ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪の武石2010

<<   作成日時 : 2010/03/28 01:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 3月8日、今年もまた雪深い冬の武石に行ってきました。3月の武石は去年の秋に紅葉を撮りに行った時とは全く違う冬の顔を見せていました。62号線を上り、上武石を過ぎ武石下本入あたりまで来ると目に見えて雪が多くなります。
 まず最初に、去年もほぼ同じ時期(3月1日)に行った福寿草群生地に立ち寄りました。去年は例年に比べ花の数が少なすぎて予定されていた催しも中止になったので、今年はどんな様子か気になったからです。

画像


 行ってみると去年より雪が多い。10センチは積もっていました。これではまだ福寿草も雪の下だろうと思ったのですが、一部雪が少ないところにほんのわずか顔を出していました。 花もまだ十分咲ききっていません。

画像


 塩田あたりではあちこちで福寿草が咲いていますが、高度も上田より高く雪も多い武石ではこれから咲き始めるわけです。1年で回復するとは思えませんが、気になるので機会があれば3月中にまた来てみよう。

画像


 今回は福寿草群生地からの雪景色です。1枚目の山は昨年秋の「紅葉の武石を行く」シリーズでも撮った山ですが、冬は黄色や赤の世界から白と灰色の世界に一変します。

画像


 2枚目は福寿草群生地の森の木を撮ったもの。枝葉の上に雪が分厚く降り積もり、枝がしなっています。空に一部青い色がのぞいているのが唯一この画面に色を与えています。

画像


 3枚目は福寿草群生地の遊歩道沿いの眺め。一わたりぐるっと回って駐車場へ戻るあたりです。遊歩道には雪が10センチほど積もっているので歩きにくい。下り坂では何度も滑りそうになりました。

画像


 福寿草群生地を出て、次に美ヶ原に行ってみようと思ったのですが雪で道が閉鎖されていました。やむなく引き返して、昇り口の観光センターのところに車を停めて撮ったのが次の3枚の写真です。1枚目は雪が降り積もった山の木々を撮ったもの。自然の生みだした造形美。芸術的な美しさを感じます。

画像


 2枚目は観光センターの向かいにある水車小屋。観光用の建物ですが、さすがに絵になります。

画像


 3枚目は山の頂をアップで撮ったもの。頂上あたりを白い雲が覆っています。雪の武石の美しさは並々ならぬものがあります。

画像


 観光センターを出た後、すぐ近くにある武石川の写真を撮りました。武石川もこの辺りは渓流の趣があります。雪の渓流。期待したほどではありませんが、それでも十分絵になる光景です。

画像


 以前雲渓荘に行く道沿いにある小沢根川の雪景色を撮ったことがありましたが、うまく撮れませんでした。川の雪景色を撮るのは難しい。それなりの写真は撮れるのですが、絵葉書のような美しい写真はなかなか撮れない。今回はまずまずといったところでしょうか。

画像


画像


 冬の武石の最後はこれまで何回か紹介してきたお仙が淵あたりの写真です。1枚目はお仙が淵のやや下流にかかる木橋「かじか橋」と東屋を下流側から撮ったもの。この橋はおととしの2月8日に見つけたのですが、その時は膝上まで埋まるほど雪が積もっていたのでとても近づけませんでした。

画像


  2枚目は道路から巣栗渓谷の下流側を撮ったもの。谷間全体が雪に埋もれて何やら壮絶な景色です。

画像


 3枚目はお仙が淵のすぐ下流側を撮ったもの。両 岸が切り立った岩なので前回紹介した下流の渓流部分に対して渓谷という印象です。

画像


 この「滝」の横に下まで降りられる道が付けられています。雪が積もっていて滑りやすいので、冬場は危険です。 それでもどうしても滝を真正面から撮りたくて手すりにつかまりながら慎重に降りてゆきました。

画像


 あちこちに恐竜の牙のようなつららが垂れ下がっています。前回撮った渓谷の写真は下りる途中で撮ったものです。川のところまで降りてくると階段や手すりはなくなり、大きな丸い石に雪が積もっています。足を滑らさないように丸石の上を伝い、できるだけ「滝」の正面に出るところまで行きました。

画像


画像


 「滝」からのしぶきがすごい。レンズを濡らさないようにさっとレンズを向けてシャッターを押す。幸いなんとかうまく撮れました。

画像


画像


 「お仙が淵」が正確にどのあたりを指すのか分からないのですが、おそらくこの「滝」からかじか橋のあたりまでを指すのではないでしょうか。そのあたりまでは渓谷の趣で、その先は両岸の崖がなくなり渓流の趣に変わります。

画像


画像


  ほとんど知られていない場所なのですが、ここは一度行ってみる価値があります。かじか橋から巣栗キャンプ場あたりまで渓流沿いに遊歩道が付いています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、おらほネットもいつも拝見しています。
ところで、満月の夜に撮影された事はありますか?。一眼レフは持っていないのですが、私の使っているデジカメだと、ISO400 F2.8 30秒で、全く照明の無い場所でもまるで真昼の様な不思議な写真が撮れます。是非お薦めです。
あれちうり
2010/04/19 00:20
あれちうりさん

コメントありがとうございます。おらほネットの方もご覧になっていただいたのですね。

僕はデジカメのごく基本的な機能しか使っていません。その場の思いつきで撮っているのです。三脚も持ってはいますがまだ使ったことがありません。ですからこういうご指摘をいただくととても参考になります。

あちこち説明書を読まないと教えていただいた設定に出来ないと思いますが、夜間撮影はほとんど未知の世界なのでいつか満月の夜に試みてみようと思います。
ゴブリン
2010/04/19 12:13
こんにちは、先日書き込んでおいてすっかり忘れてました。スイマセン。
本当は11月から3月頃が、空気が澄んでいて撮影しやすいのですが、満月かその前後位の勿論月が良く見える日に、マニュアルモードで上の設定にして、月を背にして何でもいいので一枚撮ってみて下さい。きっとあまりに綺麗に写るのでびっくりされると思いますよ。少し暗かったらISO800か60秒で。もしかしたらAUTOのままでも撮れるかも知れませんが。
ちょうど明日満月で夜は晴れる様なので、お家のお庭で充分ですので是非試してみて下さい。
あれちうり
2010/04/27 16:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪の武石2010 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる