ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 臼田の有名喫茶店「木亭」

<<   作成日時 : 2010/10/15 17:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日久々の遠出をして小海町の松原湖へ行ってきました。その途中臼田を通るので、以前行った時にたまたま休みで入れなかった喫茶店「木亭」に寄ってきました。

画像


画像


 1枚目と2枚目は店の正面の写真です(1枚目は昨年の4月に撮影したもの)。店の左半分はモリオ工藝店になっています。残念ながらそちらには行きませんでした。右半分が喫茶部分。店の主人は70代かと思われる年配の人でした。外観から想像して和風の喫茶店だと思っていましたが、実際中に入ってみると昭和というよりも大正時代を思わせるクラシカルで落ち着いた雰囲気にすっかり魅了されてしまいました。

画像


  店の主人と話をしてさらにびっくり。古い家具や調度品が置いてあるので、以前は古美術の店でもやっていたのですかと聞いてみたのです。何と以前は東京に住んでいたが、30年ほど前に親の要請で実家のある長野に戻って来たらしい。あちこち探して、今の場所に店を作ることにしたそうです。店の建物はその時新築したとのこと。にもかかわらず、どこかの古民家を改造したのかと思わせるようなどっしりとした作りなのです。
 柱などは漆で塗ってあって、使い込んだ今はいいつやが出ている。建てつけが見事で、どこもゆるんだり隙間ができたりはしていない。壁にはひび一つありません。しかも、何と障子の紙は高級和紙で、家を建ててから一度も替えたことがないというのです。これには仰天しました。手漉きで作った和紙の耐久力はすごい。30年たってもびくともしていません!

画像


 家具調度も柱の色と調和した黒っぽい色で、デザインも赴きのある素晴らしいものでした。古民家を改造して見事に生まれ変わらせた店はよくありますが、新築してこれだけ趣のある建物はめったにないでしょう。30年前にこんな趣味のいい内装と家具をそろえた感覚は素晴らしい。心底感嘆しました。

画像



<追記>
 店内に入ってすぐ写真を撮らせてほしいと言った時、御主人は驚いたような顔をされて、「こんなもの撮ってどうするのです」と聞き返されました。すぐには「はい」と言ってくれません。かといって店をほめそやしてゴマをする気もなかった。もちろん話をしている間に店の素 晴らしさに感心していることは自然に相手に伝わったようです。最後にもう一度お願いして、ようやく許可を得て、3枚だけ撮らせていただきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
臼田の有名喫茶店「木亭」 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる