ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 青木村散策 1 滝川ダム、滝仙寺

<<   作成日時 : 2009/05/04 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年の12月27日と28日は青木方面に出かけました。メインは滝川ダムと義民の里めぐり。 滝川ダムは青木村の奈良本にあります。奈良本宿に入る手前、沓掛川の支流である滝川に沿って山道を登っていった所にあります。
 



ダム湖自体は大きなため池程度の大きさですが、コンクリートの壁は下から見上げるとかなり迫力があります。



081227_7081227_10081227_12







滝川ダムまで上がってゆく道には人っ子一人いない。ダムまで上がってきた道はダムの手前で大きくUターンするように曲がってさらに先まで続いているのですが、「撮影中」車1台通りませんでした。



ダムに向かって右側に駐車スペースがあり、そこからダムの上まで通じているらしい小さな道が横の山についています。ジグザグに上ってゆくと予想通りダムの上に出ました。
 ダム湖はさほど大きくはなく、ため池程度の大きさです。ただ深さはかなりあるでしょう。人跡未踏の山奥にあるわけではありませんが、誰もいない森閑とした湖水はどこか神秘的に見えました。



ダムの真ん中に一段低くなった切れ込みがあり、そこをオーバーフロウした水は下のプールのような所に流れ下るようになっています。よく見ると階段がついてます。あの手すりも何もないコンクリの壁の天辺に立っているところを想像するとゾーっとします。



081227_17081227_35081227_23








ダム湖の写真を載せましょう。もうだいぶ薄暗くなっていた上に、雪が積もっている山奥のダム。なんとも寒々とした光景でした。



081227_18081227_30081227_33








さらにダム湖関連の写真を3枚載せておきます。



081227_4081227_19081227_25







滝川ダムを探している時に滝仙寺を見つけました。さらにそこで義民増田與兵衛の墓を見つけました。義民の墓は次回紹介するとして、ここでは滝仙寺を紹介しておきましょう。



 ところで、このお寺の名前は何と読むのでしょうね。漢字字典で調べると滝の音読みは「ろう」とあります。となると「ろうせんじ」と読むのでしょうか。



それはともかく、滝仙寺はなかなか立派なお寺でした。特に鐘撞き堂が立派で、鐘の手前に五重塔のような形の萬霊供養塔が置かれています。本堂に向かって左手に別のお堂が建っていて、その内部の写真が3枚目です。



081227_17_2081227_24081227_25_2








最後に滝仙寺の写真をもう3枚載せておきます。



081227_7_2081227_21081227_22











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
青木村散策 1 滝川ダム、滝仙寺 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる