雲 天空のキャンバスに描かれた絵

前にも何度か夕やけの写真を載せたことがありますが、僕はそもそも雲が好きなのです。 雲は毎日見ることができますが、一つとして同じ形のものはありません。実に様々な形に姿を変えます。同じ雲さえも刻々と姿を変えます。それが実に想像力を刺激するのです。いろんな形に見えたり(高校生の時に日本列島そっくりの雲に出会ったのが雲に恋するきっかけでした)、その壮大さに圧倒されたり、雲間から光が差し込む神秘的な光景に魅せられたり、いろんな楽しみ方が出来ます。飛行機の窓から見える雲などは何時間見ていても見飽きることがありません。
この間雲や夕やけの写真をかなり撮りました。これからも意識的に撮るつもりです。「雲 天空のキャンバスに描かれた絵」は断続的に連載する長いシリーズにするつもりです。
 



081123_21081129_36081129_29







さて、最初はお気に入りの3枚です。

左の写真:烏帽子岳の上にラピュタ出現!そんな感じの1枚
 08年11月23日撮影

中の写真:独鈷山の上を覆う灰色の雲に紅一点。一面真っ赤に染まる夕空も見事ですが、これはワンポイントが利いている。
 08年11月29日撮影

右の写真:鉄塔の上を白煙を引いて飛びすぎる巨大な火の玉、そんな風に見えませんか?
 08年11月29日撮影

 



081123_28081123_26081123_32







次は11月の23日に自宅の近くで撮ったもの。

左の写真:雲は平凡ですが、左下の木が強烈なアクセントになっています。

中、右の2枚:日が沈んだすぐ後に撮った写真。沈んでもなお山の背後から光線を放っています。一番下の写真などは火山の噴火のようにも見えます。

 



081129_5081129_13081129_15







11月29日に生島足島神社の大鳥居の近くにある池底が黒い小さな池から撮った写真です。もう日没間近で、山の上にかかる雲の切れ間から差し込む日の光が実に神秘的に見えました。写真は見た目の通りには写らなかったのですが、それでもすごい写真が撮れました。




081129081129_9081129_26







次は同じ11月29日に自宅に戻ってから家の付近で撮ったものです。

左の写真:黒い池から撮った雲間から光が射す写真と同じ方角を今度は自宅付近から撮ったもの。空を多く取ったのでまた違った感覚になっています。

中の写真:これはまるで魔法のランプから出てきた魔王が山の上に覆いかぶさっているかのようです。そう見えませんか?右側が頭です。

右の写真:この日は夕陽が沈む西側より、北側と東側に見事な夕やけが現れました。雲が多いと夕やけも壮大です。

 



081130_22081130_20081130_21







11月30日の日曜日に八木沢の田んぼのど真ん中から雲の写真を撮りました。この日もいい雲の写真が撮れたのですが、予想外だったのは烏帽子岳と浅間山の写真。家に帰ってパソコンに取り込んで驚きました。望遠を最大にして撮った一番下の写真などはとても八木沢から撮った写真とは思えません。まるで隣の山から撮った感じでものすごい迫力です。うっすらと夕陽を浴びて全体がすみれ色になっています。

 



081130_12081130_7081130_11







左は11月30日に八木沢の田んぼのど真ん中から撮った雲の写真。山に沿って横長にたなびく巨大な雲がとにかく壮大な迫力で、この雲が撮りたくて車を停めたのです。
 
 中と右の写真は古船橋の下流側から撮ったもの。千曲川越しに山と雲を撮った写真は、雲のかかり具合が絶妙でした。しかし自分でもよく撮れたと驚いたのはクリーンセンターの煙突の写真。雲に煙突の煙が重なる光景が実に新鮮でした。らせん状に立ち上る煙がポイントです。見慣れた煙突がこんな絵になるなんて。自分でも意外でした。

 



081206_10081206_14081206_19







これらは上の3枚と同じアクアプラザ横の千曲川の土手から12月6日に撮ったものです。上で書いたようにクリーンセンターの煙突がこれほど印象的な絵になるとは思ってもいませんでした。見慣れた光景でも常に新鮮な目で見直すことがいかに大切かを再認識しました。
 
この日は不思議な横長の雲が上空にかかっていました。この槍か剣のようにとがった雲がポイント。茜色の空を薄墨で横一文字に引いたような灰色の雲が横切っている。全体に横の構図ですが、そこに煙突が縦に線を入れている。
 
真ん中の写真では縦と横の線が交錯しています。水面に夕やけがきれいに映る角度まで移動して撮りました。雲の下側だけフレームに入れたので夕やけ色がものすごく鮮明に映っています。

 



081206_18081206_16081207_1







次は山と雲の写真。まず右の写真。12月6日にアクアプラザ横で撮った烏帽子岳の写真。この山の写真は何枚も撮っていますがこれが一番いい。薄桃色の夕やけ空を背景にするとなぜかいい感じの写真になります。うっすらとした雲のかかり具合もいいですね。
 
2枚目は夕闇に包まれた幻想的な浅間山。このときの浅間山は雪で真っ白でした。その上にかぶさるやや赤みがかった灰色の雲が幽玄な雰囲気を漂わせています。12月6日に「きこりん」の近くから撮りました。
 
3枚目も浅間山です。こちらは翌7日の昼間に撮ったもの。白煙を噴き上げているのがよく分かります。

人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック