ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 眺めのいい丘

<<   作成日時 : 2012/03/25 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 E.M.フォースターの小説に『眺めのいい部屋』というのがありますが、ここは「眺めのいい丘」とでも名付けたい場所です。正確な場所は分かりませんが、おそらく滋野甲あたりだと思います。
 昨年の12月11日は田中橋と新家池で写真を撮った後、あてもなく走りわっていてこのあたりに出ました。小諸にはなぜか甲・乙・丙のつく地名が多いのですが、滋野にも滋野甲と滋野乙があります。複雑なことに、滋野乙は東御市ですが、滋野甲は東御市と小諸市の両方にまたがっています。どういういきさつなのか、何とも不思議です。
 地名談義はともかく、このあたりは山の斜面にあるので眺めがすこぶるいいのです。4枚目の写真のあたりは、そのあたりに家がほとんどありません。まるで別荘地のようです。

画像


画像


画像


画像


 眺めのいい丘=何もない丘です。何もないから眺めがいい。しかしこの開放感はどうです。広い空と広大な台地。それだけで気持ちが豊かになります。そして何もない大地は豊かな作物を実らせる農地でもあります。浅間サンライン沿線の丘に度々行きたくなるのは、この開放感と豊かさに触れたいからなのでしょう。

画像


画像


画像


画像


画像


 田中橋の写真も載せておきます。千曲川にかかる田中橋のあたりは川幅が広くなっています。1枚目は田中橋の写真です。2枚目は田中橋の真下から下流側を撮ったものです。3枚目は逆に上流側を撮ったもの。あえて川原と土手を大きく写しています。そのせいで川幅がすごく狭いように感じますが、画面の右側を千曲川が流れており、そこは結構川幅があります。土手の上に水天宮の石碑が立っていました。その写真はコメント欄に載せておきます。

画像


画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
眺めのいい丘 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる