ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 武石余里のハナモモ 2010

<<   作成日時 : 2010/05/02 01:50   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 去年と同じ駐車場に車を停める。売店のおじさんに聞いたら、今年は寒い日が続いたので花が遅れているとのこと。しかし実際に歩いてみると去年より花は咲いていました。ただ、ハナモモ以外の草花は去年より少ないと感じました。花を見に来ている人は去年より若干多かった気がします。駐車場はだいぶ余裕がありました。売店のおじさんによると、日曜日以降はどっと客が増えるそうです。
去年は花が開いている木が少なかったのでハナモモの写真は少なかったのですが、今年はかなり撮りました。まず駐車場近くの写真を3枚載せましょう。

画像


画像


画像


 面白いことにやはり去年とほぼ同じところを写真に撮っています。それでも今年は去年より花が多いので撮り甲斐がある。去年はモモの花より山や草花などを多く撮っていましたから。

画像


画像


画像


 写真を見ても去年より花の色が濃いのが分かります。それだけ花が多く、大きく開いているということです。

画像


画像


画像


 逆に周囲の山は去年ほど美しいとは感じませんでした。去年は山桜があちこちに咲いていましたが、今年は全く咲いていません。昨年は常緑樹の緑と淡い桜の色が素晴らしいコントラストを作っていたのですが、今年の山は緑色のグラデーションのみです。山桜はもう咲き終わったのか、これから咲くのか。ちょっと気になります。

画像


画像


画像


 天気は快晴でしたので、空も美しかった。昨年縞模様の入った段々畑を撮ったところでは、今年はハナモモを入れて撮ってみました。家の庭に植えてあるハナモモも美しい。

画像


画像


画像


 ハナモモ以外の花も紹介しておきましょう。水仙や黄色いレンギョウ、あるいは芝桜が中でも目立ちました。一か所だけですが、ユキヤナギが見事に咲き誇っているのは見事でした。うちの庭のユキヤナギはもう花が落ちてしまいましたが、ここは上田より高度が高いので今が盛りなのですね。

画像


画像


画像


 ハナモモ以外の花をもう3枚。メイン・ロード脇に芝桜が絨毯の様に植えられていました。そのすぐ隣には水仙畑が!これは見ものでした。もう1枚。何の花か分かりませんが、石垣の下に小さな白い花がひっそりと咲いていました。

画像


画像


画像


 この辺でまたハナモモです。下の1枚目のハナモモは大木で迫力がありました。

画像


画像


画像


 昨年とほぼ同じコースをたどってきたのですが、今年は永鷄橋のところで余里川を渡って谷の反対側に行ってみました。去年は永鷄橋の写真を撮ってきた道を引き返したのです。そちらの道は住宅の前の小道で、メインの道よりもっと生活の空間に入り込んだ気がしました。こちらも花見コースに入っていて、確か名前が付いていましたが忘れました。このコースで撮った写真のうち2枚が特に気に入っています。1枚はコンクリートの円柱のようなものと(昨年サイロの写真を撮りましたが、これもサイロでしょうか)その前にしめ縄を巻いた石碑、そしてその奥にハナモモが写っています。もう1枚はかなり低いところで切り取られ、横に広がった不思議な木。全体が入るように斜めから撮ったのですが、正面から見ると何か芸術作品のように見えました。庭先のモダン・アート。武石は侮れませんよ。

画像


画像


 ぐるっと回ってまた駐車場に戻りました。駐車場近くのメイン・ロード沿いに素晴らしい一角がありました。最初はハナモモ並木がある小道の方を進んだので、ここは通らなかったのです。その時からここが気になっていました。ここは一段高いところに木が植えられているので、枝がまるで頭上を笠のように覆っており、下から花を撮れるのです。いやあ、いい写真が撮れました。ハナモモの間に紡錘形のコニファーが植えてあるので、色彩的にもコントラストがあって素敵な一角でした。

画像


画像


画像


画像


 余里のハナモモはここまでですが、帰る途中に子檀嶺神社(こまゆみねじんじゃ、因みに青木に子檀嶺岳という山がありますが、こちらは「こまゆみだけ」と読みます)に立ち寄しました。ここは今年御柱祭を行ったところですが、その時は行きませんでした(有名な諏訪大社の御柱大祭にも行ったことはありませんが、今年は生島足島神社の御柱大祭を見てきました)。子檀嶺神社は鳥居から神社下の階段までの参道を桜が囲んでいます。残念なことに、時期が遅いので葉桜になっていました。
 神社はこれと言ってみるべきものはなかったのですが、二つの社殿の間をつなぐ廊下が異様に長いのには驚きました。これは珍しい。しかし一番の収穫は、雲です。神社の上にシャチかクジラのような雲が出ていたのです。神社の屋根のシャチホコと一緒にその雲を撮ったのが最後の1枚。こんな雲が撮れるとはラッキーでした。これまで何百枚と雲の写真を撮ってきましたが、こんな面白い雲を撮ったのは初めてです。雲は刻々と形が変わります。現に、この時もカメラをバッグにしまってふとまた雲を見上げると、下あごがなくなり体の形もだいぶ崩れていました。その間わずか30秒ほどです。雲との出会いはまさに一期一会ですね。

画像


画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
武石余里のハナモモ 2010 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる