アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「水辺探索」のブログ記事

みんなの「水辺探索」ブログ

タイトル 日 時
内村ダム秋景色
内村ダム秋景色  武石の巣栗渓谷や紅葉橋へ行ったのは10月25日ですが、武石へ行く前に内村ダムに立ち寄りました。ここの紅葉もまだ最盛期前でしたが、それでも結構秋らしい写真が撮れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/30 16:17
晩秋の武石を歩く 巣栗渓谷編+紅葉橋編
晩秋の武石を歩く 巣栗渓谷編+紅葉橋編 <巣栗渓谷編>  10月25日に秋の色を求めて内村ダムと武石に行ってきました。残念ながら紅葉の最盛期にはまだ少し早かったようです。それでも巣栗渓谷まで上がるとさすがに見事な紅葉が見られました。内村ダム編と武石編に分けて掲載します。  まずは一番紅葉が見事だった巣栗渓谷から紹介しましょう。ここはずっと穴場だと思っていたのですが、だいぶ知られてきたのでしょう。次々に人が訪れて写真を撮って行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/30 16:08
加古池の蓮
加古池の蓮  信濃国分寺で蓮の写真を撮った後、やはり加古池の蓮が気になりました。こちらは家のすぐ近くにあるのですが、国分寺の蓮よりもだいぶ開花が遅れていたのです。ようやくほぼ満開状態になった8月3日に撮影しました。それも蓮を撮るなら午前中が良いというので10時ごろ出かけました。写真データによると1枚目の写真の撮影時間は10時7分です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/07 11:35
蓼科湖
蓼科湖  6月14日に「バラクライングリッシュガーデン」へ行った後、ついでに蓼科湖に立ち寄りました。白樺湖や女神湖に比べると湖自体の魅力はさほど感じませんでしたが、湖の横に面白い場所を発見しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/06 10:32
大雪の足跡 芸術むら編、その他
大雪の足跡 芸術むら編、その他 <北の入池編>  北の入池に行ったのは舌喰池と同じ2月18日。こちらも雪が分厚く積もっていて、雪かきしてある道路までしか行けません。一度少しでも池に近づこうと積もった雪に足を踏み入れてみましたが、ずぶずぶと膝あたりまで沈みこんであわてて足を引きぬく始末。  したがって撮りたい場所から写真が撮れず、とにかくどんな感じだったかを写しただけです。気に入った写真は1枚もないのですが、大雪の記録として載せました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/13 12:14
大雪の足跡 舌喰池編
大雪の足跡 舌喰池編  2月14日から15日にかけて降った記録的な大雪はかなり長い間消えずに残っていました。一夜にして地上が白銀の世界に一変してしまう、それ自体はこれまで何度も経験してきました。しかしこれほど分厚く雪が積もったのも、これほど広範囲に雪に覆われているのも初めて見ます。これまで見慣れてきた雪景色とはやはりどこか違う。初めて見る世界がそこここに広がっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/13 02:00
秋の色を求めて 塩沢湖編
秋の色を求めて 塩沢湖編  雲場池の写真を撮り終えた後、塩沢湖に移動しました。塩沢湖周辺は軽井沢タリアセンと呼ばれ、「深沢紅子・野の花美術館」、「ペイネ美術館」、「軽井沢 絵本の森美術館」、「エルツおもちゃ博物館」など、多彩な美術館や博物館がそろっています。もう夕方だったので湖の写真を撮っただけですが、ここも紅葉が見事でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/13 17:40
初秋の沓沢湖
初秋の沓沢湖  先日また妻を松本市の「おひさま歯科」へ送って行ったのですが、妻が診察を受けている間に塩尻市の沓沢湖へ行ってきました。塩尻市は縦に長いので9つの自他体と境を接していますが、沓沢湖があるのは朝日村との境界近くです。松本市との境界近くにある「おひさま歯科」から沓沢湖まではさほど遠くはないのですが、道が分かりにくくて2回道に迷いました。最後は人に道を聞いてやっと到達できました。  道を教えてくれた人は、今は水も少ないしわざわざ行ってみるほどの所ではないと言っていました。行ってみると確かにその人が言っ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/03 23:35
秋の色を求めて 雲場池編
秋の色を求めて 雲場池編  軽井沢の雲場池については今年の7月に記事を載せました。10月の27日に秋の色を求めて再び軽井沢に足を運び、雲場池と塩沢湖の写真を撮ってきました。今の時期で絵になる紅葉が見られるのは、高度の高い山の上か軽井沢あたりではないかと検討を付けたのです。いくつかの高原も頭に浮かびましたが、結局軽井沢を選びました。秋の雲場池を撮ってみたいという気持ちがあったからです。  雲場池駐車場はものすごい混みようでした。バスも何台か停まっていました。驚いたことに駐車料金900円を取られました。前に来た時は何も言わ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/30 18:15
依田川にて
依田川にて  10月6日に「和紙の里」でそばを食べた時、すぐその裏にある依田川の写真を撮りました。最初少し離れた土手の上から川を眺めた時、途中から川の色が変わっていることに気付きました。恐らく水草のせいで色が変わっているのだろうと思っていたのですが、流れの近くまで行ってみてそうでないことが分かりました。  ある地点から川の色が白っぽく変わるのですが、それは川床がある地点を境に黒っぽい砂利から白っぽい岩に変わっているせいだったのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/16 01:42
千曲公園からの眺め
千曲公園からの眺め  10月5日に岩鼻の上にある千曲公園に行ってきました。久しぶりに行ってみると鉄塔が増えていて驚かされました。突き出た丘の上なので鉄塔を立てる場所としては好条件なのでしょう。しかし公園からの眺めは良くなっていました。せっかくの展望台なのに木が生い茂って視界を遮っていたのですが、邪魔な木をだいぶ切払ったのですっきりしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/16 01:03
共有池慕情
共有池慕情  共有池(ともいけ)は夕景写真を撮る定番の池でしたが、久しぶりに取り上げます。これまでも「共有池幻想」、「共有池暮色」といったタイトルを付けて来ましたが、この池で撮る夕景写真はこう言ったタイトルが似合う写真になるのです。塩田平のため池の中でも 特異な存在だと言って良いでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/15 23:34
千曲川のスケッチ 4
千曲川のスケッチ 4  久々のシリーズ復活。9月10日に撮影しました。「鯉西」のつけば小屋がある所の近くに車を停めました。いつもならつけば小屋のすぐ横に車を停めるのですが、何とそこは塀で囲われていました。何かと思ったら、ブロックを作るための作業場になっていたのです。白いコンクリートのブロックがいくつも並んでいます。でも中に赤いものも混じっています。何だろうと思って良く見たら、ブロックの中に入れる鉄骨でした。ブロックは全部コンクリではなく、中に鉄骨が入っていたのか。いや初めて知りました。  この日は川に沿って別所線の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/20 11:11
早朝の中野前池にて
早朝の中野前池にて  9月2日の朝7時ごろ、中野前池で写真を撮りました。僕は夜型なので朝は苦手ですが、この日はたまたま朝早く目が覚めてしまい、二度寝も無理そうだったので思い切ってカメラを持って出かけたのです。  夕陽の写真はしょっちゅう撮っていますが、早朝に写真を撮りに行ける機会は年に数回しかありません。しかし早朝カメラを持って出かければ必ずと言って良いほど素晴らしい写真が撮れます。それくらい朝の風景は昼間にはない独特の魅力を持っているのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/04 23:32
巣栗渓谷を撮る
巣栗渓谷を撮る  8月9日に武石の巣栗渓谷へ行ってきました。暑かったので涼しい景色を見たいと思ったのです。涼むのならもっと足を伸ばして美ヶ原まで行けば良いのですが、出かけるのが遅かったので、手近な場所で済ませたのです。  まず滝ケ沢ダムのすぐ下流側、写真に写っている大きな川の段差があるところまで行きました。巣栗渓谷で最もダイナミックな写真を撮ろうとしたらここへ行かなければなりません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/04 17:57
夫婦池 こんなきれいな池だったか!
夫婦池 こんなきれいな池だったか!  7月20日に和田宿へ行って来たのですが、その帰りに面白い雲が出ていたので、生島足島神社の大鳥居下で写真を撮りました。雲の写真は結果的に大した写真は撮れなかったのですが、代わりにすぐ近くにあるのでついでに行った夫婦池で良い写真が撮れました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/03 17:51
長門牧場・白樺湖・霧ケ峰 (2)白樺湖編
長門牧場・白樺湖・霧ケ峰 (2)白樺湖編  6月9日に長門牧場・白樺湖・霧ケ峰を回りました。長門牧場編に続く第2弾、白樺湖編です。  長門牧場を出た後、朝日の丘公園(最初の2枚)にちょっと立ち寄ってから白樺湖に向かいました。カフェ・レストラン「モンテローザ」の前に駐車場があったので、そこに車を停めました。ここに車を 停めたのはたまたまですが、これが何ともラッキーでした。というのも、駐車場のすぐ隣にツツジ園とでも呼びたくなる花園があり、丁度ツツジが満開だったからです。花園の間を縫うように木道が渡してあり、これがまたいい雰囲気なのです。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/13 02:09
軽井沢の雲場池
軽井沢の雲場池  上田から雲場池(くもばいけ)へ行くには軽井沢駅の少し手前を左折します。新軽井沢西という信号の手前に「平安堂」があります。その「平安堂」横の小道を左折するのです。「恵みシャレーレーン」などという洒落た名前が付いているようですが、森閑とした別荘地のような所を縫うよう に走る細い道です。  少し走ると右側に雲場池駐車場があります。そこに車を停めました。どうやらそこで自転車が借りられるようです。池はすぐ近くだろうと思っていたので、自転車は借りず歩いてゆくことにしました。  池は道の右側にあるはずで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/12 23:27
雪の舌喰池
雪の舌喰池  舌喰池は数ある塩田のため池の中でも最も美しい池です。四季折々に表情を変え、どの季節に行っても美しい。冬の舌喰池は多分前にも紹介したと思いますが、すっかり雪で覆われた姿も記録に値します。撮影は1月18日。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/31 12:36
東条ダムから北アルプスを望む
東条ダムから北アルプスを望む  11月4日、修那羅峠の石仏群を撮る前に東条ダムに行きました。水面に写る紅葉を撮れるかと期待していったのですが、思わぬ写真が撮れました。青木峠の道から脇道に入り、ダムの手前あたりまで来た時、思わず車を急停車させました。何とダム湖の向こうにアルプスが見えたのです。09年の7月に初めて行った時はそんなことに気がつきませんでした。曇っていたので遠くの山々が見えなかったのかも知れません。  北アルプスがくっきりと見えているうちに写真を撮ろうと思ってダム湖のやや手前で車を停めたのです。幸い手ぶれすること... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/04 03:13
千曲川のスケッチ(3) 12年秋
千曲川のスケッチ(3) 12年秋  久々のシリーズ復活です。10月30日に小牧橋下の千曲川市民緑地で夕空と千曲川の写真を撮りました。夕空と川の写真を取り混ぜながら3回に分けて紹介します。  最初に夕陽を撮りました。1枚目は小牧橋の向こうに沈んだ直後の夕日の写真です。放射状に光芒を放っています。ちなみに、画面の一番下は川面に見えますが、実は駐車場の地面です。川は画面の奥、橋が消えているあたりを流れています。  2枚目は日が沈んだ直後。山の陰から太陽が放射状に光の矢を放っています。3枚目は2枚目より左側の空を撮ったもの。黒々とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/04 02:29
オアシス+スティル・ライフ
オアシス+スティル・ライフ オアシス ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/02 18:06
軽井沢の美しい水路 再訪
軽井沢の美しい水路 再訪  昨年の7月31日に偶然発見した「千ヶ滝湯川用水温水路」。連休初日の4月28日(土)に、ふと思い立って久々に行ってみました。前回は最初の橋のところまで歩いた所で、カメラの電池が切れてその先の風景を撮れなかったのです。久しぶりに行ったのですが、そのまるでヨーロッパの街でも歩いているかのような風景は変わりませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/01 15:38
千曲川のスケッチ 2
千曲川のスケッチ 2  これまで「おらほねっと」に掲載した記事をまとめてみました。 最初の3枚の写真は2011年6月4日にアクアプラザ近くで撮ったものです。景色が紅紫色に染まる時間帯。川の姿よりも、その雰囲気を楽しむ写真かもしれません。この時間帯にはたいていのものが美しく見えます。魔法の時間帯ですね。  3枚目の写真の小川は千曲川ではありません。もっともどこかで千曲川に流れ込んでいるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/04 10:10
中池と下之郷新池
中池と下之郷新池  生島足島神社のすぐ近くにため池が二つあります。中池と下之郷新池です。共に以前写真を撮ったのですが、このほどまた写真を撮り直しました。  まずは中池です。前回撮った写真はブログに載せなかったので、これが初お目見えです。 などと改まって紹介するほどの池ではありません。前回写真を載せなかったのも平凡な池だからです。池のすぐ横に住宅があり道路が走っています。どの角度から撮ってもあまり絵になりません。ため池はその性質上周りが田んぼである場合が多いのですが、この池は住宅に囲まれた池の代表格でしょう。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/03 09:49
平井寺池
平井寺池  平井寺池は「塩田平のため池群と札所めぐり」という観光マップでは18番と番号を振られています。1番は夫婦池で最後の41番は別所公園内にある幕宮池です。1番から41番まで順番に池を探していった時に、「あれ、変だな番号が飛んでいるぞ」と思うところが何箇所かあります。18番の平井寺池と19番の倉保根池、そして34番の沢山池でしょう。18番の平井寺池と34番の沢山池が探しにくいのはちょっと他の池から離れているからです。この二つは下の方にぽつんと離れているのです。そして18番平井寺池の次の19番倉保根池は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/03 09:11
この日の共有池はいつもと違って見えた
この日の共有池はいつもと違って見えた  2月23日は朝まで雨が降っていました。昼から晴れて来ましたが、雲が多く、地上近くには霧のような雲がまとわりつくように漂っています。  恐らくそのせいでしょう。この日の共有池(ともいけ)はいつもと違って見えました。地上が霧で煙っていたからでしょう、言葉で説明するのは難しいのですが、どこかいつもと雰囲気が違うのです。もう何枚写真を撮ってきたのか分からないため池ですが、この日の共有池はそれまで一度も見たことがない表情を浮かべて いたのです。  いつもとどこが違うのか。これまでこの池で撮ってきた写... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/03 08:42
真冬の舌喰池+夕暮れの前山
真冬の舌喰池+夕暮れの前山  真冬の舌喰池。1月6日に撮影しました。水面が全面結氷して寒々とした光景です。いや、きりっとした光景とも言えます。空以上に青い結氷した水面がぞくっとするほど美しい。 それにしても、この角度から撮った時の舌喰池の写真は何とも不思議です。前にもこの「映像マジッ ク」については書きましたが、まるで太郎山や菅平が舌喰池のすぐ向こうにあるかのように見えるのです。肉眼では太郎山や菅平がすぐ近くにある様には感じません。アップで撮った時に現れる効果なのです。 舌喰池がやや高い土手の上にあり、その向こうに広が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/16 16:49
下之郷のため池群再訪
下之郷のため池群再訪  以前「下之郷の小池めぐり」という記事を載せました。生島足島神社の大鳥居と御旅所の間にあるいくつもの小さな池をめぐった記事です。残念ながらその時にはそれらの小さな池の名前は分かりませんでした。というよりも、小さな池ばかりなのでいちいち名前など付いていないだろうと思っていたのです。しかし先日写真を載せた「全国百選に選定された塩田平のため池群と札所めぐり」という観光用パンフを見たところ、何と名前が付いていたのです。しかもブログで調べてみたら、当時はなかった看板がたっているではありませんか。上記のパン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/16 15:57
白鳥の池
白鳥の池  「白鳥の湖」ならぬ「白鳥のため池」です。2月の20日前後でしょうか、東塩田小学校の前あたりで、空を飛んでいる白鳥を見かけました。今年も白鳥が飛来していたのです。その時は飛んでいるのを見かけただけで、どの池に集まっているのか分かりませんでした。  それから1週間ほどたった2月26日、たまたま舌喰池へ行ってみると、何とそこに白鳥がいました。舌喰池にいたのは10数羽ですが、リサーチパークあたりを飛んでいる別の群れも舌喰池から見えましたので、数十羽ぐらいが近辺にいるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/29 01:01
ため池六景
ため池六景 新池  1月8日に泉池、新池、西洞池の写真を撮ってきました。まずは新池からです。ここは3方を山に囲まれているので秋の紅葉時がきれいなのですが、冬に行ったのは初めてです。  ここも全面凍っています。日陰になる山側にだけ白い雪が残っています。2枚目は池から眺めた風景です。青木の子檀嶺岳と十観山が見えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/25 18:25
姨捨探索 後編 千曲高原編
姨捨探索 後編 千曲高原編  長楽寺を出て、次の目的地である千曲高原へ向かいました。ここは別荘地、キャンプ地になっていますが、大池、中池、下池、八幡林池の4つの池があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/19 00:45
冬の芸術むら公園
冬の芸術むら公園  12月30日に芸術むら公園へ行ってきました。これまで何度も写真を撮った所ですが、四季折々いつ行ってもいい写真が撮れます。  塩田のため池よりずっと大きな明神池がほとんど凍結していました。あまり冬に来たことがなかったのかもしれません。ここまで凍結した明神池を見るのは初めてのような気がします。  1枚目の写真はあえて逆光で撮りました。肉眼で見るのとはちょっと違った、不思議な陰影が付いて実に魅力的な写真です。  2枚目は北側に当たるのでしょうか。池のこのあたりは日陰になっています。空の明るい青... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/22 00:23
塩田のため池群地図
塩田のため池群地図  最近「全国百選に選定された塩田平のため池群と札所めぐり」という観光用パンフが作られました。塩田地域協議会が発行したものです。これまで塩田平のため池をすべて載せた手頃な地図はありませんでした。非常に便利なものなので写真に撮りました。ため池の場所を探す時に役に立つと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/10 00:51
秋麗の池
秋麗の池  北の入池。上田市に数あるため池の中でも5本の指に入る美しいため池です。これまでも何度も写真を撮ってきましたが、新しいデジカメで撮ったのは初めて。カメラが違うと写真の出来もこれほど違うのか!自分でも驚くほどきれいに撮れました。  この日(11年12月9日)特に印象に残ったのは水の青さです。この池の水はこんなにきれいだったか!真っ青に晴れ渡った秋の空、その深い青色を映したのか、この日の水の色はびっくりするほど美しいものでした。  3枚目は池の西側に広がる水田地帯を撮ったもの。こちらは一転して茶... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/09 23:20
上田周辺のため池コレクションほぼ完成
上田周辺のため池コレクションほぼ完成 和池  上田周辺のため池はほとんど全部写真に撮ったと思っていました。ところがまだ行ったことがないため池が3つもあったのです。地図を眺めていて気が付きました。東御市和(かのう)にある和池(かのういけ)と大富士池。上田市富士山にある全体池の3つです。12月27日に和池と大富士池を、28日に全体池を撮ってきました。  まずは和池から紹介しましょう。上田市と東御市の境界線をはさんで二つの緑地帯があります。上田市側にあるのは市民の森公園。東御市側にあるのが浅間高原カントリー倶楽部というゴルフ場です。和... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/22 00:51
ため池6景
ため池6景 山田池  昨年の11月24日に撮影した山田池の写真です。この日は池そのものよりも空に浮かぶ雲が印象的でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/22 00:11
晩秋の別所公園・幕宮池にて
晩秋の別所公園・幕宮池にて  11月12日の夕方に別所公園にある幕宮池で撮った写真です。ここは何回か秋に来たことはあると思いますが、しっかり写真に撮ったことはありませんでした。今回は池と池の周辺、そして池から見た空と雲をバッチリ「取材」してきました。  最初の3枚は駐車場のあたりから、池越しに独鈷山を遠望したものです。池の周りに植えられたドウダンツツジが真っ赤に紅葉していました。2枚目と3枚目の写真はその真っ赤な色をあえて画面に入れて撮ってみました。  3枚目の写真をもう少し右にずらしてドウダンツツジを画面から外すと、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/11 01:39
箱畳池にて
箱畳池にて  8月22日に箱畳池(はこだたみいけ)へ行ってきました。ここは上田市から親水公園の指定を受けており、上田のため池の中でも最も美しいため池です。大きさも最大級です。   公園として整備されているためにため池としての役割が忘れられがちですが、箱畳池はため池として約40haの水田を潤しています。藤原田地区は塩田地区同 様、農業用水としての安定した水源に乏しい地域でした。そこで蓼科山大滝地籍の水源まで延長55kmに及ぶ八重原堰を造ったわけです。完成は1662年で す。箱畳池は、この堰を有効に活用するた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/23 18:30
共有池幻想
共有池幻想  8月に共有池(ともいけ)の夕暮れ写真を載せたばかりですが、またまた共有池の登場です。しかし一つ前の記事で取り上げた舌喰池といい共有池といい、これまで何度も写真を撮ってきたのに、次に行くとまたいい写真が撮れる。一体どういうことでしょう。同じ池を手を変え品を変え撮っているだけなのですが、行くたびにそれまでとは違う写真が撮れてしまう。空といい雲といいため池といい、ごく日常の身の周りの世界が本当に被写体の宝庫です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/30 18:21
ファンタズム・アット・トワイライト 舌喰池幻想
ファンタズム・アット・トワイライト 舌喰池幻想  洒落たカタカナのタイトル(「黄昏時の幻想」といった感じの意味です)をつけましたが、中身は相変わらずの舌喰池の夕景写真です。しかし今回は自分でも納得のゆく良い写真がたくさん撮れました(8月9日撮影)。たんまり写真を載せて、黄昏時でなければ味わえない舌喰池の魅力を様々な角度から紹介します。  舌喰池からは夕空が360度見渡せるので、いろんな角度から写真が撮れます。そのせいか、20〜30分で戻ってくるつもりでしたが、何と気がつくと1時間かけて200枚以上の写真を撮っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/13 01:03
共有池暮色 2
共有池暮色 2  ため池からの夕景といえば、何と言っても共有池が最高です。ここから何枚の傑作を撮ったか分かりません。  今回連載する写真は2011年4月7日に撮ったもの。この日の夕空もすごかった。1枚目のセピア色の世界!山水画のような世界に立つ二つの鉄塔。それだけの写真なのにその世界の中に引き込まれてしまいます。  2枚目は水面を撮ったもの。この池は円形ではなく一部突き出た部分があります。あえてその突き出た部分の影を入れて撮った写真。きわめて単純な構図なのに、光と影が交錯してものすごい効果を上げています。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 23:05
北の入池
北の入池  北の入池は山田池、舌喰池、共有池などと並んで塩田のため池群の中ではお気に入りの池です。池としても美しく、山田池、舌喰池、北の入池は大きさといい美しさといい、塩田の3大ため池といえます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 18:59
中野前池
中野前池  中野前池は別所線中野駅のすぐ横にある池です。中野自治会では毎年夏に1回中野前池の土手の草取りを行っています。朝6時集合。人海戦術でわっと草を刈り取り、30分ほどで終わります。草についている朝露と汗でびしょびしょになって家に戻り、シャワーを浴びて一眠り。毎年繰り返される行事です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 15:28
御牧原探索
御牧原探索  7月10日に御牧原を散策しました。東御市御牧原はため池が密集する地域で、その数は塩田平をはるかに超えます。上田同様、この地域も全国有数の少雨地帯なのです。地図に載っているものだけでも、ざっと見て100はある感じです。ため池密集地帯は隣りの小諸市大久保や山浦地区にまでつながっています。  この日の目標はそのため池群の中でも最大級の大きさである四ッ京大池を見つけることでした。さて無事発見に至ったか。それはこの先のお楽しみとして、まずはその御牧原の雰囲気を伝える3枚の写真を載せましょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/03 00:28
千曲川のスケッチ
千曲川のスケッチ  島崎藤村の有名な作品から名前を借りるのは畏れ多いですが、どうしてもそういうタイトルをつけたい写真が撮れました。夕暮れの千曲川の写真です。  この間散々撮ってきた夕景写真の一環です。遠出する余裕がないので、どうしても近場で写真を撮ることになります。そうなるとどうしても夕景写真が多くなるのです。見慣れた平凡な場所でもいい写真が撮れるのですから。  最初の3枚は2月13日に「アリオ」のやや下流あたりで撮影しました。 1枚目は川と遠くの山々を撮ったもの。青木の山々が見えています。全体に薄暗い中に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/08 00:26
夜明け前
夜明け前  3月4日の早朝、舌喰池で夜明けの写真を撮ってきました。まだ太陽は登っていませんでしたので、正確には夜明け前です。日の出は田園地帯の中で撮りました。  4日は早起きしたのではなく、徹夜でした。3日がレンタルしていたDVDの返却期限でしたが、日付が4日に替わる頃にやっとそのことに気付きました。ただ、締め切りは3日でも、4日の朝10時までに返却ボックスに戻せば延滞金は取られません。それで4日の午前1時ごろからDVDを2本立て続けに観て、5時半ごろ返しに行ったのです。  どうせ徹夜したのだから、つ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/06 00:00
夕暮れの自然運動公園にて
夕暮れの自然運動公園にて  2月13日に自然運動公園の瓢箪池で撮った写真です。この池で夕景を撮ったのは初めてかもしれません。こんなにきれいに撮れるとは思いませんでした。いつもはパーゴラがあるところから撮るのですが、この日は夕方だったので夕陽が水面に写るところを撮りたかったので反対側から撮りました。そちら側は木が生い茂っているので、写真が撮れるほどの隙間を探すのに苦労しました。しかしこれだけきれいに撮れたのでその甲斐がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/05 23:16
甲田池の日没
甲田池の日没  2月5日の夕方にぶらりと散歩に出ました。足は自然と塩田平の大田園地帯に向かいました。山はかすみ、大地は夕日を浴びて黄色みを帯びています。1枚目の写真は手前に木を1本入れて独鈷山を撮ってみました。2枚目と3枚目はロール状に巻いた麦わらがある風景。2月に撮った写真ですが秋を思わせます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/05 22:07
山田池幻想
山田池幻想  山田池は塩田平のため池群の中でも1、2を争う美しいため池ですが、うまく写真を撮るのが難しい池です。大きすぎて近くまで行くと全体像が撮れない。かといって丁度いい高さから池全体を見下ろせる山が近くにあるわけではない。池全体をすっぽりと納めて撮れる場所がどこかないものだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/12 13:06
舌喰池 その2 舌喰池を1周する
 あるブログに舌喰池を1周できるようになったと書いてあったので、さっそく10年6月24日に舌喰池に出かけて行き、初めて池の周りを一周してきました。池を1周することでそれまで撮ったことがない角度からの写真が撮れました。新しく東屋ができていて、水路からの注ぎ口付近もきれいに整備されていました。しばらく行かないと大きく変わっているものですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/11 15:21
舌喰池 その1
 山田池と並んで塩田のため池を代表するのが舌喰池です。何といっても山田池と並んで塩田で一番美しい池です。印象的なお堂がある不動池や二つの古墳(皇子塚と王子塚)も近くにあり、このあたりは時間がればゆっくり散歩するには最適です。  これまで撮りためてきた舌喰池の写真を一気に紹介します。まずは08年12月20日に撮った2枚の写真。1枚目の写真では、面白いことに池のすぐ向こうに山々があるように見えます。もちろん山と池の間には十人、中野、舞田、保谷、仁古田などの地域が挟まっているわけですが、池の土手で隠... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/11 14:38
共有池暮色
 共有池(ともいけ)は中野前池、甲田池、上平池、男池・女池などと並んで家から最も近くにある池の一つです。しかしこれらの池の中で一番写真を撮りに行くことが多い池です。いや近所の池だけではなく、上田やその周辺のため池の中でもっともよく写真を撮りに行く池だと言ってもいいでしょう。家の近くにあるからというだけではなく、いい写真が、特に素晴らしい夕景が撮れる池だからです。池自体の美しさという点では、箱畳池、山田池、舌喰池、下ノ池、塩之入池などの方が上です。これら代表的な池に比べると昼間見た共有池は平凡な池... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/05 18:04
永井ダムは冬の顔をしていた
 12月26日(日)の3時ごろカメラを持ってふらっと車で出かけました。特にどこへ行くというあてもなく、とりあえず青木方面に向かう。12号線に入って修那羅峠を越える。峠を越えた途端雪がありました。陰と陽が峠を境にくっきりと分かれているのが面白い。  峠を越えたところで一旦車を停め、地図を見る。12号線から55号線に入って上山田温泉方面に向かう途中に永井ダムというのがあることが分かった。そこに行ってみることにする。  ダムの上に駐車スペースがありました。そこには東屋と子供の遊具、そしてもう一つの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/23 18:34
秋の芸術村公園
 11月9日に芸術村公園の写真を撮ってきました。芸術村公園は何度も写真を撮ってきましたが、秋の風景を撮ったことはあまりなかったかも知れません。今回、今までとはできるだけ違った角度から写真を撮ることに努めました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/04 20:06
松原湖を歩く
 10月の初旬に南佐久郡小海町にある松原湖に行ってきました。このところ近場ばかり回っていたので、ずいぶん久しぶりの遠出でした。  ところでこの記事を書くためにインターネットで松原湖のことを調べていたら、松原湖とは正式には猪名湖(いなこ)・長湖(ちょうこ)・大月湖(おおつきこ)という3つの湖の総称であることがわかりました。地図を見てすぐ近くに他の二つの湖があることに初めて気が付いたしだい(汗)。  もっとも、一般には松原湖といえばその中でも最大の猪名湖単体を指すとのことです。したがって猪名湖し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/26 12:16
幕宮池暮色
 2月21日の夕方、青木で写真を撮った後、帰宅前に幕宮池に立ち寄りました。これは正解。なかなか面白い写真が撮れました。水面にほとんど波がなく鏡のようになっていたのです。これまでも鏡のようになた池を何度も撮ったことがありますが、夕方撮ったのは共有池以外はそれほどありません。幕宮池では初めてです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/26 18:58
早朝の甲田池と中野前池を撮る
 僕は大学生時代以来30年以上にわたって夜型の生活を続けてきた。特にブログを始めてからは4時、5時に寝るのが日常のようになってしまった。人々が起き出す頃に眠りにつく生活を長年続けてきた。  しかし昨夜はあまりに疲れがたまっていたので、ビールも飲まずに10時前に寝てしまった。普通こんな時間に寝ると1時か2時ごろに目が覚めてしまう。しかしよほど疲れがたまっていたのだろう、今日は5時まで寝てしまった。こんなに早く寝て起きたのはずいぶん久しぶりだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/10 09:19
上田周辺で最も美しい池 箱畳池
2月14日の土曜日に箱畳池に行ってきました。写真で紹介するのは二度目になります。ここは池の王者(いや女王か)。とにかくその美しさでは断然他を引き離しています。もう別格ですね。緑の少ない冬でも十分美しい。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/13 12:51
茂田井の4池
2月11日は茂田井あたりを走り回っていました。商人久保池と八丁地堰の写真を撮りたかったのですが、何度も道に迷ってしまいました。しかし、道に迷うとかえって意外な発見があるのはいつものこと。迷ったおかげで濁池と鳥居のある池(名前は未確認)を見つけました。  八丁地堰→濁池→鳥居のある池→商人久保池の順で廻りました。順に紹介します。途中偶然にも茂田井宿の中心部あたりを通ったらしい。蔵造りの古い建物が並んでいる素晴らしい場所でした。写真を撮りたかったのですが、道が細くて車を停める場所がない。仕方なくそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/12 15:14
ゴルフ場近くの洞窟と小さな池
グランヴィリオゴルフ倶楽部の写真を撮った後、地図を見てその周りにため池がたくさんあることに気づきました。2月1日にグランヴィリオゴルフ倶楽部近くの小さな池の写真を撮りに行きました。実はその前日に下見に行っていました。一つは道が複雑そうだったからですが、またその日は曇っていたので撮影はあきらめていたからです。その下見の時に崖の所に洞窟があるのを見つけていました。  翌日カメラを持って出直しましたが、池の前にまずこの洞窟を撮りに行きました。近くで見ると穴はそれほど深くなかった。急斜面で、枯葉が積も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/30 02:02
田楽池と藤原田用水池
田楽池と藤原田用水池はまるで双子の池です。どちらもかなり大きな池で、すぐ隣に並んでいます。167号線沿いにある田楽池は日当たりがよく、藤原田用水池は田楽池より一段低くなっているので日陰部分が多い。陽気な兄とやや陰気な弟、そんな感じです。  まずは兄貴分の田楽池から紹介しましょう。面白い名前ですが、地図によるとそのあたりが田楽平と呼ばれているようです。167号線沿いに小さな駐車スペースがあり、その横に石碑が二つたっています。一つは田楽池改修記念碑。もう一つは農地改革之碑。1枚目の写真はその2つの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/27 15:56
山田池
1月24日のお昼に「美田村」で鍋焼きうどんを食べた。寒い冬には熱々の鍋焼きうどんがおいしい。食事の後「美田村」のすぐ近くにある山田池へ行ってみた。  今回は池を1週して様々な角度から写真を撮った。あいにく天気が曇り空だが、菅平や烏帽子・浅間連山あたりは晴れている。  山田池はうまく写真を撮るのが難しい池だ。大きすぎて近くまで行くと却って全体像が撮れない。かといって丁度いい高さから見下ろせる山が近くにあるわけではない。池全体をすっぽりと納めて撮れる場所がどこかないものだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/24 11:46
千曲川点描
昨年の12月23日と27日に千曲川へ行ってみた。鯉西のつけばがあったあたり、ハープ橋の袂、クリーンセンターの向かい側あたり。いずれもよく通る場所で、特に新鮮なものは何もない。しかしそういう場所も記録に残しておきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/09 14:12
ため池探訪
これまでいくつものため池を紹介してきましたが、まだ紹介していない池の写真を一気に載せましょう。ただし、正直言って今回紹介する池のほとんどは魅力に欠けます。どれもごく普通の池です。いろんな池を一通り見てきましたが、やはり魅力のある池は山に囲まれていたり、周辺が公園として整備されていたり、滅多に通らない奥まった所にあったりと、何らかのプラス・アルファがあります。それでも上田周辺の主なため池すべてを写真に撮ろうという計画ですので、平凡な池でも載せておきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 5

2009/03/02 20:11
中原池+α
塩之入池の上にもう一つ中原池というため池があります。ここは奥まった所にあり、行き着くまで散々道に迷いました。結局阿鳥川神社向かいの公民館に車を停めて歩いて探して見つけました。車だとどうしても行過ぎてしまう。  阿鳥川神社から少し上がると右側に土手らしきものが見えてくる。車で走っていたときもその土手らしきものには気づいていました。ただ、そちらに曲がる道が見つからない。道路地図には比較的大きな道があるように書いてあるのですが、あれでもない、これでもなさそうだとやり過ごすうちに行過ぎてしまった。そこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/15 13:06
塩之入池と阿鳥川神社
 12月13日の土曜日に西洞池に行った後、塩之入池へ向かいました。大法寺の看板があるところで右折、大法寺の方には行かずにそのまままっすぐ坂をあがって行く。その辺りは当郷という地籍らしい。塩之入池へ行くには阿鳥川神社の角で左折します。目印の阿鳥川神社の向かいにある当郷公民館に車を停めて神社の写真を撮りました。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/11 11:58
西洞池と仁古田飛行機製造地下工場跡
 12月13日に仁古田の西洞池と青木の塩之入池に行ってきました。どちらの池もなかなか素晴らしい池でした。どうもゴブリン選定「ため池10選」を選んだ後の方がいい池が「発見」されています。仁古田の新池、東御市の深井池、生田の大池そしてこの2つの池。まだブログで紹介していませんが、須川湖から音楽村にかけて点在する上池、下の池、明賀池の生田3池も悪くありません。主要道路から離れた所にあり、普段あまり人が行かないところほどいい池があるようです。 いずれ「ため池10選」は大幅に書き換えなければなりません。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/11 02:51
須川湖と生田の3池
 昨年の12月は山の写真を追いかけていました。浅間山を少しでも近くで撮ろうと走っている途中で須川湖に立ち寄りました。ここは何回か写真を撮りましたが、前日からの晴天のせいか湖面がまるで鏡のようでした。こんなきれいに上下対称の写真が撮れるとは驚きです。   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/28 02:13
ため池めぐり その3
塩吹池  昨日共有池に行ってみたら白鳥どころか、シラサギやアオサギすらも姿が見えなかった。どこに行ったのかと思っていたのですが、いた、いた、いました。シラサギ様とアオサギ様ご一行は近くの塩吹池に逗留されておりました。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/07 18:15
ため池めぐり その2
深井池  仁古田の新池の他にもう一つの池を回った。東御市の深井池。浅間サンラインを小諸方面に向かい、湯楽里館入り口の信号を右折する。すぐ道が二股になる。そこを右に行くとすぐ池に出る。ここに行ってみたのは、地図を見ると池の周りが緑色になっていたから。池の周りが緑地公園になっているのではないかと期待したからである。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/30 01:53
ため池めぐり その1
このところため池づいています。16日(日)の午後はため池めぐりに行ってきました。仁古田の新池、泉池のすぐ上にある池(名前ははっきりしないが恐らく横山池と思われる)、室賀の樋ノ詰池、最後に吉田の古池。まだ写真を撮ったことがなかった池を4つ一気に撮ってきました。翌日は東御市の「深井池」に行きました。また、前日薄暗い天気でいい写真が撮れなかった新池にもう一度行って写真を取り直してきました。また22日(土)には共有池と塩吹池の写真を撮ってきました。その翌日の23日は五加前池、大池、明賀池に行きました。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/30 01:04
神秘の池の秋
今年の5月に「神秘の池」として紹介したリサーチパークの小さな池。下之郷の小さな池を訪ねた際に当然ここも行きました。春と秋。緑の時期と黄葉の時期。同じ池がずいぶんとその姿を変えていました。本当に小さな池なのですが、周りをすっぽり木立に囲まれているので、ため池とは全く違う神秘的な雰囲気を漂わせています。上田周辺の池やため池はずいぶん見て回りましたが、これを越える美しい池は他にありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/24 17:14
下之郷の小池めぐり
地図で見るとリサーチパークの下あたりに小さな池がいくつもある。あのあたりはよく通るのにどうも見た覚えがない。気になったらとにかく行ってみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/24 16:49
上田およびその周辺のため池 番外編+α
「上田およびその周辺のため池10選+α」を書いた直後にまた一つ魅力的な池を発見しました。仁古田の新池です。「ベスト10」に入れたい池ですが、発表してすぐ訂正というのもなんですからとりあえずここでは追加ということで紹介しておきます。いずれ別の記事で詳しく紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/22 12:50
上田およびその周辺のため池10選+α
 塩田平の名物の一つにため池があります。全国でも有数の少雨地域で、地域内を流れる川はいずれも小さな川ばかりであるため、何度も水不足に悩まされてきた歴史があります。しかも塩田平は古くからの稲作地帯であり、平安時代には大規模な水田開発が行われ、そのころから米作に不可欠の水を確保するためにため池が築造されたと言われています。舌喰池を始めとして、ため池にまつわる民話や言い伝えもいくつも残っています。最盛期には300を超すため池があったというのですから驚きです。その頃に高い山の上から塩田一帯を眺めたら、一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/16 01:08
角間渓谷〜深山幽谷に秋を見る
 久々に晴れた週末。海善寺池、真田氏歴史館・御屋敷公園、角間渓谷と大車輪で回ってきた。しかも途中何度もちょっとした寄り道をして写真を撮った。このところせいぜい近所を回ってちょっとずつ写真を撮るだけだったので大いに満足。何と全部で146枚の写真を撮っていた。  さて、まずはなんといってもメインの角間渓谷から。ここに初めて行ったのはもう10年以上前だろう。渓流の上に張り出した岩の絶壁と温泉旅館「岩屋館」の形は覚えていた。岩屋観音も以前来た時に見ている。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/08 18:03
泉池
これは10月26日の日曜日に撮ったもの。たまたま池の横を通った時に池の横に小さな公園のようなものがあるのに気づいた。それまで全く気づかなかった。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/08 17:02
巣栗渓谷を撮る
巣栗渓谷を撮りにいった。巣栗渓谷に行くのは2007年3月11日と2008年2月8日に続いて3回目。前2回は冬だったので、夏に来たのは初めてだ。 いつも車を停める看板横の川の段差になっているところを見ると、まるで滝のように見える。冬に来た時には水量が少なかったのでこんな豪快さはなかった。何とか正面から見たいと思っていると、下に降りる道があった。道がぬかるんでおり、岩にコケが生えているので足を滑らさないように慎重に降りる。正面から見ると波のしぶきで滝がかすんで見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/17 01:27
北の入池散策
例によって「倉乃」で食事をした後、北の入池の写真を撮りに行く。昨日(土曜)も行ったが雨が降り出して撮影は諦めた。今日も曇り空で雷が遠くで鳴っている。いつ雨が降ってきてもおかしくない怪しい天気。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/27 19:59
聖高原散策 その2 聖湖
森の中の遊歩道をたどってレストランの方に戻る途中、別の池があるのに気がついた。駐車場の横あたりにもう一つ別の池がある。敷地内ではなさそうなので、普通のため池かもしれない。一応その池も写真を撮る。車に戻り、今度は聖湖に向かう。先ほどの較差点を越え、どんどん山道を登る。地図だと高さがよく分からないので、こんなに上まで登るのかと正直驚いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/13 22:41
千古の滝
8日の日曜日に千古の滝と古城緑地公園に行った。2回に分けて紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/09 16:54
箱畳池散策
6日の火曜日は連休最後の日だったので近場に出かけることにした。特にお目当ての場所もなかったので地図をあちこち眺めていたときに箱畳池を見つけた。「はこだたみいけ」と読むらしい。どうも池の中に島があるようだ。これは面白い。さっそく行ってみることにする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/10 18:55
神秘の池
ガソリン代が上がったこともあり、連休中はあまり出かけないことにして庭の手入れに時間を割きました。ブログを初めて以来庭は荒れ放題だったのです。プランターに新しい花を活け替えました。何とか連休中に玄関前アプローチの周囲はきれいになりました。家の横と裏はさながらタンポポ畑ですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/06 21:31
桝網用水を歩く
上田駅前のパレオ横の駐車場に車を入れる。駅ビル横の「ゆう杉」で食事した後、前から気になっていた駅前を流れる水路の探索に出かける。まず若菜館横の水路を写真に撮る。下流側に行って、再び水路が地表に出る中村屋裏でまた撮る。次に駅前の水車のところを写真に撮った。水車の横に案内の立て札があり、そこに桝網(ますあみ)用水という名前が書いてあった。前から何という名前なのか知りたいと思っていたが、これでやっと名前が分かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/10 22:06
生活の中に水路のある町
上田の市街地を歩いていると結構川や水路が目につきます。中心市街地は千曲川と矢出沢川の間にありますが、その間を蛭沢川が材木町の方から中央4丁目にかけて斜めに流れています。この蛭沢川は川と言うよりも水路に近い感覚で、その上に鉄板を渡して駐車場にしたり、中には上に家が建っていたりします。もちろん、水郷柳川のように、まるで血管のごとく水路が縦横に張りめぐらされているわけではありません。それでも中央3丁目から材木町にかけてのあたりは水路と町が一体になっている印象を受けます。まるで自宅の裏庭のようにして水路... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/05 14:38
冠着橋を撮る+α
 1時過ぎ外出。やっと「柿屋」で食事ができた。ランチセットを頼む。豚肉の入った肉うどんの味はまあまあというところ。僕には「中村屋」の肉うどんの方が口に合う。まだ2時過ぎで天気もいいので撮影に行く。特に当てはない。18号を長野方面に行く。鼠橋を渡って対岸に出る。上山田温泉に入り、千曲川の堤防道路に出る。このあたりはもう千曲市である。2003年に更埴市、上山田(かみやまだ)町、戸倉町の三市町が合併してできた。更埴市自体も更級(さらしな)郡の稲荷山町と八幡村、埴科(はにしな)郡の埴生町と屋代町との合併... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/21 23:31
ゴブリン選定上田周辺のユニークな形の橋10選
  今年のブログの締めくくりとして、私ゴブリンが選定した上田周辺のユニークな形の橋ベストテンを発表します(特に順位はつけてありません)。審査基準には形のユニークさだけではなく、当然橋としての美しさも含まれています。7月に鹿教湯温泉の五台橋を訪れた段階でベスト9まで絞り込んでいました。その時点のベスト9はハープ橋、ローマン橋、塩野神社の神橋、生島足島神社の御神橋、醤油久保橋、馬坂橋、御八城大橋(みやしろおおはし)、鎌倉橋、そして五台橋。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/29 12:48
美穂ヶ池市民緑地を発見
 あてもなくドライブに出る。18号に出て小諸方面に向う。大屋の信号で左折。浅間サンラインへ向うつもりだった。しかし途中で美穂ヶ池市民緑地の看板が目に入ったので急きょ右折して駐車場に車を停める。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/25 12:59
千曲川探索・古船橋下流の中州に幽霊樹を発見
 午前中は家でゆっくりする。昨日タワーレコードで買ってきた「ザ・ベスト・オブ・ブリティッシュ・フォーク」という輸入版CDを聞いた。ここは中古を置いていないので滅多に買うことはないが、たまにいい廉価版が見つかる。980円くらいだったので買ってきた。ドノヴァン、バート・ヤンシュ、ジョン・レンボーン、スティーライ・スパン、フェアポート・コンヴェンションなどのおなじみの名前の他に、全く聴いたことのない名前がいくつも入っていたので試しに買ってみたのである。ブリティッシュ・トラッド/フォークは滅多に見かけな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 21:57
白樺湖で紅葉を撮る
 日曜日の夕方、白樺湖に行ってみた。30分くらいしかいられなかったが、紅葉がきれいだったのでバシャバシャ写真を撮ってきた。ここに来るのは2度目だ。もちろん通過したことは何度かあるが。前回来たのはもう7、8年前になるだろうか。その頃はまだデジカメを持っていなかった。普通のカメラで写真を撮ったが、春先だったので寒々とした写真になっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/31 18:56
「夢がない橋」を発見!?
金曜日に中国出張から帰ってきました。と言っても着いたのは夜中の2時。シャワーを浴びてすぐ寝て、また朝から仕事。地獄の日程でした。月曜日に出発した時も夜中の2時半。自宅から空港までは行きも帰りも長距離タクシー。マイクロバスサイズだが、とにかく揺れるのでとても眠れたものではなかった。新幹線で行けばよかったと今更ながら思う。青島と北京を回ってきたが強行軍の旅。ずっと体調を壊しっぱなし。詳しい中国旅行記はまた後でブログに載せます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/17 00:51
浅間サンライン脇道探索 「せせらぎ公園」を発見
 また浅間サンラインの脇道探索に出かけた。適当な道を左折して山側に向かう。ところがすぐT字路にぶつかる。仕方がないので右折。しばらくサンラインと並行して走る。よさそうな道があったので左折する。おそらく祢津(ねつ)小学校の手前あたりと思われる。しばらく坂道を上がると右側に不思議なものがあった。前にも見たことがあると後で思い出したが、柱が8本立っているのだ。てっぺん近くに切り込みがあるので、前は柱だけではなかった感じだ。捨てられたと思われる車が2台停めてある。その横には石塔のようなものが。その反対側... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/17 00:49
昭和橋を撮る
今日の朝日新聞に「坂城のシンボル昭和橋を補修へ」という記事が載っていた。それによると橋が作られたのは1937年。何と御歳70歳である。全長約500メートル。2002年に日本土木学会の選奨土木遺産に認定されたという。矢口高雄の『釣りキチ三平』シリーズでもおなじみの橋である。確か『平成版釣りキチ三平』の第3巻は坂城町が舞台だと思ったが、ざっと見たところ昭和橋らしき絵は見つからなかった。それはともかく、新聞に載った昭和橋の写真に魅せられて、デジカメを持ってさっそく「取材」に行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/17 00:32
望月探索 望月橋と弁天窟を撮る
車に乗って出かけたものの、どこに行くかも決まっていない。しばし迷走した後、佐久方面に行くことにした。丸子から147号線に入る。この道は久しぶりだ。山部の信号を左折して142号線に入る。途中コンビニで休憩。目的地を決めるために地図を見る。142号線が新望月トンネルの手前で八丁地川と鹿曲川を横切ることに気づいた。そのあたりを写真に撮ろうと決める。トンネルの手前にある望月の信号を左折。すぐ天神の信号があるので右折する。すぐその先に車を停めるスペースがあった。停めた先に胡桃沢橋があるのでまずその写真を撮... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/17 00:27
嬬恋の田代湖へ行く
 暑い!今日(11日)は本当に暑い。あまりに暑いので涼しいところへ行くことにした。どこ か高い所に行こう。いろいろ考えて、前に地図で見つけていた田代湖へ行くことに決める。田代湖は群馬県の吾妻郡嬬恋村にあるダム湖だ。ダムの名前は鹿沢(かざわ)ダムだが、ダム湖は田代湖と呼ばれている。吾妻川から水を引いているようだが道路地図では田代湖と吾妻川は離れている。不思議に思って帰ってからWikipediaで確かめてみると、「吾妻川左岸の河道外に建設されたダムである。河川自体を堰き止めず、周辺の河川より導水... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/17 00:25
神川探索
  神川探索に出かけた。神川は産川、浦野川、依田川などと並んで上田市民になじみの川である(いずれも千曲川の支流)。浦野川同様両岸を緑に覆われて野性味の残る川である。水源は菅平の四阿山。途中菅平湖を経て真田町を縦断して国分あたりで千曲川にそそぐ。総延長は二十二キロ。調べてみると、意外なことに神川は上小地方の千曲川水系の中で最大の水量を持つということだ。豊富な水量を生かして幾つもの堰が築かれ、昔から上田盆地東部の水田地帯を潤してきたのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/17 00:03
完成間近のりんどう橋を撮る
  今日は出張で松本へ行ってきた。要件は3時過ぎに終わったので、帰りがけにまた鹿教湯温泉に寄って写真を撮ってきた。先日と同じ駐車場に車を停める。まず前回と同じコースを取った。紅葉橋、なかよし地蔵、文殊堂、五台橋。今度はしっかり撮れたが、なぜか「なかよし地蔵」は今回も写真がぶれて失敗。リベンジのつもりが返り討ちにあってしまった。残念。それはともかく、今日は前回撮れなかったところも撮りたかったので、五台橋から緑橋、馬頭観世音、万年橋、月見堂と回ってみた。緑橋と馬頭観世音は特にどうということはなかった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/16 16:13
産川探索その3 中流域を撮る
  夕方産川の中流域の写真を撮りに行った。うす曇りの日だったが、7時頃まで明るい時期なので行ってみることにした。家の前を塩田仁古田線が走っている。舞田の信号から中塩田小学校へ向かう道である。女池の横の四つ角を直進して細い道に入る(右折すると中塩田駅に出る)。突き当りを左折。しばらく走ると右側に八幡大神県社の大きな塔が見える。そこを右折。まっすぐ行くと八幡大神県社の先にマンション群らしきものが右手に見えてくる。その先に産川が流れている。道は橋に続いているが、橋の横に車を停める。まずそこの橋と川の写... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/16 16:09
番屋川・鹿曲川探索 御八城大橋を撮る
 3連休の3日目にやっと晴れた。よし撮影に行くぞと思ったら地震があった。また中越地方だ。震度6強というから結構大きな地震だ。上田もだいぶ揺れた。震度4。それでも何も落ちたり倒れたりはしなかった。この程度の地震は日本に住んでいればどうということはない。しかし震源地に近い地域はまた別。大きな被害がなければいいが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/16 15:16
産川探索 その2 沢山湖へ行く
 今日(7月1日)は赤地蔵と夫婦道祖神、沢山湖(さやまこ)の写真を撮りに行くことにし た。三つとも「茶房パニ」の近くにあるはず。いつものルートでまず舌喰池の横を通って独鈷温泉方面へと向かう。途中手塚八幡社に立ち寄った。大きな鳥居が目立つので前から気になっていたのである。もちろん名前は近くまでいって初めて知った。田んぼばかりの所に鳥居がにょきっと立っているので非常に目立つ。その背後は山だが、山の斜面に階段がついていて、階段の途中にも赤い鳥居がある。面白い場所に神社があるものだと前から思っていた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/16 15:06
産川探索 その1 鞍が淵を撮る
 病膏肓に入る。こんな表現を使ったのは初めてだと思うが、今はまさにそういう状態に なっている。デジカメで写真を撮るのが面白くて仕方がない。毎週土日はどこかに出かけて、写真を撮っている。何か面白そうな情報を聴きつけたら、行って写真を撮ってくる。そんな体になってしまった。先日、そんなゴブリンの目にとまった記事がある。「週刊上田」という地元のミニコミ誌があるが、そこに「鞍が淵の周辺整備完成」という記事が載っていた。鞍が淵は「小泉小太郎」伝説の発祥の地である。この伝説は松谷みよ子の『龍の子太郎』の題材... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/16 15:04
ハープ橋を撮る
  天気がいいのでまた川と橋の撮影に出かける。今日はまず千曲川に架かるハープ橋 (新幹線専用の橋)を撮りたかった。小牧橋まで行き、橋を渡らずに川沿いの道に入る。どこか適当な場所があれば車を停めようと思っていたがなかなかいい場所がない。ほとんど橋のそばまで来てようやく空地を見つける。川の方に下りてみると、橋がものすごく大きく見える。普段は車で通り過ぎるだけでこれほどじっくりと眺めたことはない。その大きさに今更ながらびっくりする。さすがに浦野川や依田川などの支流とは違う。しかも千曲川に斜めにかかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/16 15:03
依田川探索 その1 馬坂橋を撮る
 川のある生活は幸いなるかな。今日依田川探索に出かけて改めてそう思った。上田に来 て6年目くらいまでは千曲川のほとりにあるアパートに住んでいた。ちょっと時間があれば自転車でよく川沿いを散歩(散輪?)したものだ。その後引っ越してからは千曲川が遠くなり、川が身近ではなくなってしまった。今でも千曲川の近くに住んでいたころが懐かしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/16 15:02
浦野川散策 その4 醤油久保橋を撮る
 あいにく小雨が降っていたが、今日(10日、日曜)ようやく醤油久保橋の写真を撮ってき ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/16 14:55
浦野川散策その3 上流の沓掛川と田沢川を行く
 今日も浦野川の橋を写しに行く。今日は晴れてはいるが晴天とは言えないので、沓掛川 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/16 14:52
浦野川散策その2 橋を撮る
 3時頃、また浦野川へ行った。前回と同じ所に車を停める。今日は前回歩いた分も含めて、さらに上流まで足を延ばして写真を撮りまくる計画だ。まず前回と同じコースを通って 写真を撮ってゆく。今日は釣り人を見かけなかった。他に川沿いを歩いている人は誰もいない。梅の坪橋と越戸橋の間にある赤い家のところまで来た。前回ここは必ず写真を撮ろうと思ったところだ。ところが、写真を撮ろうとしたところでぷっつりデジカメの電池が切れてしまった。あわてて車のところまで引き返す。あせっているせいか車までの道のりが遠く感じ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/16 14:50
浦野川散策
  天気がいいのでミニ・ドライブに行くことにした。143号線をしばらく走る。いつものよう に、特にどこへ行くというあてがあったわけではない。仁古田の信号を越えたところで浦野川に架かる橋を渡った。左側の浦野川の眺めがなかなかいいので急遽左折して橋の近くに車をとめた。橋は古郷橋。143号線の橋より一つ上流にある橋だ。古郷橋とは面白い字だ。橋のたもとで一瞬何と読むのか迷ったが、日記に書いてみてその理由が分かった。故郷でも古里でもなく、両方を掛け合わせた古郷なのだ。「ふるさと」と読むのか。それとも「こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/16 14:49

トップへ | みんなの「水辺探索」ブログ

ゴブリンのつれづれ写真日記 水辺探索のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる