ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 八木沢駅周辺を歩く

<<   作成日時 : 2008/04/20 12:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 別所線の八木沢駅に行ってみた。このあたりをゆっくり歩いてみるのは初めてだ。どういうわけだろう、駅の周辺は不思議な雰囲気が漂っている。別所線の駅の中では随一の不思議空間だ。言葉ではうまく表現できないが、そこだけ周りと雰囲気が違うのだ。駅の反対側、南側は塩田の大穀倉地帯。一面田んぼばかり。その先は独鈷山が立ちはだかり視界をさえぎっている。北側は駅のすぐ横を湯川が流れており、川の向こう側は家が建ち並んでいる。駅のすぐ近くに八木沢橋がかかっていて、橋を渡るとすぐT字路になっている。突き当たりは八木沢の公民館である。駅の横から橋を通して公民館を見るととても懐かしい風景を観ている感覚を覚える。なぜなのか自分でも分からない。



080419_6080419_7080419_4







 別所線の各駅はそれぞれ何度も見ているが八木沢駅だけは数回しか近くを通ったことがない。見慣れていないというのも理由の一つだろうか。どうもこの駅北側の家並み、川の位置、木造で水色に塗られた古い駅舎、駅の並びの古い木造の建物、これらの配置がどこか不思議な佇まいを醸し出しているのだろう。一気に時代が何十年かさかのぼってしまったような感覚。どうも、ずいぶん昔に見たどこかの風景とオーバーラップするようだ。どこだろう。修善寺か?まあ謎のままにしておく方がいいかもしれない。駅の写真と湯川の写真(湯川は八木沢駅のすぐ手前で線路と交差し、線路の下をくぐって北側に出る)を撮った。



080419_3080419_9080419_12







 その後駅の周辺を歩いてみる。公民館の前の道路は片側に黄色い壁が並んでおり、その下を水路が流れている。趣のある道だ。少し先に行くとのどかな風景が現われた。田んぼのあぜ道に菜の花が並んで咲いている。家の横に細い水路が流れている。絵に描いたような田園風景。ほっとするような眺めだった。



080419_11080419_13080419_15







 車に戻り別所まで行く。近くの山の天辺から2本のワイアーを張り、鯉のぼりがずらりと並んで泳いでいる。依田川の鯉のぼりが有名だが、そういえば別所でもやっていた。前にも見たことがあるがすっかり忘れていた。



080419_2080419_18080419_1








人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八木沢駅周辺を歩く ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる