ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 芸術むら公園点描

<<   作成日時 : 2012/10/02 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 5月6日に芸術むら公園で撮った写真です。ここはもう何度も写真を撮り、「おらほねっと」でも度々写真を掲載してきました。しかし行くたびに良い写真が 撮れるので、またブログに載せることになります。今回は今まで歩いたことのないコースも歩きましたので、意外な発見もありました。
 まず1枚目の写真。登り窯の横にある芝生広場です。カモたちが日向ぼっこをしていました。2枚目は明神池から梅野記念絵画館へ上がって行く木道のアプローチがありますが、その木道の横に咲いていたフレンチラヴェンダーの青い花。隣りに紫色の花もありました。
 3枚目は登り窯から石のパーゴラへ降りてゆく道の並木に付いていた小さなつぼみです。木肌からしてどうやら百日紅のようです。咲いた花もきれいですが、つぼみもまた可愛いですね。

画像


画像


画像


 次の1枚目は石のパーゴラを裏側から見た写真です。イギリスのストーンヘンジをまねたと思われる石の建造物。
 2枚目は紫木蓮の花。大工池をめぐる遊歩道を歩いている時に撮りました。花弁の紫と白のコントラストが美しい。
 3枚目はそのすぐ近くにあったドングリ(?)の実。何という木か分かりませんが、実の形が気に入ったのでアップで撮ってみました。

画像


画像


画像


 この日の一番の「発見」は双体道祖神です。大工池の横を歩いた後、それまで通ったことのない通りに入ってみました。その道端で発見したのが写真の道祖神です。この近辺で双体道祖神を見つけたのは初めてなので、うれしかったですね。
 3枚目はこの日撮った唯一のシルエット写真。確か新池の近くで撮ったものだと思います。

画像


画像


画像


 大工池から別荘地の様な住宅街に入り、また新池に戻ってきました。新池の向こう側には野外音楽ステージのある芝生公園が広がっています。
 1枚目の写真は芝生公園の一角から近くの住宅の方を眺めた写真です。画面左側の木の形が気に入って撮ったものです。新池は左の方向にあります。
 2枚目と3枚目は遊歩道から木立ち越しに新池を眺めたもの。

画像


画像


画像


 新池から野外音楽ステージのある芝生広場を通って明神池に戻ってきました。1枚目の写真は池横で見かけたカモたち。すっかり人間に慣れて、平気で横を通り抜けてゆきます。あまりに仲が良さそうだったので思わずアップで撮りました。
 2枚目は池傍の並木。小さな木ですが、樹形に趣があります。
 3枚目は池越しに浅間山を撮った写真です。手前にある小さな木もなかなか味のある樹形をしています。雪のない浅間山はこの角度と距離ではあまり目立ちませんが、代わりにその右側に浮かぶ雲に存在感があります。

画像


画像


画像


 最後の3枚の写真は明神池の写真です。芸術むら公園を象徴する池ですが、これだけ見事な鏡池写真はあまり撮ったことがありません。

画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
芸術むら公園点描 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる