ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 天空の草原へ 美ヶ原王ヶ頭 2

<<   作成日時 : 2011/08/26 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 王ヶ頭の鉄塔群の所まで行ってみたかったのですが、そこまで往復で3キロ以上あるのでその日は諦めました。いずれ日を改めて、鉄塔群や美しの塔まで散策してみたいと思っています。
 車で登ってくる時に遊歩道らしきものがあるのに気が付いていました。駐車場の反対側に行くと遊歩道の入り口がありました(1枚目の写真)。歩き始めてすぐ見えてくるのが2枚目の写真の風景。軽い上り坂ですが、すぐ天辺に着きます。道の左側を眺めたのが3枚目の写真です。道のすぐ横にケルンがあります。その向こう側に半島のように突き出た丘があり、頂上に鉄塔が2本立っています。

画像


画像


画像


 最初の小山を越えると向こう側が見えてきました。正面に車で上がってきた道が見えます。何とその道を2台の自転車が上がってきます。自転車競技の選手でしょうが、それにしてもあの延々続く坂道を足で漕いで上がってくるとは!自転車選手の脚力とは凄いものですねえ。
 2枚目の写真は1枚目より少し左側を写したもの。曲がりくねった自動車道路の横を遊歩道が次の小山をまっすぐ登っています。3枚目はその小山の左側の写真です。遠くに街並みが見えていますが、恐らく松本市だと思います。

画像


画像


画像


 その日は特に風は強くありませんでしたが、遊歩道がある尾根道は本来風が強いようです。次の写真を見てください。木の枝が片側にしか付いていません。まるで木の枝というよりも、風になびく幟のようです。たまたまこの木だけというのではなく、他にも同じような気が何本もありました。どうやらいつも同じ方向から風が吹いていると思われます。

画像


 次の写真は鉄塔が天辺に二つ立っている例の丘ですが、この写真の主役は雲です。面白い形をした雲が横長に連なり、縦に何段もの層をなしています。特に一番下の層がいろいろと創造力を掻き立てる形をしています。指を1本突き出していたり、その横に雪をかぶったラピュタのような雲が浮かんでいたり。樹氷もあるぞ。

画像


 3枚目は蜘蛛の切れ間から光が差し込む様子を撮ったもの。ちょっと神秘的な絵です。さすが標高約2000メートルの高原、天上界が近い気がします。

画像


 次は遊歩道で見つけた植物と昆虫の写真です。1枚目はウツボクサ。よく見るとウツボグサの中心に人間の顔がありますよ。2枚目は赤味を帯びた黄色い花コウリンカにとまる2匹のモンキチョウ。3枚目はハクサンフウロです。4枚目は黄色いヤマオダマキ。
写真:
画像


画像


画像


画像


 最後の3枚は帰る途中で撮った写真です。頂上あたりは草原が広がり、木はまばらになってくるのが分かります。3枚目の写真、真ん中の木の傾きようが何とも絶妙ですね。

画像


画像


画像


 次はおまけ。美ヶ原の帰りに寄った滝ヶ沢ダムです。丸子から武石に入って美ヶ原に向かう場合、ずっと62号線に沿って走るわけですが、62号線は途中までほぼ武石川と並行しています。武石川の上流に以前紹介した巣栗渓谷がありますが、そのすぐ上流にあるのが滝ヶ沢ダムです。巣栗渓谷から何度も見上げたことはあるのですが、ダムまで行く道が分からず、近くまで行ったことはなかったのです。
 美ヶ原に向かう時にダムに通じると思われる脇道に気付いたので、帰りに立ち寄ってみたのです。行ってみるとやはりダムのすぐ横に出ました。上田近辺のダムはほとんど行きましたが、このダムはかなり規模の小さなダムです。ダム湖は大きなため池程度の大きさでしょう。
 コンクリートの擁壁部分を除いて三方を山に囲まれています。そのせいか、ひっそりと隠れるような感じの存在で、静けさの中に沈んでいるダムでした。ダム横に咲いていたピンクのシモツケの花が印象的でした。

画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天空の草原へ 美ヶ原王ヶ頭 2 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる