ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓼科湖

<<   作成日時 : 2014/10/06 10:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 6月14日に「バラクライングリッシュガーデン」へ行った後、ついでに蓼科湖に立ち寄りました。白樺湖や女神湖に比べると湖自体の魅力はさほど感じませんでしたが、湖の横に面白い場所を発見しました。

画像


画像


画像


 その「面白い場所」は後で紹介するとして、まずは蓼科湖の写真を載せましょう。さすがにため池よりは大きいですが、それほど大きいとは感じませんでした。足こぎ型のいろんなボートが岸に並んでいますが、湖にこぎ出しているボートはそれほどありません。大勢の客でにぎわっていた「バラクラ」に比べるとちょっとさびしい観光地でした。
 この日は面白い形の雲が湖の上に浮かんでいました。3枚目はその雲を大きく取り入れた写真です。空が明るいので地上部分がやや暗く写っています。

画像


画像


画像


 さて、上で勿体をつけて名前を出さなかった面白い場所というのは、湖のすぐ横にある彫刻公園です。正式な名称は「蓼科高原芸術の森彫刻公園」となっているようです。蓼科湖とリゾートホテル蓼科の間に位置しています。広い芝生公園ですが、敷地内のあちこちに彫刻が置かれています。
 1枚目は蓼科湖の遊歩道にある入口から入ってすぐ右側にある彫刻。この写真を見れば、この公園が蓼科湖のすぐ横にあることが分かるでしょう。
 2枚目は入口のすぐ左横にある彫刻。丁度逆光で影になっているのが残念ですが、子供が椅子と一体化している造形が面白く気に入りました。そう言えば写真を撮っただけで座らなかったのですが、座ってみたらどんな座り心地かしらん。
 さて、この彫刻公園へ行ってみたいと思ったのは3枚目の写真に写っている橋が遠目にも見えたからです。近くまで行って、やはりそうだと嬉しくなりました。 ゴーギャンの「アルルの跳ね橋」に描かれたラングロワ橋をそっくりそのまま再現したと思われる跳ね橋がそこにあるではありませんか!恐らく実際に跳ね上げることもできるのでしょう。名画の複製は巷に溢れていますが、まさか名画のモデルとなった橋の複製があるとは!何かすごい拾いものを見つけた様でうきうきしてしまいました。しかし、これも写真に撮っただけで、実際に渡ってはみませんでした。

画像


画像


画像


画像


 「跳ね橋」の向こう側に広がっている景色を撮ったのが1枚目の写真です。芝生がきれいに手入れされていて、緑が実に美しい。そしてその緑の中に池がうまく配置されています。
 2枚目は池の中に立つ像とその向こうの石橋を撮った写真。ベンチがまた良い所に配置されています。3枚目は立像のアップ写真。
 4枚目の写真は芝生の中のガゼボと裸婦像。前の3枚の風景に比べると公園の定番的風景という感じがします。

画像


画像


画像


画像


 1枚目は公園の奥の方から「跳ね橋」の方を眺めた写真。池に景色が映って面白い効果を上げています。特に三角形の形をした樅の木(?)が上下対称になっている様が目を引きます。
 この公園には様々な橋があって、橋フェチのゴブリンとしてはうれしい。この小さな赤い橋(2、3枚目)も印象的でした。
 4枚目は恐らくこの彫刻公園で一番大きな彫刻でしょう。取り立てて心を惹かれたわけではありませんが、迫力はありました。

画像


画像


画像


画像


 彫刻公園の一番奥に噴水池がありました。横に広いため、全体の写真を撮ろうとすると小さく写ってしまい、迫力に欠けます。そこで思い切って一部をアップで撮ったのが1枚目の写真です。噴水池の一番高い所を撮っています。横に広いと書きましたが、真ん中部分は斜面の上から人工の滝の様なものを作って流しているために縦長にもなっています。その人工の滝の天辺に立っているのがこの黒い像です。真っ黒いので一瞬ダース・ベイダーを連想してしまいます。その左に吹きあがっているのが噴水の天辺部分です。あえてこの二つが同じ高さになるところから撮りました。2枚目はその滝の部分と像を縦長に切り取った写真です。噴水池全体がどんな形なのか分かるように、「迫力に欠ける」全体写真を載せておきましょう(3枚目)。これでもまだ両端を切り落としています。
 4枚目は公園の奥から湖の近くまで戻ってきて撮った写真です。右手の裸婦像がシルエットになっているのが写真的には効果的です。女性の体の線が浮かび上がるからでしょう。

画像


画像


画像


 彫刻公園を出て、また蓼科湖に戻りました。彫刻公園を背にして撮ったのが1枚目の写真です。最初に撮ったボート乗り場からの景色とはまた違った景色になります。蓼科湖は湖畔のレジャーランドがあるあたりが三角形に湖側に突き出ているのですが、画面右側がその突き出ている部分です。その先に回りこめるようになっている感じがこの写真から伝わるでしょう。
 2枚目と3枚目はカモの親子を撮ったもの。親鳥はくちばしがオレンジ色っぽいので、マガモのメスと思われます。あまりに微笑ましいので写真を撮らずにはいられませんでした。

画像


画像


画像


 駐車場の前がレジャーランドになっていますが、そこを超えて湖を少し回り込んでみました。レジャーランドの先が少し岬のように突き出ています。その岬の反対側の付け根あたりまで行ってみました。「プチホテル湖の美」や「よしの名産店」などがあるあたりです。
 1枚目は岬の先端と付け根の間あたりから撮った写真。ボートハウスあたりから見るのとはやや違った景色です。画面左端に岬の突端が見えています。
 2枚目は「プチホテル湖の美」の前にある桟橋。日が陰って薄暗くなっています。
 3枚目は「よしの名産店」前あたりから撮った写真。太陽がまた雲から顔を出したタイミングを狙って撮りました。丁度スワンボートも前を横切っていました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蓼科湖 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる