ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 天然ドライフラワーの森

<<   作成日時 : 2009/11/02 11:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 3月1日に武石の唐沢地区にある福寿草群生地に行ってきました。武石を横断する62号線をだいぶ先まで行くとさすがに雪が残っていました。しかし去年に比べると雪の量はずっと少ない。何しろ去年の2月9日に武石の巣栗渓谷に行った時には「白い世界に膝まで埋もれて〜真冬の武石」という記事を書いたくらいですから。

画像


 去年と比べるとだいぶ雪が少ないとはいえ、福寿草の群生地は大部分が雪で覆われていました。地面から顔を出している福寿草は少なく、花を開いているものはほんの数本しかありませんでした。土曜日に行った青木では見事に咲いた福寿草と出会ったのですから、武石がいかに雪の多い地域か分かります。

画像


画像


 しかしその後、すぐ隣にあるアジサイ公園へ行って実に面白い光景を目にすることになりました。なんとアジサイの花がまるでドライフラワーのようになって散らずに残っているのです。

画像


画像


薄茶色の丸い塊が林のあちこちに並んでいる。それはなんとも不思議な景観でした。こんな光景は初めて見ました!

画像


画像


 何か奇妙な異空間に迷い込んだ感じでした。写真ではそれが十分伝わらないのですが、それはそれは不思議な光景でした。

画像


画像


 武石の福寿草群生地とアジサイ公園では面白い写真がたくさん撮れました。次にシルエット・ロマンス風に撮ったものを紹介しましょう。下の2枚はアジサイ公園で撮ったものです。

画像


画像


もう1枚は福寿草群生地で撮ったものです。白黒映画には独特の美しさがあるように、あえて逆光で撮ってシルエット写真にすると、また違った世界が写ります。思わぬ効果が得られます。

画像


 3月1日の武石散策は実りの多い日でした。福寿草群生地とアジサイ公園の他に巣栗渓谷、美ヶ原に上る464号線の登り口にある観光センター(水車小屋があるところ)、さらには道の駅「マルメロの駅ながと」を回り、1日で134枚の写真を撮りました。

 僕は行った場所がどんなところか分かるような写真を撮るようにしていますので、記録性を重視して撮っています。しかし歩いている時にたまたま面白いものを見つけることがあります。別に行った場所を特徴付けるものではありませんが、写真として面白いので載せておきます。次の写真はいずれも生命の息吹きを感じさせる写真です。1枚目はコスモス公園で見つけた新芽。茶色い殻の中からくすんだ緑色の葉が見えています。

画像


 次の2枚は巣栗渓谷の滝のところで見つけた天蚕(てんさん、自然の蚕)のさなぎ。茶色が支配的な中でさなぎの抹茶色が目に鮮やかです。

画像


画像


 目に鮮やかな緑つながりでもう1枚。アジサイ公園で見つけた貴重な緑です。

画像


茶色の中の茶色も撮りました。アジサイ公園で撮った松ぼっくりと福寿草群生地で撮った栗のイガです。

画像


画像


「マルメロの駅ながと」では三輪自動車を見つけました。

画像


 次の2枚は観光センターで撮ったもの。見るからに寒そうな鉛色の空の下、1羽の鳥が毅然として前を見て佇んでいます。そのきりりとした表情!恐らく雷鳥と思われます。小鳥はチョコチョコと動いて写真を撮りにくいのですが、この鳥なら誰でも安心して撮れます。

画像


もう1枚は同じ場所から撮った山の写真。なんとも寒々とした風景です。

画像


 武石の福寿草群生地・アジサイ公園を見た後、巣栗渓谷、観光センターを廻って引き返しました。ちょっとのどが渇いたので喫茶店に入ることにしました。来る時に「エバーグリーン」という喫茶店の看板を見かけたのです。

 看板のところで左折。しばらく進むと武石川にかかる小さな橋を渡ります。映画「めがね」ではありませんが、道を間違えたかと不安になった頃に(と言っても大した距離ではなく、看板には600M先と書いてあります)右側に普通の民家のような建物が見えてきます。ゆっくりと走れば家の正面にUCCコーヒーの看板が見えるはずです。そこが喫茶「エバーグリーン」です。武石のオアシスのような場所です。看板を見落とすと分かりにくいのですが、大布施というあたりです。

画像


 女性オーナーは気さくな方でした。聞くと、以前は創造館の近くに店があったそうです。近所の知り合いらしい先客の女性も気さくな方で、そのあたりでは春は桜が見事で、秋は紅葉が見事なので、ぜひその時期にも来てみるといいとすすめてくれました。コーヒーもおいしかったですよ。

 観光パンフには、大布施あたりは彼岸桜の名所だと書いてありますが、紅葉が見事だとは知りませんでした。地元の人たちがきちんと下草を刈って山を整備しているそうです。武石川のあたりと店の裏にある山の紅葉は実に見事だそうです。やはり地元の人の情報は貴重ですね。

(この記事は約半年前に地域SNS「おらほねっと」に連載した古い記事をまとめたものです。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天然ドライフラワーの森 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる