布引観音

 今年最初の投稿です。長らく開店休業状態になっていましたことをお詫びいたします。今年の3月いっぱいをもって長年勤めた職場を退職しました。それに伴う様々な雑用に追われ、映画ブログの方は何とか続けられたのですが、こちらの写真ブログまではさすがに手が回りませんでした。  さて、今回取り上げるのは小諸市にある布引観音です。以前にも取り上げ…
コメント:0

続きを読むread more

岩鼻下の隧道と旧道、千曲川を撮る

 出雲旅行記の次はごく身近で地味な、かつ比較的最近の記事を載せます。2021年7月12日に岩鼻の下にある隧道の写真を撮りました。ここはよく写真を撮る「道と川の駅」のすぐ目と鼻の先にあるので、前から気にはなっていたのです。しかし隧道が使われなくなってからだいぶ時間がたち、岩鼻の岩塊をくりぬいてできた新しいトンネルを普段通ってしまうので滅多…
コメント:0

続きを読むread more

出雲大社、足立美術館、日御碕灯台

 旅行会の二日目(2018年9月3日)です。この日は出雲大社、足立美術館、日御碕(ひのみさき)灯台と回りました。なぜか出雲大社で撮った写真は少なく、むしろこの日のメインは足立美術館でした。まずは恒例の日記からの引用です。  7時ごろ起床。8時から朝食。ホテル(皆生菊乃屋)を出て足立美術館へ向かう。10時過ぎ到着。絵画よりも庭園の美…
コメント:0

続きを読むread more

松江城、小泉八雲旧居、美保関灯台

 水木しげるロードで写真を撮った後、美保関灯台、松江城、小泉八雲記念館、小泉八雲旧居、松江歴史館と、この日は精力的に回りました。ホテルの皆生菊乃屋に着いたときはホッとした気分。まずはいつものように、2018年9月2日当日の日記からの引用です。  美保関灯台へ向かう。灯台はさほど印象的ではなかった。時間に余裕があるので、明日行く予定…
コメント:0

続きを読むread more

水木しげるロード 2

 妖怪たちの銅像もすごいのですが、妖怪たちの名前にちなんだ店の多いことにも驚きます。まさに水木しげるワールド一色!ベンチにもねずみ男や猫娘が描かれているし、街灯やマンホールの蓋にもおなじみの面々が描かれています。駅に行けば妖怪列車が走っている(ちょうど駅まで行ったときに停車していたのですが、ちょっと油断して他のところを撮っている間に出発…
コメント:0

続きを読むread more

水木しげるロード 1

 2015年から高校の部活の同期生と毎年1回旅行に行っています。参加者は5名なので車1台にみんなで乗り込んで出かける。遠いところに出かける場合は飛行機を使いますが、飛行場からは車で移動。この2年はコロナ禍で中止になりましたが、みんなこの旅行会を楽しみにしているので来年は復活するでしょう。  さて今回は2018年9月2日から3日にか…
コメント:0

続きを読むread more

小諸大橋と大杭橋を撮る

 僕は橋フェチです。そもそも写真を積極的に撮ろうと思ったきっかけが浦野川に架かる橋でした。しかし残念なのはなかなか石橋を撮る機会がないことです。石橋は西日本、特に九州に多いからです。信州ではめったに見かけることはありません。それでも印象的な橋はいくつもあります。ただ、小諸では赤い大久保橋、菱野温泉の常磐館の常磐ヶ池に架かる橋、懐古園の酔…
コメント:0

続きを読むread more

白駒池

 御射鹿池の記事で書いたように、2017年の10月には白駒池に行っています。池つながりで今回は白駒池を紹介しましょう。いつもの手順でまずは当日(2017年10月10日)の「そら日記」からの引用です。読み直してみると誤変換がたくさんありました。記憶が消えないうちに早く書いてしまおうという焦りからくる間違いと思われます。  今日は今の…
コメント:0

続きを読むread more

御射鹿池

 2014年ごろから八ヶ岳方面によく行くようになりました。この辺りはそれまでほとんど行った事がなく何か盲点のようになっていたところです。蓼科湖や蓼科アミューズメント水族館に行ったのは2014年の5月。蓼科高原バラクライングリッシュガーデンに行ったのが同年6月、北八ヶ岳ロープウェイの山麓駅で降りるとすぐ目の前にある坪庭と呼ばれる自然園に行…
コメント:0

続きを読むread more

ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン

 「ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン」との出会いは全くの偶然でした。2015年2月9日のこと。頻繁に松本へ出かけていた時期で、その日も用事が済んだ後アルプスの写真を撮ろうと安曇野へ向かった。しかし天気は良かったのですがアルプスの上の方は雲に隠れていました。手前の低い山だけが見えている状態では写真にならない。当てもなく走ってい…
コメント:0

続きを読むread more

碓氷湖

 「めがね橋」を撮った後すぐ碓氷湖へ向かいました。今回は2018年3月4日の写真行の後半、碓井湖編です。おそらく出発前に道路地図で「めがね橋」の位置を確認しているときに、すぐ近くに碓氷湖があるのに気付いてついでに碓氷湖の写真も撮ろうと決めていたものと思われます。当日の「そら日記」にはこう記述されています。  車に戻ってすぐ碓氷湖へ…
コメント:0

続きを読むread more

めがね橋

 北陸新幹線の前身長野新幹線(東京駅~長野駅)が開通したのは1997年10月。それまで上田から東京駅までは特急で3時間程度かかっていましたが、新幹線の開通で約半分の1時間半に短縮されました。2015年には金沢まで開通し、長野新幹線から北陸新幹線に名称が変わりました。  新幹線ができてずいぶん楽になったのですが、一つ残念なことがあり…
コメント:0

続きを読むread more

大法寺の紅葉を撮る

 古い写真を片っ端から載せているので時季外れになることも多いが、今回は比較的時期が近い紅葉の写真を載せたい。今年は10月になっても30度を超える日があったりと、もう慣れっこになりかかっている異常気象がまた発生している。それはともかく、秋とはいえまだ里の木々は緑が多く、高い山の上でないと紅葉はまだ始まっていない。今回載せる大法寺の写真は1…
コメント:0

続きを読むread more

銀座と神楽坂の路地を歩く

 2017年の4月ごろ小林一郎の『横丁と路地を歩く』(柏書房)という本を読んでいた。もともと路地には強い関心を持っていたが、この本を読んでその関心がむらむらと燃え上がってしまった。それで連休中の5月5日に東京に出かけ、銀座と神楽坂の路地を歩いてきた。東京を離れて長いので、この二つの地区に足を向けるのは久しぶりだったが、東京にいたころは何…
コメント:0

続きを読むread more

音楽村で花を撮る

 しばらくは桜の話題が続きます。桜が咲いている時期は短いので、相当精力的にあちこち飛び回って撮っていたようです。ただし今回は桜だけではなく、いろんな花を撮っています。それで「桜を撮る」ではなく「花を撮る」にした次第。  国際音楽村公園は東御市の芸術むら公園と並んでお気に入りの撮影スポットです。もうこれまで何枚写真を撮ったか分からな…
コメント:0

続きを読むread more

不動池の桜

 前の記事に引き続いて桜の写真。時期的にあちこちの桜を撮って回っていたのだろう。撮影日は2017年4月18日。この日の日記には次のように記述されている。「舌喰池の横に車を停める。そこから不動池まで歩いて行った。名前の由来となったお堂はだいぶ古びているがまだ残っていた。いやそれよりも桜が満開だったのがうれしい。桜の時期にこの池の写真を撮っ…
コメント:0

続きを読むread more

上田城花見

<ブログ再開の御挨拶>  久々のブログ再開です。何しろ最後に載せた記事は2014年12月30日の「内村ダム秋景色」(写真を撮ったのは10月25日)ですから、6年と10か月ぶりの復活です。いろいろと忙しくなって更新できなかったのですが、一昨年定年を迎えました。その後は再雇用という形で仕事は続けていますが、仕事量はぐっと減りました。 …
コメント:0

続きを読むread more

内村ダム秋景色

 武石の巣栗渓谷や紅葉橋へ行ったのは10月25日ですが、武石へ行く前に内村ダムに立ち寄りました。ここの紅葉もまだ最盛期前でしたが、それでも結構秋らしい写真が撮れました。  1枚目はダムの上の道を撮った写真。内村ダムの上に上がって最初に見えるのがこの眺めです。  2枚目はダムの堤体からダム湖(鹿鳴湖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の武石を歩く 巣栗渓谷編+紅葉橋編

<巣栗渓谷編>  10月25日に秋の色を求めて内村ダムと武石に行ってきました。残念ながら紅葉の最盛期にはまだ少し早かったようです。それでも巣栗渓谷まで上がるとさすがに見事な紅葉が見られました。内村ダム編と武石編に分けて掲載します。  まずは一番紅葉が見事だった巣栗渓谷から紹介しましょう。ここはずっと穴場だと思っていたのですが、だいぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小諸城下町フェスタ

9月28日に小諸の「第3回城下町フェスタ」に行ってきました。小諸の本町から市町にかけては2009年6月に歩いたことがありますが、それ以来5年ぶりに訪れました。今回歩いた場所は前回とほぼ重なるのですが、前回は外から写真を撮っただけだった「くらしかる浪漫館」、「本陣主屋」、「町屋館」などの中に入ってみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more