ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ぶらり海野宿

<<   作成日時 : 2011/11/29 11:33   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 10月16日、日曜日。深まっていた秋を一気に吹き飛ばす、汗ばむほどの快晴。こんな天気のいい日に家に籠っている手はない。妻を連れて出かける。海野宿入口にある「古粋(こいき)」というラーメン屋で昼食。ミニコミ誌『週刊上田』で紹介されていた店だが、味はいまいちだった。
 店を出た後、どこへ行くか妻と相談した。いくつか候補が上がったが、とりあえず、すぐ近くにある海野宿へ久々に行ってみる事にする。駐車場に車を入れる。料金は300円。
 秋とは思えぬほどの陽気に誘われたか、いつもより人出が多い。以前来た時よりも店の数が増えている。元々素晴らしいところだと思っていたが、さらに魅力が増したと思う。

 とまあ、いつもと文体を変えて日記風に書いてみました。久々に行った海野宿はぐっと魅力を増していました。たくさん写真を撮りましたが、今回はいつものように時間の経過の通りに記述するのではなく、一番気に入った場所から紹介しましょう。
 その場所は海野宿の中ほどにある「ガラス工房橙(だいだい)」です。いや、正確にはその2階にある部屋が素晴らしいのです。以前臼田にある「木亭」のことを紹介したことがありますが、こちらも大正ロマンを感じさせる素晴らしい部屋でした。

画像


画像


画像


 「ガラス工房橙」の2階を紹介する前に3枚の写真を載せておきましょう。1枚目は工房を窓ガラス越しに見た写真。窓の前を朝顔の蔦が張っています。
 2枚目は入口に置かれているテーブル。店の中も写したいところですが、これは遠慮して撮りませんでした。
 3枚目は階段下から2階を覗いた写真です。これだけでも何やらレトロな雰囲気が伝わってきます。

画像


画像


画像


 さて、いよいよ2階の写真です。階段の上がり口に戸棚があるのですが、上がりきって左側を見ると1枚目の写真の光景が目に入ってきます。何ともクラシッ クで味のあるテーブルとイス。いかにもガラス屋さんらしい電灯。色も店の名前の通り橙色です。そして大きく開け放たれた窓。先ほどまで通りから眺めていた景色が、借景のように窓から見えます。実に古風で風雅のある部屋です。いっぺんで気に入ってしまいました。
 2階は大きく2部屋に分けられています。2枚目と3枚目は二つ目の部屋(奥の部屋)です。2枚目は階段の上がり口に置かれた棚の裏側に当たる部分。部屋の奥に別の階段があることが分かります。
 3枚目はその左側、通りに面した側です。こちらの部屋の感じも家具の味わいもまた素晴らしい。二つの違うタイプの電灯もまた味があっていいですね。1枚目の写真に写っている手前側のテーブルに座りましたが、実にゆったりとくつろげる部屋でした。

画像


画像


画像


 ここはクラシックな部屋の造りと家具調度類が素晴らしいばかりではなく、窓を大きく開け放った時窓から見える通りの眺めがまた素晴らしいのです。

画像


画像


画像


 ちょっとしつこいですが、あまりに素晴らしい場所なので「橙カフェ」の写真をもう3枚載せます。

画像


画像


画像


 さて、海野町で素晴らしいのは何もガラス工房橙と橙カフェばかりではありません。それ以外の写真も紹介してゆきましょう。次に取り上げるのは「ふくや」という店。文字通り服を売っている店でした。今回の海野町散策で感じたことは新しい店が増えたということです。この「ふくや」も前に来た時はなかったと思います。
  売っているのは主に女性用の服なので、ちょっと中に入っただけで後は妻が出てくるまで店先で待っていました。その間しげしげと眺めていたのが店先に立っている「猫」です。どこかスタジオジブリのアニメ「耳をすませば」や「猫の恩返し」に出てくる男爵を彷彿とさせます。う〜ん、一風変わった「招き猫」の看板。宮沢賢治の世界にも通じそうな感覚。海野町もずいぶん雰囲気が変わったものです。

画像


画像


画像


 次は目についた看板の写真。旧宿場町海野宿の看板はもちろん和風です。1枚目の看板を見ると和風も悪くないですね。これは新しい看板ですが、3枚目の古びた古美術商の看板も味があります。看板と呼ぶのか微妙ですが、4枚目の写真のようなものもいいですね。
 そうそう、3枚目の写真に写っている子どもたちはどこかの小学校の生徒のようです。社会科の学習で見学に来たのでしょう。先生に率いられてぞろぞろ歩いてゆきました。

画像


画像


画像


画像


 次に店先や建物が印象的な建物を紹介しておきましょう。蕎麦屋の「福島屋」、趣味の店「もん」、和菓子・洋菓子の「大嶋屋」。どの店も町並みにしっくりとなじんでいます。

画像


画像


画像


 最終に、連載中紹介できなかった写真をまとめて載せておきます。1枚目の富士屋さんは2階の格子窓が素敵でした。2枚目は沿道の植え込みが素敵です。3枚目は「ふくや」さんの隣の建物。家紋が印象的でした。4枚目のオブジェは沿道で強烈に自己主張していました。5枚目は格子戸が印象的です。最後に通りを見通した写真も載せておきましょう。

画像


画像


画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
いつも楽しみに見せていただいています。
海野宿って、昔は、な〜んにもなかったですよね?(笑)
今はステキなところになっているんですね。
今度上田へ行くことがあったら、立ち寄りしたいです。
それから、かるかやさんというラーメン屋さんは健在でしょうか?
懐かしいなぁ〜。
もちもち。
2011/12/01 02:39
もちもちさん

 コメントありがとうございます。確かに海野宿はだいぶ変わりましたね。町並みは大きくは変わっていないのですが、店が増えてきたと思います。ただ町並みを見るだけなら一度行けばいいのですが、店ができれば繰り返し訪れる人が増えます。町並みを残しながら、町並みだけではなく買い物も楽しめる町に脱皮してゆくのなら、僕は歓迎したいと思います。海野宿が何度も訪れたくなる町に変わってゆくと良いですね。
 「かるかや」さんは行ったことがありません。ネットで調べてみたら有名な店のようですね。ずいぶん個性的な店ですね。上田の「スープ研究処 ぶいよん』を連想しました。「かるかや」さんについて今年書かれた記事もあったので、まだ健在のようです。
ゴブリン
2011/12/02 18:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぶらり海野宿 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる