花が咲き乱れていました。最初の2枚はチューリップの赤が強烈です。3枚目は雪柳の白が目に鮮やかでした。4枚目は薄ピンクの柔らかい色。偶然ですが歩いている女性の服もピンク色です。

画像


画像


画像


 ところで人ごみを外して写真を撮っていたので、当日の人の多さを伝えるうってつけの写真がないことに気がつきました。上の2枚が一番多く人が写っている写真ですが、実際の混みようはこんなものではありません。ついでに公園から撮った常念岳の写真も載せておきます。1時間弱歩いて入口近くに戻りました。

画像


画像


画像


 入口近くまで戻ったのですが、妻との待ち合わせの時間までまだ15分ほどあったので、テーマ展示館に入ってみました。これが思った以上に素晴らしかった。入口に巨大な水槽があり、信州サーモンが泳いでいました(というより泳ぎ回っていたのはニジマスで、信州サーモンはじっとしていました)。
 特に素晴らしかったのは理科室(学校という設定で、社会科の教室などいくつかの部屋がある)。入口にあったような水槽がより小型化されて何種類も展示されていました。 水族館のように魚を眺められるのですが、よくある水槽ではなく、自然環境を再現した造りになっているのです。ガラス越しに眺めるという点では普通の水槽と同じなのですが、その向こう側は実際の自然の様に造ってある。自然を切り取って、その切断面からガラス越しに自然を眺めているという作り。素晴らしいアイディアだと思いました。そのような水槽がいくつもあるのですから見飽きません。水槽ごとに自然の作りが違い、魚の種類も違っている。待ち合わせの時間がなければ、何時間でも眺めていたいと思いました。

画像


画像


 妻と落ち合った後、二人でテーマ展示館の周りをぐるっと回る散歩コース「こもれびトレイル」を歩きました。上の写真は「春の小川」のような小川と、その小川越しにテーマ展示館を撮ったものです。

画像


画像


 上の2枚は「こもれびトレイル」沿いに咲いていたシャクナゲ。

画像


画像


 最後の写真はテーマ展示館入り口横の植え込みで見つけたアミガサタケ。食べるとおいしいそうです。妻が見つけました。彼女はこういう小さいものを見つけるのが得意なのです。一緒に散歩していると、同じところを歩きながら互いに全然違うものを見ていることに気づかされます。彼女が見つけるのは僕が見落としていた小さなものがほとんど。これまで写真を載せてきたものの中にも、実は最初に彼女が発見したものがいくつか含まれています。関心のありようによって見えているものが違う。これまで何度も指摘してきたことですが、こうやって自分以外の人と歩いてみるとそれがよく分かります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック