ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 寄せ集め写真集

<<   作成日時 : 2009/05/05 00:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世間遺産 不思議発見
 
 藤田洋三氏の著書に『世間遺産放浪記』(石風社)という面白い本があります。世界ではなく世間というのがいい。町のあちこちでふと目に留まった面白い、あるいは不思議な建物や光景を集めた写真エッセイです。

 僕自身もふと目にした光景などをこれまで積極的に撮ってきましたが、もう少し意識的に取り組んでみようと思っています。かといって思い当たるものがそれほどあるわけではないのですが、半年に1枚程度でも面白い写真が撮れたらこのシリーズの記事として載せようと思っています。

 その記念すべき第1回。分かる人はすぐ「ああ、あれか」と分かるでしょう。143号線の塩田入り口の信号近くにある蕎麦屋さんの屋根です。屋根の上に味噌樽のような 物が乗っている不思議な建物です。写真をよく見るとその「味噌樽」の上に甕のような物が被せてあります。

 だいぶ前から写真を撮りたいと思いながらも、チャンスがありませんでした。それが先日たまたま向かいにある「サンタの創庫」に行く用事があり、その時にやっと写真を撮ることができました。ところで、あの「味噌樽」は何のために付いているのでしょう。



081228_1









夜の足湯ななくり
 
 12月の30日に撮った画像です。これまで暗くなってからの写真は夕やけか月くらいしか撮ったことはなかったのですが、夜の写真も独特のムードがあっていいですね。また写真の幅が広がりました。

 足湯ななくりは正月を控えて飾り付けがされていました。2枚目はそのすぐ隣にある湯かけ地蔵。3枚目はその横にある街灯の写真。なぜか写真に撮ると緑色に写っています。実際は白色だったと思いますが。



081230081230_1081230_7







セキレイを撮る
 1月12日たまたま北の入池に行った時セキレイの写真を撮りました。特に珍しい鳥ではないですが、まだまだ小鳥写真初心者のゴブリンにとっては素直にうれしい。鴻の巣で撮ったメジロに続いて2例目です。

 ところで2枚目の写真の不思議な影。チェッカー・フラッグのようですが、実はこれ池の柵の影です。太陽の位置が低いので横木がものすごく太く写っています。



090112_4090112_2090112







北の入池近くの小さな池

 その後北の入池の近くにある小さな池の写真も撮ってきました。池の名前はないようです。池の横にマダラヤンマの捕獲禁止、池の鮒は「聖へら鮒釣同好会」所有の鮒なので関係者以外の釣りは禁止と書いた立て札が二つ立っています。

 日かげの小さな池なのでほぼ全面凍結していました。冬は普段誰も来ないところなのでしょう。こんな所に池があるとは気が付きません。

 池の氷には「鳥の足跡」(ゴブリンの勝手な命名)が付いています。氷結した池でよく見かけるのですが、どういう原理でできるのでしょうね。



090112_2_2090112_4_2090112_11







光の柱
 これまで烏帽子岳から浅間山にかけての写真を何回か載せてきましたが、この連山の壮大な眺めを上田周辺から見るいちばんの絶景ポイントは御岳堂だと思う。東塩田林間工業団地を抜けて、丸子方面へ向かう。南原の信号から北原南の信号へと千曲ビューライン沿いに走る。そこから依田川を渡るまでは広大な平地で、前方やや左に烏帽子岳・浅間山連山が見えます。

 普段は別段これといったこともなく通り過ぎてしまうのですが、時折その平地から息を呑むような壮大なパノラマが見えることがあります。とにかく手前に邪魔になる山が無いので烏帽子岳・浅間山連山が丸のまま見える。普段は遠くにかすんでいるのかさほど意識しないのですが、連山がくっきりと見えるときが時たまあるのです。
最初に出会ったのは昨年の12月25日です。その日の3時半ごろそこを通っていたら左前方にものすごい光景が現れたのです。烏帽子岳の上に何本もの光の柱が立っている。すごい光景でした。しかし、太陽は反対側の山陰に沈もうとしているのに、どうして東側にある烏帽子岳に光が差し込むのか。それも放射状に。その原理がどうもよく理解できない。



081225_1081225_4081225_5








壮大なパノラマ
 
 同じ場所で壮大なパノラマを見たのは今年の1月12日。この日は実にくっきりと烏帽子岳・浅間山連山が見えました。その壮大さは到底パソコンの画面では伝わりません。リサイズしない元の画像を42インチくらいの大型テレビ画面で観れば少しは伝わるかもしれませんが。何か荘厳な雰囲気すら感じました。あの辺に住んでいる人たちは一体年に何度くらいあのような自然の大パノラマを眺められるのでしょうか。うらやましく感じるほどです。



090112_3090112_4_3090112_19







共有池の白鳥
 今年も共有池に白鳥が飛来していると聞いて、1月16日に共有池へ行って白鳥を確認してきました。いました、いました。丁度10羽。日当たりがよく、氷が張っていない一角に仲良く集まっていました。池の反対側にはサギがいました。どうも縄張りが違うようです。



090116_5090116_8090116_10








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
寄せ集め写真集 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる