ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 松本からアルプスを見る

<<   作成日時 : 2013/03/31 13:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 1月の下旬に松本へ行った時、アルプスの白い山々が目に飛び込んできました。12月に行った時はアルプスに気がつきませんでした。その日の日記を見ると曇りで時々雪がちらついていたということですから、恐らく上空が曇っていて見えなかったのでしょう。
 松本からならアルプスが見えて当然です。その日は松本の中心街をぶらつこうと思っていたのですが、急遽アルプスの撮影に向かうことにしました。
 どこか見晴らしのいい高い所から撮ろうと小高い丘の方へ向かいました。しかし道が不案内なので適当な場所を見つけるのに苦労しました。結局並柳(なみやなぎ)あたりの団地に乗り付けました。団地の駐車場から撮ったのが最初の何枚かの写真です。1枚目の写真を見ると、街の向こうにアルプスが屏風のようにそびえ立っているのが分かります。
 2月1日に出張で富山まで行ったのですが、そこのあるホテルの8階から眺めると、同じように真っ白なアルプスが屏風のようにそびえているのが見えました。丁度長野県側とは反対側を見ていることになります。松本から見たよりずっと美しい眺めでした。カメラを持っていかなかったことを心から後悔したものです。

画像


画像


画像


 昨年の5月に美ヶ原の思い出の丘からアルプスの写真を撮ったことがありますが、松本市内からだとさらに近い所から撮っていますのでなかなかの迫力です。今回はアップで撮った写真を3枚載せておきます。

画像


画像


画像


 次の1枚目はアルプスが手前の山に隠れて見えなくなるぎりぎりのあたりを撮ったものです。その1枚目の左側半分をアップで撮ったのが2枚目、右側をアップで撮ったのが3枚目です。3枚目に写っている手前の山の天辺に展望台のようなものが見えます。4枚目にその展望台あたりをさらにアップで撮った写真を載せておきましょう。
 5枚目はわざと手前にある鉄塔の最上部を画面に入れて撮った写真です。遥か遠くの高い所にあってかすんで見える山と手前にあってくっきり見える鉄塔。距離と高さは全く違う二つをこうして同じ画面に入れて映してみると、不思議な効果が生まれることが分かります。色々試しに撮ってみるものですね。

画像


画像


画像


画像


画像


 並柳の団地から一通りアルプスの写真を撮った後、視界の開けた平地からも撮ってみたいと思いました。そこで思い付いたのは松本空港のあたりです。あの辺なら遮るものがないのでいい写真が撮れるのではないか。そう考えてさっそく移動しました。
 今回の3枚は松本空港の敷地内にある総合球技場あたりから撮った写真です。ただしこれらはアルプスの写真ではなく、美ヶ原の写真です。期待とは違って、総合球技場前の公園からでは球技場自体が邪魔になって北西側にあるアルプスは良く見えません。むしろよく見えたのは北東にある美ヶ原から東側にある山々の方でした。
 1枚目の天辺が真っ白になっている山はどうやら鉢伏山(はちぶせやま、1928.5m)のようです。総合球技場の東側に聳えているのがこの山です。
 2枚目と3枚目は美ヶ原の鉄塔群が立つ王ヶ頭です。いつもは上田側から見ているわけですが、ちょうどその反対側から見ていることになります。そのせいか何となく雰囲気が違うように感じられます。鉄塔の並び方が逆になるわけですね。山の形も上田側とは違いますね。4枚目は総合球技場の中を覗き見た写真です。

画像


画像


画像


画像


 総合球技場からはアルプスが見えにくいので、48号線を渡って向かいにある西南公園に出ました。ここは広々として見晴らしが良い。
 しかし平地から見ているせいか、並柳の丘から見た時よりアルプスが遠く見えます。確かに距離的には少し遠くなるのですが、それほど距離的には違いはないと思うのですが。不思議です。

画像


画像


画像


 ここまでの写真は1月29日に撮影したものでした。ここからは保福寺に行った2月26日に撮影したものです。
 撮影場所は寿白瀬渕(ことぶきしらせふち)あたりの開けた平地です。1枚目の写真を見ればどんな所から撮ったか良く分かるでしょう。前が広い農地なので見晴らしが効きます。松本空港あたりから見るのと大して距離的には違わない気がするのですが、不思議なことにこちらの方がずっとアルプスが近くに見える気がします。
 しかも撮影に使ったカメラは新しいオリンパスのデジカメですので、倍率が大きい分さらに大きく写せます。3枚目の写真はここまで大きく写せるとかなりの迫力ですね。

画像


画像


画像


次は雪のアルプスをアップでとらえた写真を集めました。

画像


画像


画像


画像


 さて最後に載せる写真は保福寺へ向かう途中の見晴らしの良い所で撮ったものです。山の上から撮る写真は平地から撮るものより迫力があります。
 1枚目の写真は手前の山にアルプスが隠れる境目のあたりをアップで撮ったもの。
 2枚目はこの高さから撮って初めて見える光景でしょう。左手奥に槍ヶ岳のとがった山頂が見えています。平地から見ると手前の山に邪魔されて隠れてしまいます。
 3枚目は2枚目の写真の右側にある大きな三角形の山が左にあります。つまり2枚目の少し右側を撮った写真です。
 4枚目に1枚目の写真をもっと引いて撮ったものを載せておきます。山並みが大きく見えて、1枚目とはまた違った迫力があります。
 アルプスは写っていませんが、最後の写真は同じ場所から撮ったシルエット写真です。黒々とした見事な樹形の樹の周りを青白い煙が取り巻き、どこか幻想的な雰囲気を醸し出しています。このシリーズのテーマからは外れますが、写真として気に入っています。

画像


画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松本からアルプスを見る ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる