谷中ぶらぶら(その2)+ぶらり上野

■谷中ぶらぶら その2
 大名時計博物館から谷中銀座の方へぶらぶら戻ってゆくと、「防災広場 初音の森」という広々としたグランドのような所に出ました。その入口に”寛永寺・ 上野公園、谷中の街並み”が「美しい日本の歴史的風土100銭」に選ばれたと書いてある看板が立っています。なるほど、谷中は全国区だったのですね。
 その看板に写真が3枚載っていて、その一つに何やら印象的な塀が写っています。そこに行ってみたくて、近くにあった地図を見てみると、初音の森広場のすぐ近くに岡倉天心記念公園があることに気付きました。まず先にそっちへ行ってみることにしました。

画像


画像


画像


画像


  初音の森広場からは本当にすぐでした。入口に「岡倉天心宅跡 旧前期日本美術院跡」と書かれた石柱がたっています。そのすぐ横に白い洒落たトイレがあります。小さな公園で、一番奥に中国のお寺にあるお堂のようなものが建っています。中を覗いてみると岡倉天心の金色の半身像が安置されていました。
 ネットで調べてみたら、岡倉天心記念公園の六角堂とよく似たお堂が他に二つあります。五浦の六角堂と妙高高原の六角堂です。この3つはたがいによく似ています。特に岡倉天心記念公園の六角堂と妙高高原にある天心の六角堂はよく似ています。中の天心像もよく似ています。

画像


画像


画像


 岡倉天心記念公園の写真を撮った後、谷中の街並みが「美しい日本の歴史的風土100選」に選ばれたという看板にのっていた「観音寺築地塀」を探しに行きました。案内地図でほぼ見当はついていたのですが、実はすぐ前まで行きながら最初は見落としてしまいました。しばらく迷走してもう一度元に戻って、「なんだここだったのか」とやっと見つけたのです。
 その迷走した結果出会った予定外の成果を紹介しておきましょう。1枚目は桜か梅か、何と花が咲いていました。そう言えば一時あったかかったですが、この時期に花が咲くとは。あるいはそういう種類の木なのでしょうか。
 2枚目は「谷中堂」の楽しいショーウインドウ。招き猫がたくさんいて実ににぎやかです。何の店だったか覚えていませんが、写真をよく見ると「開運 谷中堂」と書いてあるので、招き猫などの縁起物を売っているのでしょうか。
 3枚目は何とも不思議な取り合わせが目を引きました。お寺の立派な門とアンパンマンが可愛い「たちばながくえん」の看板とその下のえびすさん。う~ん、他の地域ではなかなか出合えそうもない図ですね。シュールだわあ。

画像


画像


画像


 迷った末、また出発点の初音の森広場に戻ってきてしまいました。そこからもう一度この辺だと思われる所へ行ってみました。
 先ほど通った赤い門のお寺まで来た時、そこが探していた観音寺だと気が付きました。その門の先に特徴的な築地塀が続いているではありませんか。先ほど通った時は外国人の観光客が歩いていて、なんとなくそちらに注意を引きつけられてしまったのです。すぐ目の前にある築地塀に気付かず、門のところで曲がってしまいました。門の正面あたりがT字路になっているのです。
 なるほど間近に見ると実にユニークな塀です。築地塀(ついじべい)とは補強のため層状に板や瓦を埋め込んだ土塀のことを言うそうです。表面に独特のひだがあるのは、瓦が塗り込んであるからなのですね。
 2~30メートル続く塀ですが、一番外れまで行ってみると平成4年に「まちかど賞」を受賞したことを記念するパネルが張り付けてありました。

画像


画像


画像


 2008年の1月に「谷根千そぞろ歩き その2」という記事を載せています。その古い記事を見ていたら、何と築地壁の写真が載っていることに気が付きました。その時は有名な壁だと知らずに、ただユニークで面白い壁だと思って写真に撮ったのでしょう。こんなことがあるのですね。
 意外な「発見」はともかく、この古い記事を見なおしたのは初音小路の名前を確認するためでした。最初の2枚の写真が初音小路です。前回写真を撮った時は、これも有名な初音小路と知らずに写真を撮っていたのです。そんなわけで、今回谷中を歩いた最後にわざわざこの路地を訪れたのです。しかし入口あたりで写真を撮っていたら、店の一つから人が出て来ました。それで何となく奥まで入りそびれてしまいました。路地の突き当たりまで行ってみるつもりだったのに、われながら不甲斐ないこと。う~ん、いつかもう一度行ってみるか。
 3枚目はそのすぐ近くにある朝倉彫塑館の写真です。「谷根千そぞろ歩 き その2」のメインは朝倉彫塑館の紹介でした。今回は時間がないのでただ写真だけ撮ろうと思っていたのですが、何と工事中でした。修復工事のようです。 看板に完成予想図(パース)が載っていたので、そちらの方を写真に撮った次第。前回行った時は和室が工事中で見られませんでした。完成後にまた行ってみよう。

■ぶらり上野
 実家で正月を過ごした後、上田に戻る途中上野で一旦下車しました。谷中編に比べると撮った写真の数は少ないのですが、上野の写真は一度も載せたことがないのでこの機会に載せておきます。

画像


画像


画像


 まずは話題のスカイツリーを撮った写真です。1枚目は西郷さんとのツーショット。これが撮りたくて上野で降りたようなものです。常磐線に乗っていた時、スカイツリーは北千住と上野の間あたりが一番間近に見えました。それで急遽上野で一時下車したのです。でも手前のビルが邪魔で先端部分しか見えないのが残念。先日買った『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(第178巻、「フィルムカメラマンの巻」)で、両さんが同じことをやっているのを見てびっくりしました。
 2枚目と3枚目はなんとかビルが邪魔にならない場所を探して撮りました。しかし見るからに金属金属したタワーですな。銀色一色なので、いかにも金属という感じがするのでしょう。東京タワーだって金属でできているわけですが、赤く塗られているのでこれほどの金属感はありません。

画像


画像


画像


 上野のお山を下りて不忍池に行ってみました。1枚目はボートがあちこちに浮かんでいるのどかな風景。不忍池は何度も行きましたが、こんなにボートがあったっけ。
 2枚目は杭に1羽ずつとまっているユリカモメが面白い。3枚目も手すりにとまっているユリカモメが印象的。

画像


画像


画像


 1枚目はボートが浮かぶ不忍池を別の角度から撮ったものです。
 2枚目は池をめぐる遊歩道で撮ったシルエット写真。真ん中の2本の木のシルエットが気に入って撮ったものです。
 3枚目は水上音楽堂です。前から何の建物だろうと気になっていたのですが、初めて中を覗き込んでみました。画面右側が舞台で、残念ながらこの角度からは観客席しか見えません。全体がユニークな形をしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック