ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の色を求めて 雲場池編

<<   作成日時 : 2013/11/30 18:15   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 軽井沢の雲場池については今年の7月に記事を載せました。10月の27日に秋の色を求めて再び軽井沢に足を運び、雲場池と塩沢湖の写真を撮ってきました。今の時期で絵になる紅葉が見られるのは、高度の高い山の上か軽井沢あたりではないかと検討を付けたのです。いくつかの高原も頭に浮かびましたが、結局軽井沢を選びました。秋の雲場池を撮ってみたいという気持ちがあったからです。
 雲場池駐車場はものすごい混みようでした。バスも何台か停まっていました。驚いたことに駐車料金900円を取られました。前に来た時は何も言われなかったので、駐車料金は払いませんでした。ハイ・シーズンの混む時は有料ということなのでしょうか。
 駐車場から人の流れについてゆくと、すぐ右折しました。何とそのすぐ先が池の先端でした。前に来た時は他に誰もいなかったのでずっとまっすぐ歩いてしまいました。雲場池は細長い池ですが、以前来た時は遠い方の端(北側)、今回は近い方の端(南側)に出たわけです。道理で前回来た時は池に出るまで時間がかかったわけだ。
 池の周辺もかなり込み合っていました。秋の観光シーズン真っ盛りだったのでしょう。何も調べずに行ったのですが、正解だったようです。紅葉も最盛期にはやや早いかもしれませんが、写真を撮るには十分色づいていました。

画像


画像


画像


画像


 写真の説明に移りましょう。1枚目は池に出るすぐ手前にある立派なお屋敷の木を撮ったもの。その門の立派な事と言ったら!その門も写真に撮ったのですが、さすがに公開するわけにはいきません。
 2枚目はいきなりドーンと目に飛び込んできた池の紅葉。良く日のあたる所なのでもう真っ赤に紅葉していました。3枚目は下から見上げて紅葉した枝と空を撮った写真。青空に赤が映えます。4枚目は悠然と泳ぐ水鳥たちを撮った写真。紅葉がほとんど写っていませんが、これはこれでまた魅力があります。

画像


画像


画像


 秋の観光シーズン真っ盛り。紅葉を撮ろうとする人々で雲場池は混んでいました。景色を撮るときあまり人を入れて撮らないのですが、込み合っている様子を伝えるためにあえて観光客を入れて撮ったのが1枚目の写真です。
 2枚目は紅葉と湖面が鮮明に撮れているのでお気に入りの1枚です。日差しの加減で対岸がどうしても暗く写ってしまうのですが、この写真では画面真ん中の水鳥たちが浮かぶ水面が明るく輝いてそれを補っています。
 3枚目も日向と日陰がはっきり分かれていますが、それだけに右側の燃えるような色の錦が鮮烈です。

画像


画像


画像


 1枚目は紅葉した木を見上げて撮った写真。黄色と赤が混じってまさに錦です。
 2枚目は遊歩道から池の反対側を撮った写真。美しいのは池だけではありません。こちらも「錦織りなす」という表現がぴったりで、画面いっぱいに色が氾濫しています。
 3枚目は緑色を主体にした写真。紅葉は画面上と水面にうっすらと映っているだけ。鮮やかな紅葉の色を強調した写真の後なので、逆に新鮮です。面白いことに、水面に細かい波があるので、水面に映った景色がまるで点描画のように見えます。

画像


画像


画像


 1枚目は池の北側の端近くにあるカフェかレストランのような建物を撮った写真です。画面全体が真っ赤になるような写真も良いのですが、1、2本の木を大きく取り上げる写真もインパクトがあります。この写真の場合、建物が黒々としたシルエットになっているだけに黄葉の赤が目立ちます。この建物の先が丁度折り返し点になります。
 2枚目と3枚目は池に映った影を撮ったもの。2枚目は特に気に入っています。周りの緑が額縁のようになり、間の水面に黄色や赤、雲の白と空の青などの色がちりばめられています。3枚目は手前の木の枝と水面に写っている逆さまになった対岸の木の影が交錯し、その間に水面から放射状に突き出ている水草の茎とその影が幾何学的な形で写っている。手前の木があるためにごちゃごちゃした印象ですが、緑と黄色と空の青も良い具合に配置されていて、悪くない写真だと思います。

画像


画像


画像


 池の反対側に渡って、今度はこれまで歩いてきた側を撮ることになります。そっちは光があたっている側なので写真の撮りがいがあります。
 2枚目と3枚目は鏡池の効果もあって画面に色彩があふれています。

画像


画像


画像


画像


 次は水鳥を撮った写真を集めてみました。1枚目にはマガモのオス、ヒドリガモのオスとメスが写っています。しかしそれ以上に水面の色合いの鮮やかさが目を惹く写真です。
 2枚目はマガモのオスとヒドリガモのメスでしょうか。こちらも水面の色が美しい。3枚目はキンクロハジロのオスでしょうか。そして水面の色!水面も紅葉・黄葉を映して色づいています。4枚目は水面が赤紫色です!

画像


画像


画像


画像


 向こう岸は日向なので黄葉そのものが輝くだけではなく、水面にもその明るい色が反映します。1枚目や2枚目の写真のように実に色鮮やかな写真になります。
 3枚目は池の水面を撮った写真。水鳥は写っていないのですが、それでもその水面の賑やかなこと!水面に波があるために帯状に色が入り混じり、紅葉の赤・常緑樹の緑・空の青がコラージュされています。上の2枚以上にこの写真が気に入っています。4枚目は赤や黄色がほとんど写っていない写真。色鮮やかな写真を見た後ではむしろほっとします。

画像


画像


画像


画像


1枚目は丁度一周して出発点に戻ってきて撮った写真。日があたっていた側もだいぶ影の部分が増えて来ましたが、まだ明るく輝いています。
 2枚目は1枚目の一番明るい部分をアップで撮った写真。さすがに凄い。画面全体が赤く燃えています。
 雲場池のすぐ横に小さな別の池があります。3枚目はそこで撮った写真。あえて水面だけを撮った写真です。人影が逆さに映っているのが面白いですが、何と言っても目を惹くのは紅葉が映っている赤い部分。ワンポイントのような感じで画面に取り込んだのが功を奏しています。
4枚目は駐車場に戻ってきて撮った写真。駐車場の横に黄色と赤が入り混じった見事なカエデの木があったのです。それは見事な色でした。最後を飾るにふさわしい写真です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の色を求めて 雲場池編 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる