ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東御市新張にて

<<   作成日時 : 2012/03/25 18:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 1月7日の午後、アリオとユニクロで買い物をした後、ふらっとドライブに出ました。あてもなく東御市あたりを走り回ったのですが、ふらっと出かけて何か思いがけないものを発見するというのはさすがにもう滅多にありません。
 これといった収穫のなかった日ですが、写真も何枚かは撮ったので紹介しておきます。どこをどうたどったのかもう覚えていませんが、ふと見覚えのある場所に出ました。前橋池です。ここはどういうわけか僕が使っている道路地図に載っていません。名前が書かれていないというのではなく、池そのものが地図に載っていないのです。
 前橋池については「浅間サンライン脇道探索 せせらぎ公園を発見」という記事と、「浅間サンライン脇道探索 09年秋 6 前橋池」という記事を参照してください。
  2009年秋に行った時は全く水がなく、「まるで何かの競技場のように見えます」と書いています。形が横長の八角形なのです。長方形の4つの角を切り落とした形です。近くの横堰池同様、いかにも人工的に造った近代的な池という感じです。
 この日は水面が全面結氷していました。氷の上に積もった雪が水面に模様を描き出しています。人工的な池でも、池の表面はここも自然のアートになっています。

<参照>
「浅間サンライン脇道探索 せせらぎ公園を発見」
http://watergoblin.at.webry.info/200710/article_40.html
「浅間サンライン脇道探索 09年秋 6 前橋池」
http://sns.orahonet.jp/blog/blog.php?key=6735

画像


画像


画像


 前橋池の次に行ったのが、同じ近代的な人工池である横堰池です。何とここは全く水がありませんでした。完全に水を抜いた状態を見たのは初めてです。
 しかしこの池、どこにも水を抜く穴や切れ目が見あたりません。あの水色の塔のような所の下に弁が付いているのでしょうか。あらわになって却って謎ができました。
 その後、横堰池の近くを走り回りました。3枚目はどこからどの辺を撮ったものか覚えていませんが、とにかく雲の形が面白い。ほとんどモノクロの世界ですが、どこかユーモラスでファンタスティックな味わいもあります。いやあ、雲の写真は無限に撮れますね。

画像


画像


画像


 次は池以外の写真で印象的なものを3枚集めました。1枚目と2枚目は横一線に並ぶコニファーのシルエットに目を引かれて撮ったものです。絵的にちょっと面白いと思いました。
 3枚目は空と雲の写真です。夕暮れというにはやや早い時間帯ですが、ちょうど太陽が雲に隠れた時を見計らってあえて逆光で撮りました。

画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東御市新張にて ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる