ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 松本市の「おひさま歯科」

<<   作成日時 : 2012/11/16 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 このところ月に1回、松本市と塩尻市の境目あたりにある「おひさま歯科」という歯科医院まで妻を送り迎えしています。何でまた片道1時間半もかけて歯医者にかかりに行くのかというと、そこでしかできない治療を受けているからです。

 これまで何度か書いてきましたが、妻は電磁波過敏症です。社会的にはまだまだ認知されていないため、どこの医者にかかってもまともに相手にされず、ずいぶん苦労してきました。苦しいので本人は自分でかなりの文献を読んだりして、わらにもすがる思いでいろんなことを試しています。枇杷葉温熱療法もその一つで、その温熱療法の先生から紹介されたのが「おひさま歯科」です。

 そこに通って分かったことは、歯の治療で昔埋め込まれた金属のネジが電磁波をアンテナのように引き寄せていること、したがってその金属を別のものに付け替える治療が必要だということです。それによってだいぶ症状が軽くなるようです。初回は様々な素材や薬品を試して、反応が出ないものを探すことに費やされたようです。

 保険が適用されないのでかなり高価な治療になります。それでもかなり良心的な料金に抑えてくれているようです。とてもいい先生です。最初のうちは1回の治療に約2時間もかかっていました。月1回の受診ですので、すべての歯の治療が終わるまでまだ1年以上かかるようです。このような治療ができる歯科医院は全国にまだ多くはなく、またそのほとんどが東京に集中しているそうです。同じ長野県内の松本にその一つがあったのは幸いでした。

 まだ治療の途中ですが、だいぶいろんなことが改善されてきました。唾液が正常に出るようになった、夏でも汗をかかないくらい体が冷え切っていたが、汗をかくようになってきた。この夏は蚊に刺されるようになったと本人はうれしそうな顔をしています。以前はほとんど汗をかけなかったためか、滅多に蚊に刺されなかったのです。蚊に刺されるのはもっぱら僕の役割でした。

 もちろんまだまだ沢山の困難を抱えています。頭が痛いのは日常的ですし、最近は腹が痛いとよく言っています。とにかく毎日のようにどこが痛いの、どこの調子が悪いのと言っています。

 もちろん電磁波や化学薬品等に対する過敏な反応はほとんど変わっていません。家の中の電気製品はかなり使用を抑えられ、電子レンジなどは早々に取りはらわれてしまいました。この夏はほとんど冷房をかけられませんでした。僕がシェーバーでひげをそりだしただけで隣りの部屋に避難しています。

 こういったことが治療が終わった時にかなり軽減されていると期待するしかありません。治療費がものすごくかかるのですが、それで少しでも妻の具合が良くなるのであれば惜しいとは思いません。何千万と金を積んでも治らない病気もあるのですから。

 幸い9月に治療を受けた時に劇的に良くなりました。ある歯の金属ネジを取り外した瞬間、ふわっと左足が軽くなったような感覚を覚えたそうです。もう帰る時はまるで別人のように元気になっていました。まるでそれまで体に覆いかぶさっていた重荷がすっと取れたように軽くなったというのです。

 その後も治療に行くたびにどんどん良くなってます。今ではだいぶ良くなって、それまでできなかった事をあれもやりたい、これもやりたいと言っています。実に驚くべきことですが、こんなことが本当にあるのですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさま歯科を他の歯医者様から紹介され、検索していたらこの記事が出てきました。どうやら私も金属アレルギーのようなのですが、その後の経過はいかがでしょうか?私は歯の中が金属だらけで一番の原因はインプラントだそうです。少し経過のお話を聞かせていただきたいと思ったのですが・・・
夏空
2015/06/26 19:04
夏空さん

 コメントありがとうございます。この記事の日付を見るともう2年半前の記事なのですね。
 幸いなことに、今の妻は全くの別人の様に回復して朝に、昼に、夕に、あれやこれやと忙しく飛び回っています。それまでは外出するのも大変で、ほとんど何もやれなかったわけですから、たまった欲求不満を一気に解消するかのように毎日嬉しそうに出かけて行きます。
 おひさま歯科の治療はほぼ終わっています。金属はすべて取り除き(歯を固定するために小さなネジまで入っていたというのですから驚きです)、最後に親不知を抜きました。これで唾液が良く出るようになったようです。後は歯を抜いた穴を埋める作業だけが残っているようです。
 以前は僕が松本まで車で送っていたのですが、去年頃から自分でバスと電車を乗り継いで通っています。今では歯の治療以外にも、文化講座などに通うために一人で松本へ時々出かけています。
 電磁波過敏症について専門的なことは分かりません。人によって恐らく様々な原因が複雑にからんでいるでしょうから、妻の様に歯の金属を取り除くことで劇的に回復する場合もあるでしょうし、また違った治療法が合う場合もあると思います。
 この「おひさま歯科」ではオーリングテストを行っています。これはどう見ても非科学的で、ネットでも散々にインチキだと非難されています。僕もこの手のものは信じないのですが、実際に見るみる良くなってゆくのですから不思議です。つまり決して万能ではなく、合う人と合わない人、合うケースと合わないケースがあるのでしょう。
 普通の病院では全く相手にもされていなかったのが、やっとここで引っかかった。普通の病気なら普通の病院で治る。そうでない一般に認知されていない病気の場合、とにかくいろんなことを試して自分に合う療法を見つけるしかないというのが現状ということでしょう。
ゴブリン
2015/06/28 12:02
お返事ありがとうございます。奥様回復なさったのですね。良かったです。日々楽しくされている様子を伺って希望の光が見えてきたような気がします。
先日、おひさま歯科へ行ってきました。やはり金属の影響で電磁波に反応してしまうようです。
金属の種類が5〜6種入っているそうです。
呼吸困難、ホルモン異常、鬱、手足のしびれや痛み、腹痛、頭痛など、ここ30年以上悩まされていました。あらゆる治療(鍼灸やびわ灸、大学病院、カイロ、仙骨治療等)を行ってきましたが、結局何も変わらずで辛い日々でした。一番の被害者は子供だったと思います。出産後すぐにインプラント手術に取り掛かったので、一番調子が悪くなって一番面倒を見なければいけない時期に子供の成長を見守ることができませんでした。
今回は取りあえずの処置として呼吸困難を少し楽にしてくださいました。劇的ではありませんが、しっかり息が吸えていると実感しました。
ですがまず初めにインプラント除去をした方が良い様で、こちらの医院では行っていないので東京の歯科医と内科医の資格をもっておられる先生を紹介していただく事になりました。
他の金属の除去はそれから徐々にしていく形です。せっかく近隣で良い歯医者様が見つかったのに少し残念ですが、奥様の良くなったお話を伺って頑張ってみようと思います。諦めていた体でした。去年お墓も購入しましたが、もう少し人生を楽しんでからでも間に合いそうでね。
お返事ありがとうございました。感謝いたします。
夏空
2015/07/01 23:16
はじめまして。ゴブリンさん。
私もおひさま歯科に興味があるのですが、どれくらい費用がらかるのか教えていただけないでしょうか?
ひより◎
2016/04/03 00:26
ひよりさん

 コメントありがとうございます。
 ただ、金額についてはあまり具体的に書くわけにもいかないと思いますので、申し訳ありませんがあいまいな言い方をさせてください。
 保険が効かないので通常より高いのですが、かといってインプラントほど高額でもありません。
ゴブリン
2016/04/06 00:57
初めまして。
奥様の体調が良い方向に向かっていったとの事で本当に良かったですね。
家族に電磁波過敏症の者がおります。
こちらのおひさま歯科に通いたいと思っています。
保険適用外の治療なので高額になっていくとの事ですが、
ちなみに1か月に1度の治療とは、1か月に1度より多くは通えないのでしょうか?
とても混んでいて、丁寧な治療を心がけているとかそう言う理由なのでしょうか?
他にも沢山質問したい事がありすぎて申し訳ありません。
教えて頂ける事で構わないので
是非宜しくお願いいたします。
もう辛いままは嫌だ、楽になりたいと言われるとどうしてあげる事も出来ずにいる自分がやるせなく、
またどうにかしてあげたいと言う気持ちがあるので、
お力お貸しして頂けましたら幸いです。
salvia
2016/04/24 01:08
salviaさん

 返事が遅くなって申し訳ありません。
 質問の件ですが、1ヶ月おきに治療を受けていたのは治療に対して過敏に反応してしまうからです。それくらい間を置かなければ次の治療が受けられないくらいひどい状態だったということです。だから1回の治療に2時間くらいかけていました。2時間時間をつぶさなければならなかったので、あの辺りはだいぶ詳しくなりました。
 2年目くらいからはもっと短い期間で治療を受けられるようになりました。しかし、その頃はだいぶ病院も知られるようになってきて患者さんが増えてきたので、予約が取りにくくなってきました。僕が送って行ける曜日も決まっているので、なおさら予約が取りにくい。それでやはり1カ月おきくらいになってしまいました。
 そういう特別な事情だったわけです。ですから、空きがあればもっと短いサイクルで治療は受けられると思います。
ゴブリン
2016/04/29 21:59
返信ありがとうございます。
送り迎えがないと奥様の体調も大変ですものね、
それで月1と言う事だったんですね。
アマルガムの安全な除去をして頂ける歯科医、電磁波過敏症の理解がある歯科医を探していたのですが、
こちらのおひさま歯科さんはどちらも該当するのでしょうか?
HPがないので、わからない事ばかりで・・・

高濃度ビタミンc点滴をしてアマルガム除去の際の防御や、ラバーダムや口呼吸はしないで鼻からの
酸素吸入をしながらの除去など、
除去の仕方や、その他、治療の種類など
もし教えて頂けたら嬉しいです。

私の母も奥様のように回復できたらと思っております。
salvia
2017/02/16 17:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
松本市の「おひさま歯科」 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる