ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 五稜郭へ行ってきました(2) 稲荷山公園散策

<<   作成日時 : 2008/03/08 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

迷わずに戻れるか心配だったが、何とか迷わずにすんだ。途中小海線の臼田駅の前を通るので、駅前に車を停めて駅の写真を撮った。小海線は岩村田まで乗ったことはあるが、臼田までは行ったことがなかったからだ。千曲川を渡ってすぐ車を停める。来る時気になった神社だが、そこは稲荷山公園だった。山の上には塔も見える。上まであがる前に橋(臼田橋)と千曲川の写真を撮った。上にあがる階段には鳥居がトンネルのように並んでいるが、階段に積もった雪が氷になっていたので横の別の階段を上がった。



080308_5080308_2_2080308_8







山の中腹に見えた赤い建物は展望台だった。浅間山がきれいに見える。その横に祠がある。さらに上まであがる。天辺に大きな石碑があった。何かの慰霊碑のようだ。少し下がったところに配水池があり、その向こうにロケットの形をした塔が立っている。コスモタワーだ。近くまで行ってみるとロケットの燃料タンクの上に彫刻が乗っている。説明書でケンタウルス、ヘルクレス、カシオペア、双子座だと分った。ここも入場無料。階段を上がってみる。ひょっとしたら五稜郭が上から見えるかと思ったからだが、さすがに遠くて分らなかった。しかし360度見渡せるのは気持ちがいい。ガラス越しに何枚か写真を撮った。階段を下りると、登り口のところに国産最初の人工衛星「おおすみ」の模型が展示してあった。



080308_10_2080308_11_2080308_13







来た道を引き返すとき、上ってくるときには気づかなかった歌碑をいくつか見つけた。一つは「昨日またかくてありけり 今日もまたかくてありなむ」で始まる島崎藤村の「千曲川旅情の歌」。小諸の懐古園にある「小諸なる古城のほとり」とあわせて『千曲川旅情の歌 一、二』と呼ぶらしい。他に2つ漢詩のようなものがあったが、誰の何という詩か分らない。



080308_5_2080308_8_2080308_9_2







先ほどの展望台のあるところまで降りてきたとき、展望台と反対側に別の建物があるようなのでそっちにも行ってみた。鳥居のトンネルを過ぎ階段を上ると赤い建物があった。どうやらお稲荷さんのようだ。稲荷山と言うくらいだからどこかにお稲荷さんがあるはずだと思っていたが、これがそうだろう。段状になった灯篭の周りに陶器のキツネがたくさん置かれている。



080308_15080308_2_3080308_3_2







車に戻る。来る時は川沿いに来たのだが、今度は橋を渡った道をまっすぐ進んでみた。その方向に国道141号線があるとみたからだ。案の定すぐ141線に出た。城山北という信号。来る時曲がった下小田切より一つ先の信号だ。最初からここで曲がればよかった。その後はまっすぐ帰るつもりだったが、途中メアリー・ローズ・ガーデンの近くに車を停め(中には入らなかった)、メアリー・タワーの写真を撮った。ここは春になったらまた行ってみよう。英国庭園の写真をバシバシ撮ってみたい(2003年に初めて行ったときはカメラを持っていかなかった)。4時半に帰宅。走行距離97キロ。4時間半かけた約100キロの旅。いい休日が過ごせた。



080308_4_2080308_5_3080308_7_2








080308_16080308_1_2080308_9_3









人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
五稜郭へ行ってきました(2) 稲荷山公園散策 ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる