ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の信州国際音楽村公園

<<   作成日時 : 2011/12/12 18:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 10月18日、国際音楽村の近くにあるフレンチ・レストラン「ル・ポタジェ」で食事をした後、最近完成したばかりの「信州国際音楽村公園」を歩いてきました。野外ステージ「ひびき」の裏側にあたる東側斜面に芝生広場を設置して「信州国際音楽村公園」になったのです。
 お馴染の景色は後に回して、さっそく新しく出来た芝生公園を紹介しましょう。と行きたいところですが、その前に「バッタの太鼓隊」を紹介しておくことにします。野外ステージ「ひびき」の裏側に出ると、目の前に不思議なものが見えてきます。

画像


画像


画像


 まるで酒樽を斜めに傾けて一列に並べたような形をしています。何だろう?その時は気が付かなかったのですが、後で写真を見ると、樽を支えている金属の枠組みがまるでバッタの足のように見えます。酒樽の胴体をしたバッタ。いくつかの樽からは角のようなものが伸びており、その先には小型のシンバルのような円形の金属が付いています。
 近づいてよく見ると、樽の蓋に当たる部分は金属でできています。樽が斜めに傾いているので、前に立つと金属の蓋の部分が目の前に来て、つい叩いてみたくなります。はい、それでいいのです。実はこれ太鼓でした。2枚目の写真をよく見ると、一番手前の樽にバチが吊り下げられているのが分かるでしょう。叩いてみると不思議な音がしました。
 何のためにここに「バッタの太鼓隊」を置いたのか分かりませんが、少なくとも何だろうと思って近づくと、その先に広がっている芝生公園が目に入ることになります。

画像


画像


画像


 この「バッタの太鼓隊」の向こう側に新しく造成された芝生公園部分があるのですが、その前に秋らしい紅葉の写真をお見せしましょう。今年の紅葉は例年よりも遅い気がします。まだ一部の木しか紅葉していません。全体に緑が多いのですが、何とか秋らしい色を見つけて撮ってみました(1枚目と2枚目)。一部の木を大きく写すしかないのは残念ですが、何とか秋らしさは伝わるでしょう。
 さて次の3枚目の写真が芝生公園です。コオロギ太鼓隊の所から見下ろした写真です。意外に広いと思いました。野外ホール裏の東側斜面が公園として整備されています。いつの間に作っていたのか。全く気が付きませんでした。

画像


画像


画像


 芝生公園の方へ降りてゆきました。1枚目はその途中で撮った写真です。空と遠景を大きく取った構図なので公園自体の眺めはよく分かりませんが、秋の空の美しさは伝わるでしょう。
 2枚目は芝生公園内にある円形の広場に立ち、烏帽子岳から浅間山に至る山々を眺めた写真です。周りの木々が切り払われているため眺めは抜群です。ほとんど雲のない真っ青な空に、一つだけ小さな雲が浮かんでいるのが印象的でした。3枚目は雲をアップで撮った写真です。まるでアヒルのようなかわいい雲でした。

画像


画像


画像


 1枚目は円形の広場全体が見える位置から撮ったもの。2枚目は芝生公園から野外コンサートホールの方を振り返り、見上げる角度で撮った写真です。木々はごく一部しか紅葉していませんが、この方が句から見ると紅葉した部分が一番よく見えます。3枚目は芝生公園全体を広く見渡した写真です。

画像


画像


画像


画像


 芝生広場から野外コンサートホールに戻る間に紅葉の写真を撮りました。まだこの時点ではそれほど紅葉は進んでいませんでしたが、部分的には秋を感じさせる景色が見られます。

画像


画像


画像


画像


 2枚目の写真は野外ホールの観客席を下から見上げたもの。3枚目は音楽村のメインの建物を撮ったものです。まあいつもの写真です。
 今回フィーチャーしたいのは1枚目の写真。この写真何とも不思議です。なぜって普通のデジカメで普通に撮っただけなのに、3D写真のように見えるからです。どうです?葉っぱが浮き上がっているように見えませんか?2枚目に右側の葉っぱをアップで撮った写真を載せてありますが、アップで撮っても同じように浮いているように見えるのです。
 いかなる原理でこんな現象が起きるのでしょうか。たしかマクロで撮影したと思います。それで葉っぱに焦点が合っているのだと思います。その分草の部分がややぼけているのでしょうか。それで葉っぱが浮き上がっているように感じる?そういうことでしょうか?

画像


画像


画像


 撮影当日は花がたくさん咲いていました。特にバラがたくさん咲いていました。1枚目は青空を背景にバラを撮ったもの。ワンポイントの赤い花が印象的ですが、むしろ広げた鳥の翼のように広がった茎と葉の形が素晴らしい。下から見上げるように撮ったのは正解でした。
 2枚目は赤い花を前面にフィーチャーした写真。1輪しか咲いていませんが、そのため逆にこの花がぐんと引き立っています。
 3枚目は薄ピンク色のバラの花。風が強くて花が揺れ動いていたので、やや焦点がぼけています。しかしきれいな花ですね。

画像


画像


画像


 1枚目の青い花はラベンダーです。音楽村は水仙とラベンダーで有名ですが、こんな時期にラベンダーが咲いていてびっくりしました。
 2枚目は黄色いバラ。とてもきれいです。
 3枚目は遠くの景色を背景に手前の色とりどりのバラを浮き立つように撮ってみました。まるで3D映画のようにバラが浮き上がって見えます。

画像


画像


画像


 花の写真をさらに載せておきましょう。1枚目は手前のバラに焦点を当て背景をぼかしてあります。よくある手法ですが、確かにこうすると手前の花がぐっと引き立ちます。
 2枚目は黄色いバラを思いっきりアップで撮ってみました。ここまで大きくすると迫力があります。
 3枚目はあえてつぼみを撮ってみました。しかしこのつぼみの美しいこと!まるでロウでできているかのようにつやがあります。花のつぼみが意外に美しいことは前から気づいてはいましたが、これほどとは。意識してつぼみを撮ってみようかと思うくらいです。
写真:221、207、34、17
画像


画像


画像


画像


 ラベンダーの花は上にも載せましたが、今度はまた違った角度から撮ったものです。ラベンダーの背後に箒のような草が立っていてそれが画面にどこかユーモラスな感覚を与えています。地味な写真ですが、面白い絵柄だと感じました。
 2枚目は、上の何枚かの写真と同じように、背景をぼかすことで手前の花を浮かび上がらせています。右側の紅い花が強烈に自己主張しています。
  音楽村公園で写真を撮る時に必ず写す被写体があります。3枚目の写真に写っている2本の木とその近くに置かれているホーンです。ところであの印象的な2本の木、この日それが柿の木だったことを初めて知りました。柿の実がなっていたのです。いやあビックリしましたねえ。柿の木がこんなに素晴らしい樹形になるとは思いませんでした。しかし実がなるまで気が付かなかったなんて、うかつでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の信州国際音楽村公園 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる