ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴブリンお気に入り・おすすめの店 その2

<<   作成日時 : 2010/02/06 14:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「CAFE たわわ」
 土曜日のお昼にやっと近所にあるカフェ「たわわ」に行ってきました。2、3か月前に発見していたのに行ってみる機会がなく、一足違いで『週刊上田』に先を越されてしまったのが悔しい。
 まだ真新しい店です。庭もまだ作りたて。市松模様に芝が張ってあります。中に入ってみると一見して女性向きの造りだと分かります。入り口近くにアクセサリーやバッグの類が置かれています。

画像


画像


 テーブルは3つしかなく、すぐ満員になってしまう感じです。実際僕たちの前に2組の先客がいてもう満員になってしまいました。後から来た女性二人客は時間をあけてもう一度出直してきました。

画像


 若い女性オーナーシェフが一人で切り盛りしているので客が多いと待ち時間が長くなります。店の規模からして人手が雇いにくいのでしょう。
 多少待たされましたがランチ(850円)はなかなかおいしかった。ただ欲を言えばもう少し豊富なメニューが欲しい所です。天井のライトは蛍光灯ではなく丸電球を使い、壁は珪藻土で塗られています。1年もすれば庭も立派になるでしょう。

画像


 少し時間をずらして込まない時間帯に来ればいいかもしれません。ランチはいつでも用意できるそうです。
2010年1月23日撮影


「香吃大食堂」
 昨日(14日)の夜「香吃(シャンチー)大食堂」で食事してきました。週刊上田に紹介されていたのを見て、さっそく行ってきたわけです。いやあ、どれを食べてもおいしかった。ここはもうお気に入り、かつおすすめの店です。

画像


画像


 場所は「こぶたや」(旧仏蘭西亭)の向い。1階がカウンターになっていて、2階が掘り炬燵式の座敷になっています。今風にいくつもの部屋に分かれています。

画像


  2人で行って、台湾風辛いラーメン(3枚目の写真、780円)と台湾風辛いはるさめヌードル(780円)、サラダ(2枚目の写真、上に春巻きの皮を揚げた ものがかぶさっています)、イカの料理(名前は忘れました)、杏仁豆腐を頼みました。どれもおいしかったですよ。台湾風辛いラーメンは独特の香りがします が、食べているうちに気にならなくなります。スープが実においしい。辛いのにほとんど飲んでしまいました。

画像


画像


 最後にデザートとして食べた 杏仁豆腐がこれまた絶品!何もつけず杏仁豆腐だけがおぼろ豆腐のような形状で出てくる。チェリーものっていないし、汁もない。自信の表れでしょう。こんな においしい杏仁豆腐を食べたことはありませんでした。今度は一人1個ずつ頼もうと思ったほどです。

画像


画像


 値段も手ごろですし、量も麺類など以外は小と中があるので食べきれなくなる心配はありません。本当におすすめです。皆さん、ぜひ行ってあげてください。
2009年9月14日撮影


室賀のおすすめレストラン「山笑」
 室賀の「ささらの湯」の手前に新しいレストランがオープンしました。Hatake Cafe「山笑(やまわらう)」です。出来る限り無農薬有機栽培の野菜や米を使用し、調味料も無添加で自然のものを使用するというこだわりを持ったお店です。

画像


画像


 ランチは「炒め玉ねぎと彩り野菜のカレー」、「おかずとスープとごはんのセット」、「ナンプレート」の3種類があります。いずれも1150円。「おかずとスープとごはんのセット」を頼みましたが、その日のスープはけんちん汁でとてもおいしかったですよ。

画像


 店内はごてごてと飾りすぎず、照明や調度品の趣味も良い。若い女性店長さんもかわいい。2階には6畳間くらいの広さの隠れ家的客席があります(丸テーブルを囲んで床に座る)。

画像


画像


 もうすっかり気に入って、お気に入りレストランの仲間入りです。おすすめですよ。場所は室賀郵便局を20メートルほど行ったところを右に入ります。看板が出ているのですぐ分かります。
2009年4月26日撮影

 その後何度か行ってきたので追加の写真を載せておきましょう。5月5日と7月12日に撮影したものです。

画像


画像


画像



おすすめカレー屋さん「アノンド」
 上田にはカレー屋がいくつもありますが、最近おいしい店を発見しました。18号沿いのショッピングタウン・ユーメイト(デイツーなどが入っているショッピング・モール)の中にあります。
 ここのランチバイキングは850円で食べ放題。4つの窪みがある金属製のお皿に4種類のカレーを入れる。ナンは山盛り運んできてくれました。カレーをつけながら食べるナンがおいしい。インド風カレーが若干苦手な僕でもこれはおいしいと思った。

画像


 新聞折込のチラシにあるサービス券を使うとチャイが無料に。この店のチャイはシナモンの香りが効いていて実においしい。ぜひお試しを。
2009年4月12日撮影


「貴族の森」
 14日の土曜日は市民の森に行きましたが、その帰りに「貴族の森」に寄ってみました。ここに入るのは初めてです。
 いやあ、なるほど「珈琲哲学」によく似ている。2つの塔を備えたお城風の建物はほぼ同じコンセプトと言っていいでしょう。

画像


画像


 内装もよく似た感じです。この日は奥まった小さく区切られた一角に案内されましたが、「珈琲哲学」にも同じような一角があります。メニューも似ていますね。

画像


 しかし同系列ではないのにこんなに似たレストランがあるというのも不思議な感じです。気分しだいで、というよりどっちが近いかで使い分けるというものでしょうか。
2009年3月14日


カフェ「ガ−デンベリー」
 「ガーデンベリー」は別所温泉の大湯の近くにあるカフェです。入り口も店内も狭いのでつい見逃してしまいがちな店です。それがかえって隠れ家のような雰囲気をもたらしているともいえます。

画像


 ここの存在はだいぶ前から知ってはいたのですが、ずっと入りそびれていました。やっとこの前の日曜日に入ってみました。細長い店で席数もあまりありません。入り口近くにカウンター席が数席、奥のテーブルに4、5人座れる感じでしょうか。まあ10人も入れば満杯でしょう。

画像


 テーブル席の大きな窓から、その向こう側にある箱庭のようなスペースが眺められます。このスペースがなかなかいい。時々小鳥がやってくるようです。今はえさが豊富な時期なのであまり来ませんが、秋から冬の時期は餌に釣られて結構やってくるそうです。

画像


 店内の雰囲気も良く、女性の店主も感じのいい方でした。結構おしゃべりが好きな方のようです。メニューは喫茶がメイン。この日は北欧紅茶「森の精」というのを頼みました。とても香りのいい紅茶でしたよ。
2009年6月14日撮影


「王記茶屋」
 「王記茶屋」は上田バイパスのツルヤの斜め向かいあたりにある中国家庭料理の名店。ちょっと場所が分かりにくいので、初めての人は少し迷うかも。すぐ近くにスープ研究処「ブイヨン」があります。ただしこちらはまだ中に入ったことがない。

画像


画像


「王記茶屋」はあまり日本人の味覚に合わせていないので、本格的な中華料理が味わえます。中華料理独特の臭いがやや気になりますが、だいたいどれを頼んでもおいしい。上田市内の中華料理店では赤坂上の「華龍飯店」(早い、うまい、安いの三拍子がそろった店)、福田の「満堂紅」と並んでよく行く店です。

画像


画像


北京料理が中心のようです。お気に入りは北京麺、卵とキクラゲとトマトの炒め物、トマト玉子炒めあたりかな。
2009年6月14日撮影


喫茶「婆夢」
 昨年5月に御牧原のため池群を撮りに行った時にたまたま発見した洒落た喫茶店。「婆夢」と書いて「ばあむ」とよみます。423号線の大池と双子池の間にあります。とても美しい建物で、正確な場所が分からなくてもすぐ見つかります。それくらい目を引く建物です。

画像


画像


 女性の経営者に聞いてみると、4年前に開店したということです。内装は落ち着いた感じです。またため池を撮りに来た時にでも寄ってみたい、そう思わせるいい店でした。
2009年5月23日撮影

画像


画像



スモーク工房・喫茶「ナラティ」
 3月19日に前から気になっていたスモーク工房・喫茶「ナラティ」に入ってみました。いい天気だったので外のベランダ席に座りました。しかし3月中旬にしてはとんでもなく暑い日で、体に陽が当たっていると暑くてたまらず、椅子を日陰に移動したほどです。
 アイスコーヒーを頼みました。なんとまあ3月の中旬だというのにアイスコーヒーを頼むとは。

画像


画像


画像


  アイスコーヒーの前にスモーク・チーズが運ばれてきました。リンゴの木でスモークしたものだそうです(サクラとリンゴの2種類のスモークがある)。木の香りがしておいしかった。内装もなかなかどっしりとしていて、テーブルや装飾品も趣味のよさを感じさせる店でした。去年の5月に開店。まだ1年たっていない ピカピカの店です。高台の上にあるので、ベランダからの眺めもいいですよ。
 「ナラティ」の内部も紹介しておきましょう。白壁を少なくして板を多く使っているので、全体に茶色主体で落ち着いた雰囲気です。3枚目はベランダからの眺めです。
2009年3月19日撮影

画像


画像



イタリアンではここが一番「パパ・オルソ」
 上田駅からメイン・ストリートを少し上がって、信号を左に入ったところにあるイタリアン・レストラン「パパ・オルソ」。上田周辺にイタリアン・レストランはいくつもありますが、僕はここが一番おいしいと思います。

画像


画像



昨年5月の夜久々に行ってみました。夜はコースしかなく、一番安いので2000円コースでした。この日は2800円コースを頼みましたが、やはりここの料理は絶品でした。味と満足感からすれば決して高くはない。

画像


画像


  店の内装も魅力のひとつです。ある雑誌に載っていましたが、店の主人が教会で使われていたアンティークの椅子を気に入り、それが似合う内装の店にしたいと思ったのが店作りのきっかけだったそうです。そして内装のモデルになったのがイギリスの絵本作家ジル・バークレムの「のばらの村のものがたり (Brambly Hedge)」という絵本だったそうです。英語版を何冊か持っていますが、あの絵は本当に魅力的です。行った時にはぜひその内装や家具にも注目してみてください。
2009年5月9日撮影

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴブリンお気に入り・おすすめの店 その2 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる