ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 青木村郷土美術館と大法寺

<<   作成日時 : 2009/07/10 13:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月16日(土)に青木村郷土美術館へ行ってきました。板画家の森獏郎さんのお話を聞き、展示を見てきました(森さんは「版画」ではなく「板画」とあえて言っているようです)。話の中で特に面白かったのは、彼は基本的には墨で摺っているが、色つきのものは紙の裏側から絵の具で彩色しているということ。和紙に色がにじむ感じは表側からよりも裏からつけたほうが良いらしい。

 また、話の中で興味を持ったのは青木村細谷出身の俳人、栗林一石路(いっせきろ)。本名は農夫と書いて「たみお」と読ませるというのですからすごい。森さんの話を聞くまで全く知らなかった人物です。プロレタリア俳句を作り、治安維持法で2年間ほど投獄された経験の持ち主。さすが義民の里青木村、すごい人を排出していたのですね。



090516_11090516_9090516_10








義民といえば、以前夫神庚申堂の前に立っている義民を詠った句碑の写真を「青木村散策2 義民の里」 という記事に載せたことがあります。写真を撮った時は作者名が不明でした。何とその作者は栗林一石路だったのです。美術館でもらってきた一石路のパンフを見て知りました。青木村という所はつくづくすごいところだと思いましたね。栗林一石路の句に森さんが板画と文章をつけた『石ころみちの唄』を買い求め、森さんのサインを頂いてきました。
 
 展示を見た後は美術館の隣にある喫茶室で一休み(美術館のみは200円、喫茶付きなら500円です)。それほど広くはありませんが落ち着いた雰囲気の喫茶室です。僕は珈琲を頼み、連れは抹茶を頼みました。それぞれにお菓子がつきますが、珈琲についてきたのは落雁。2つあるうちの一つは大法寺の三重塔をかたどったものです(美術館は大法寺のすぐ隣にあります)。もちろん甘くておいしかったですよ(僕は甘党です)。
 
 3枚目の写真は青木村郷土美術館向かいにある栗林一石路の句碑。「シャツ 雑草に ぶっかけておく」。何とも素朴で豪放な句です。「ぶっかけておく」という粗野な口語表現がとてつもない効果を上げています。こんな分かりやすくて力強い俳句はそうないでしょう。



090516_3090516_5090516_19








青木村郷土美術館の前に坂道には五百羅漢像が20体ほど並んでいます。五百羅漢とは第1回の仏典編集に集まった500人の弟子をいうようです。 Wikipediaでは「釈迦の弟子たちの修行の姿が理想化され、五百羅漢図や羅漢像が作られ、正法護持の祈願の対象となった」と説明されています。
 
 しかし、ずいぶんと人間くさい弟子たちですな。膝を抱えて大口を開けていたり、酒を喰らっていたりと、われわれ凡人と変わらぬ様々なしぐさをしています。だからこそ魅力的です。一人ひとりのしぐさを見ていると思わず笑みがこぼれてきてしまいます。あんぐりと開けた大口の中や盃の上などにお賽銭が載っているのを見ると、庶民に愛されていると感じますね。



090516_38090516_37090516_4








大法寺の五百羅漢像はとにかく一人ひとりがユニークで面白い。中には顔を寄せ合って何か耳打ちしているもの、「夢」と書かれたつぼを抱えて恵比須顔のもの、頭に手を当て照れているもの、あごに手を当ててなにやら思案顔のもの、実に様々な姿を見せてくれます。金の入った壷を抱えてにんまりというのも人間くさいですが、夢の入った壷を抱えているというのが良いですね。どんな夢なのか、きっと見る人の夢がどんなものかによって違ってくるのでしょう。



090516_7090516_12090516_16








顔も表情も一人ひとり違う。超然としているのではなく、あくまで人間くさいところが魅力です。羅漢さんというよりも人間観察のつもりで眺めると良いかもしれません。



090516_11_2090516_17090516_20








青木村郷土美術館、五百羅漢像と書いてきましたが、大法寺といえば三重塔を載せないわけには行きません。安楽寺の八角三重塔や前山寺の三重塔と並んで有名な塔です。この三重塔は背景の景色とともに眺めると実に美しいのですが、残念ながら縦長の写真では背景がうまく写りません。

 3枚目は青木村郷土美術館前の道で見つけたマンホールの蓋。同じ図柄の蓋は以前写真に撮っていたのですが、カラー版は初めて見ました。アイリスを図案化した絵柄がかわいくて気に入っています。



090516_34090516_36090516_26












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
青木村郷土美術館と大法寺 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる