ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 臼田散策

<<   作成日時 : 2009/12/03 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年の4月24日に臼田を散策してきました。ちょっと事情があって佐久総合病院まで人を連れて行くことになったからです。この有名な病院に行ったのは初めてです。ものすごく古い建物と新しい建物が混在しているのに驚きました。
 診察が終わるのを待っている間病院の近くを散策してきました。以前龍岡城五稜郭に行った時に立ち寄った稲荷山公園にまず行ってみました。前回は冬だったので建物や歌碑などを中心に撮りましたが、今回は花や鳥をたくさん撮りました。次の1枚目の写真はキセキレイと思われます。のどが黒くてお腹が黄色。顔の白い線の入り方と尖ったくちばし。2枚目は枝に逆さまにとまっている鳥。何の鳥かは分かりません。こんなとまり方もするのですね。

画像


画像


 次は公園内で撮った花の写真。下の1枚目はミツバツツジ。こんな立派なミツバツツジは見たことがありません。2枚目は山吹。山吹の黄色は深みがあって好きです。3枚目は何の花か分かりません。上のミツバツツジのそばに生えていました。

画像


画像


画像


 しかし稲荷山公園での一番の収穫は下の2枚の写真です。崖の下にある祠が何とコンクリートに塗り込められています。崖がもろくて崩れそうなのでコンクリで固めたのでしょうが、こんな状態になった祠をみたのは初めてです。こういう珍しいものを発見できるのでぶらぶら歩きは止められません。

画像


画像


 2枚目は普通の祠ですが、その前に置かれた童顔のお地蔵さんがなんともかわいくてシャッターを押しました。

画像


 小さな池(水のない空池です)を挟んでその祠の反対側に句碑がありました。「冬晴や八ヶ岳を見浅間を見」と刻まれています。ある方に教えていただきましたが、作者は高浜虚子だそうです。虚子は小諸に3年間ほど疎開しており、県内に句碑が20数基あるそうです。多くは小諸・佐久に集中しているとのことです。

画像


画像


 臼田の佐久総合病院前の通りにはレトロな建物が結構残っています。地元の方には失礼ですが、時代に取り残されたような町並みでした。しかしそこで懐かしいものを発見しました。日用雑貨店「亀田屋」とその前にある懐かしい円柱形の郵便ポスト!こういう雑貨屋さんはもう久しく見かけたことがなかった。そしてなんといってもあのポスト。この懐かしい円柱ポストがまだ現役で立っているとは!初めて歩く場所には思わぬ発見があるものです。(その後あちこちで発見。まだ結構残っているようです。)

画像


画像


 後で地図を見てからわかったのですが、臼田は佐久甲州街道の宿場町だったのですね。臼田宿という文字を見て、もっと奥まで入っておけばよかったと後悔しました。それでもちょっと裏通りに入ったときに、古い町らしい雰囲気を漂わせている一角を見つけました。特に目を引かれたのは茶色の土塀ときれいな水が流れる水路。土塀の一部が水路をまたいでいるのが印象的でした。

画像


画像


画像


記事を書いた後ある方から教えていただきましたが、写真の通りは旧佐久甲州街道で、土塀のお宅は島崎藤村の娘さんである柳子さんが嫁いだ井出家だそうです。奥座敷が県宝となっているとのこと。偶然ですがすごいお宅を発見してしまいました。なお、このあたりは井出生命姓が多く、酒屋「橘倉」の井出家は井出正一氏、井出孫六氏らを輩出しているそうです。

画像


画像


画像


 2枚目と3枚目の水路はたぶん同じ水路です(上の井出家の近く)。1枚目は少し離れているのでまた別の水路かと思われます(稲荷山公園の近く)。このように住宅の間の狭い隙間を水路が流れています。これがまたなんとも風情を感じるのです。特に2枚目のあたりは緑に囲まれていて美しいとさえ感じます。水もきれいで、地域の方たちが水路を大事にしていることが伝わってきますね。

画像


 臼田を歩いていた時ぜひ行ってみたい店が一軒ありました。『NAO グルメ大図鑑2008』で紹介されていた店で、ぜひ行ってみたいとかねがね思っていました。それが上の写真に写っている和風喫茶「木亭」です。昨年の11月に聲明とチェンバロのコンサートを聴きに行ったついでに入ってみたかったのですが、残念ながら時間がなくて寄れませんでした。おおよその場所しか知らなかったのですが、すぐ見つかりました。しかし、不運にもその日は閉店でした。ああ残念。

画像


画像


 上の1枚目の写真に写っている建物は佐久病院のすぐ近くにあります。実に立派な建物でした。こういう建物があると町並みがぐっと引き締まりますね。2枚目の建物はユニークさに目を惹かれました。ごつごつした外壁。他では見たことがありません。

画像


画像


 さて、臼田散策の最後を飾るのは弥勒寺。佐久総合病院と臼田小学校の間にあります。天台宗のお寺だそうです。鋳銅箔渡金花瓶が県の有形文化財、弥勒寺板碑が市の有形文化財に指定されています。

画像


画像


 門を入ると約100メートルにおよぶ参道の両側に大きな石灯ろうが等間隔に続いています。その間にボタンが植えてあり、このお寺はボタンの花で有名なようですね。本堂前にある樹齢300年の松に宿るしだれ桜も有名だそうです。松の木の間から桜が生えています。土台が石で作られている鐘楼も印象的でした。

(本稿は今年4月に地域SNS「おらほねっと」に連載した記事をまとめたものです。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
臼田散策 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる