ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 安曇野散策(1) 安曇野から北アルプスを撮る

<<   作成日時 : 2013/05/25 23:38   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 連休後半の初日、3日の金曜日に安曇野の大王わさび農場へ行ってきました。2年ぶりの安曇野でした。連休とあって大王わさび農場はものすごい混みようでした。念願の水車小屋の写真をやっと撮ることができたのですが、この日のもう一つの収穫はこれまでになくアルプスが美しく撮れたことです。松本からよりも距離が近く、かつ空気が澄んでいたからでしょう、かすむことなく鮮明な写真が撮れました。さらに安曇野スイス村というドライブインと民宿・そば処「ごほーでん」を発見するなど、日帰りでしたがこの日は色々と収穫がありました。
 帰宅後写真を整理してみたら、何と1日で約350枚もの写真を撮っていました。一つのシリーズで紹介するには写真が多すぎるので「安曇野からアルプスを撮る」、「大王わさび農場」、「安曇野を歩く」の3シリーズに分けて掲載します。

画像


画像


画像


 さて、「アルプス」編の最初は国道19号線の途中で車を停めて撮った写真です。松本トンネルを抜けて19号線に出るとアルプスが良く見えます。あまりに山が美しいのでどこか良い撮影ポイントはないかと探していたのですが、幸い小さな駐車スペースが見つかりました。そこで何枚か写真を撮りました。
 僕は登山はやらないので山の名前がさっぱり分からないのですが、いろんなパンフの助けを借りてだいぶ山の名前が分かるようになりました。1枚目を例にとりましょう。左から鍋冠山、その背後に一部顔をのぞかせている蝶ヶ岳、ほぼ真ん中にある三角形の常念岳、横通岳(よこどおしだけ)、大天井岳(おてんしょうだけ)、燕岳(つばくろだけ)、頭が平で黒々とした有明山、一番右端は餓鬼岳でしょうか。
 2枚目は少しアップで撮ったもの。真ん中に常念岳の三角形の山。安曇野から見える山ではこの常念岳が一番印象的です。その右側の白い山が横通岳。一番左の鍋冠山に隠れるようにして蝶ヶ岳が一部見えていると思われます。
 3枚目はもうちょっと下流側まで撮っています。一番右側の白い山々は蓮華岳と爺ヶ岳あたりと思われます。

画像


画像


画像



 上の1枚目は19号線からまっすぐ正面を撮った写真です。山は遠くに小さく写っているので迫力はありませんが、その分手前の犀川が大きくきれいに写っています。何の工夫もない平凡な写真ですが、結構気に入っています。
 2枚目は下流側を少しアップで撮ったもの。これくらい迫ると山にも迫力が出て来ます。真ん中やや右の天辺に3つのこぶがある山が爺ヶ岳です。
 3枚目は最大限アップで撮った写真。かなりの迫力です。アルプスが手前の木立や家々に覆いかぶさるって来るかのようです。爺ヶ岳の右に見えているツインピークスの山は鹿島槍ヶ岳です。

画像


画像


画像


 さて19号線から写真を撮った後、まっすぐ大王わさび農場まで行くつもりでした。しかしナビゲーターをしていた妻がその手前に「ホースランド安曇野」というのがあるので寄ってみたいと言い出したのです。十分時間はあったので、言われるまま立ち寄ってみました。
 これは正解でした。「ホースランド安曇野」はドライブイン「安曇野スイス村」(上の1枚目の写真)と隣接していて、ちょっとした親子連れお遊びスポットになっています。「安曇野スイス村」はお土産売り場がものすごく充実していました。「ホースランド安曇野」と「安曇野スイス村」に挟まれた広い駐車場の一角では陶器市もやっていました。
 しかしここでの一番の成果はものすごく迫力あるアルプスの写真が撮れたことです。2枚目の写真は爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五龍岳のスリーショット。この3つの山は長野県大町市と富山県との県境に聳える山々です。このあたりは後立山連峰と呼ばれているようです。これらの山々の向こう側には立山や剱岳などが連なる立山連峰が聳えています。こんなところまで見えるのですね。驚きました。
 3枚目は鹿島槍ヶ岳と五龍岳のツーショット。安曇野からだとこんなに大きく写せるのです。すぐ隣なのに松本からではこうはいきません。都会である松本とは違って、安曇野は雄大な自然に囲まれた桃源郷のような所です。

画像


画像


画像


 上の3枚はホースランド安曇野越しにアルプスを撮った写真を集めました。しかしこういう写真を見ると、つくづく安曇野は恵まれたところだと思う。まるで別天地のようです。実際、上の3枚目の写真を見ていると一瞬北海道かと錯覚を起こしそうになります。何となく手前が牧場に見えてくるからでしょう。牧場と雪を頂いた遠くの山々。こんな光景が身近にあるのですから安曇野という所は本当に素晴らしいですね。

画像


画像


画像


 上の最初の2枚までは安曇野スイス村で撮ったものです。1枚目は常念岳あたりを撮った写真。真ん中の山は横通岳、右側の白い山は大天井岳と思われます。雲の形がまた面白い。
 2枚目は安曇野から見える北アルプスの一番北側を撮ったもの。真ん中やや左はこぶが3つある爺ヶ岳、真ん中のツインピークスが鹿島槍ヶ岳、その右が五竜岳、その先の雲に覆われているあたりが唐松岳でしょう。雲がなければさらにその先の白馬鑓ヶ岳や白馬岳あたりまで見えるのでしょうか。
 3枚目は安曇野スイス村から大王わさび農場へ向かう途中で車の中から撮った写真です。たまたま信号の前が混雑して停まっていた時に撮りました。手前に菜の花畑が広がり、左に北アルプスが見え、正面の低い山の上には面白い形の雲がかかっている。まるで絵ハガキのような光景でした。惜しむらくはアングルが低かったこと。車中から撮ったのでやむを得ないのですが、出来ればもっと高い所から写したかった。そうすれば手前の菜の花畑がもっと大きく撮れたのに。まあ欲を言っても始まらない。撮れただけでも幸いと思いましょう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安曇野散策(1) 安曇野から北アルプスを撮る ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる