ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 笠原工業の繭蔵見学

<<   作成日時 : 2008/06/22 18:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これも古い記事になるが、5月10日に「蚕都上田プロジェクト」立ち上げ準備会に参加し、笠原工業の繭蔵を見学した。笠原工業は上田に来て最初に住んだアパートのすぐ近くにあるが、中に入ったことはなかった。滅多にない機会なので貴重な写真を公開しておきたい。



080510080510_41080510_40







9時半前に笠原工業の常田館に着く。どの建物が常田館か分からなかったが、他の人たちが古い建物に入って行くのでそこだと分かった。かなり古い建物だが、なかなか趣がある。会場は2階。続々人が集まってきた。「蚕都上田プロジェクト」立ち上げの準備会としては大成功だろう。報道関係の人たちを除いても20人を越えていただろう。
 



最初に笠原工業の社長があいさつした。蚕都と名乗っているのは上田以外に6つあるという。京都の綾部(グンゼ<郡是>の発祥地だそうだ)、福島県の伊達市梁川町、富山県の富山市八尾町、愛知県豊橋市、埼玉県の熊谷市、他は忘れた。群馬県の富岡市が入っていたかもしれない。ただこちらは製糸業である。上田が乾燥していたがゆえに繭の成育には適しているが、反面製糸業には向かない土地だという話も面白かった。水分を含んでいる方が目方が増すので、乾燥していると軽くなってしまうからだ。
 



080510_21080510_14080510_15







その後繭蔵の見学。これが面白かった。近くに6年も住んでいながら笠原工業の敷地内に入るのは初めて。入り口横にお稲荷さんが祭られていた。Wikipediaには「本来は穀物・農業の神であるが、現在は産業全般の神として信仰されている」と書かれている。商売繁盛の願いが込められているようだ。
 



080510_6080510_7080510_9







どの建物も古い。木造5階建ての繭蔵(木造5階建ての建物は日本でここしかないという)は薄暗い。探検でもしているようでわくわくする。中には発泡スチロールがまだ収められているが、かつての繭蔵の雰囲気は充分残っている。リフトが階段の横に設置されている。大きな建物だが窓はどれも小さい。内部全体が同じような空調になるようにそうしてあるらしい。床に「穴」と書いてある。実際上げぶたの穴になっている。そこから繭の上げ下ろしをしたようだ。
 



080510_12080510_11080510_13







木材が細い。それでこの大きな建物を支えている。大人数が乗って大丈夫かと心配もあったが、十分支えていた。床板に隙間があるのも空気が流れるようにわざとしているそうだ。階段が上りにくい。手すりもなく、踏み段の幅も狭いので上り下りにふらふらする。
 



次に鉄筋5階建ての繭倉へ。こちらはコンクリの塊。繭蔵というよりは倉庫といった感じだ。こちらは頑丈だが、階段は同じように歩きにくい。
 



080510_16080510_17080510_19







続いて炊事場や風呂などを見て回った。こちらも古い。移転するので炊事場の食器などは全部処分してしまったそうだ。昔懐かしい木造の家屋。男子風呂場は昔の銭湯のような感じ。浴槽はタイル張りの楕円形だ。一見広そうに見えるが3、4人も入ればいっぱいだろう。炊事場はやたらと広い。かなりの従業員がいただろうからこれだけの広さが必用だったのだろう。錆付いた鉄の釜がいくつも残っている。壁はすすけ、床には埃がたまり、鉄製のものは錆付いている。使われなくなってだいぶたつことが分かる。



080510_23080510_25080510_26







面白いことに、繭蔵や炊事場などの室内の写真にはよく見ると丸い斑点がいくつも写っている。最初はレンズに雨粒が付いていたかと思った。しかし戸外で撮った写真にはその斑点は写っていない。どうやら、あの斑点の正体は雨粒ではなく埃らしい。人が歩くときに巻き上げた埃がカメラに写る。われわれは床に降り積もった歴史の厚みを掻き分けて移動していたわけだ。歴史的遺産がいかに長い間歴史の片隅で眠っていたかが分かる。しかし保存状態はよい。だいぶ痛んではいるが、壊れてはいない。埃を払えば見違えるようになるだろう。まさに歴史的遺産だ。
 



080510_30080510_27080510_35







また常田館に戻って、今度はどうして蚕都上田が生まれたかという話と、蚕都上田の地図の話を聞く。どちらも面白かった。12時ごろ終了。午後からも幻灯舎で有志の集まりが予定されていたが、眠くて疲れていたので遠慮した。



080510_38080510_39080510_31








人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
笠原工業の繭蔵見学 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる