ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS あんずの里を歩く 1

<<   作成日時 : 2010/08/10 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 4月10日の土曜日に千曲市のあんずの里へ行ってきました。千曲市の「あんず祭り」は前から気になっていたのですが、見に行くのは今回が初めてです。
 何せここは行きにくい。一旦稲荷山あたりまで行って、そこからまた上田に引き返すような方向に向かうのです。つまり千曲川沿いに聳える山の切れ目まで行って、その裏側に回り込むというわけです。もっと手前から山の裏側には入れればずっと近道ができるのですが、稲荷山あたりまで山に切れ目がないのです。

画像


 10日は晴天で、行楽にはぴったりの天気。稲荷山まで千曲川の左岸に沿って走り、稲荷山から千曲川を渡り392号線に入ります。しばらく走ると右側に科野の里歴史公園とその背後の山の上にある森将軍塚古墳が見えてきます。ここは昨年の8月11日に行ったところです(「千曲市 稲荷山周辺散策 その4」と「千曲市 稲荷山周辺散策 その5」を参照)。
 しかしその先は未知の世界です。途中富士見橋の信号で右折、335号線(森篠ノ井線)に入ります。そこからはあんずの里です。面白いことにあんずの里に入ると気温がぐっと上がった気がしました。

画像


 沿道にあんずの木が並木のように並んでいるのかと思っていましたが、どうやらそういうわけでもないようです。あんずの里観光会館あたりまで来るとかなりの人だかりです。竹内百貨店横の橋を渡り駐車場に車を入れる。

画像


 そこから観光コースに沿って歩きました。ちょっと歩いただけでどういうことになっているのか分かりました。観光コースの沿道やどこか公園のようなところにだけあんずの花が咲いているというのではなかった。それどころか、町中にあんずの木が植えられているのです。家の庭、お寺の境内、道路ぎわばかりではなく、とにかくスペースがあればあんずの木を植えてしまえという勢い。四方八方、あちこちにあんずの花が咲いている。ものすごい数のあんずの木だ。一面のあんずの木の間に家が建っているという感じ。そう言っても大げさではありません。これにはびっくりしました。

画像


 上の4枚の写真は観光コースの最初のあたりで撮ったもの。最初は家の庭などに咲いているあんずを撮っていました。そのうち群がっているあんずの木が目に入ってきます(4枚目、 生首ちゃんもあんずの花に見入っています)。この辺りから期待感がぐっと増してきました。

画像


画像


 とにかくこの一帯は花樹にあふれています。残念なことに、あんずと桜と梅とどうも区別がつきにくい。桃の花も似ている。どこで区別するのでしょうかね。信州ではあんずと桜と梅がほぼ同時に咲きます。一気に春爛漫という気分になります。それはともかく、どこを見ても花、花、花です。

画像


画像


画像


 上の最後の1枚はあんずの枝を思い切って接写で撮ってみました。まだつぼみのもの、花弁がつぼみから顔を出し始めているもの、そしてすでに花が開いているもの。1本の枝に様々な段階の花が付いています。つぼみの濃いピンクと花弁のほとんど白に近い薄ピンクの対比が強烈です。

画像


画像


画像


 上の最初の2枚は、あんずの林の中に何か石像のようなものがあるので近くまで行って撮ったもの。説明書きによると禅透院の鎮守神のようです(「当院」としか書かれていないのですが、おそらくすぐ近くにある禅透院を指すと思われます)。東西南北にそれぞれ鎮守神がおり、この像は東方を守る富士大権現の像です。富士大権現とは富士浅間大明神のことで、祭神は木花開耶姫(このはなさくやひめ)だそうです。しかし見た感じは西洋人のように見えます(実際マリア像かと思いました)。3枚目はあんずの木と民家。あんずの林の中に民家がある感じが伝わると思います。

画像


画像


画像


 次は禅透院で撮った写真です。一般の家の庭だけではなくお寺の庭にもあんずの花がたくさん咲いていました。いやあ徹底していますね。
 1枚目は鐘楼を左隅に入れて撮っています。黄色い花はマンサクでしょうか。青い空を背景にした二つの花の色のコントラストがいいですね。
 2枚目は空を大きく取ったもの。なんともさわやかな写真になりました。背景の空が曇り空だとこんな美しくは撮れません。信州の青い空。これ自体が財産です。
 3枚目は門から撮ったもの。境内のあちこちにあんずの花が咲いているのが分かります。

画像


画像


画像


画像


上の4枚は禅透院から展望台へ上がってゆく途中で撮った写真です。とにかくあんず、あんずです

画像


画像


画像


 禅透院から上平展望台・横島物産があるところまで上ってゆく道の左手に赤い鳥居と赤い祠が見えました(1枚目)。祠までは行きませんでしたが、こういう赤と白で塗り分けた祠は珍しい。
 2枚目は右手前方に見えた窪山展望公園。見覚えのある形です。そう、森将軍塚古墳のミニチュア版ですね。すぐ分かりました。ここは後で行ってみることにしました。
 3枚目は左手に見えていた欅の大木。写真では大きさが分かりにくいのですが、他の木と比べてひときわ大きく聳え立っているのが分かるでしょう。ここも残念ながら時間がなくて近くまでは行きませんでした。観光地図にも載っているくらいですから有名な木なのでしょう。

画像


 この後やっと坂道を登りきり、横島物産でソフトクリームを食べました。だいぶ汗をかいていたのでおいしかった。その辺りは人で一杯でしたね。すぐ横の上平展望台で一服。人心地がつきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あんずの里を歩く 1 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる