ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 五稜郭へ行ってきました(1)

<<   作成日時 : 2008/03/08 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日五稜郭へ行ってきました。五稜郭といっても函館まで行ったわけではありません。実は五稜郭はもう一つあるのです。それも長野県の佐久市に。たまたま佐久市の観光マップを観ていてそれを見つけたときには本当にびっくりしました。何で佐久に五稜郭があるんだ!マップの説明によると、幕末に松平乗謨(まつだいらのりかた)によって築かれたそうです。有名な函館のものと並んで星形稜堡としては日本に二つしかないと書いてありますが、僕は二つ目があることすら知らなかった。これはぜひ見てこなければ。そう思いつつなかなか行く機会がありませんでした。晴天の土曜日、やっと龍岡城五稜郭を見てきました。



080308_34




















* * * * * * * * * * *



12時に出発。丸子を抜け立科から望月に入る。後は142号線をまっすぐ。昼飯は佐久市野沢の「S庵」という蕎麦屋で取る予定を立てていた。ここは長野のタウン誌『NaO』の東信グルメ特集号で調べた。五稜郭へ行くには佐久合同庁舎手前の跡部という交差点で右折することになるが、「S庵」は合同庁を過ぎてすぐのあたりくにあるので途中で寄っていくには丁度いい場所にあったからだ。もりそばの大盛りを頼んだが、正直言ってがっかり。麺があまりおいしくない。ついさっきまで冷蔵庫に入れてありましたという感じで麺が冷たい。



さて、また跡部に引き返してそこを左折。141号線に入る。ここから先は初めて通る道だ。7、8キロ先の下小田切の信号を左折。道路地図ではまっすぐなはずがしばらくくねくねと曲がりながら進む。この道でいいのかと心配になってきた頃に左に千曲川が見えてきた。地図では千曲川を渡るのでどうやら間違っていないようだ。橋の横に小高い山があって赤い鳥居が連なっているのが見える。神社があるようだ。帰りに寄ってみよう。



千曲川を渡った後もチョコチョコ曲がるが不安になる頃に案内板が現われて何とか五稜郭に着いた。道路地図だとほとんどまっすぐのはずだが、まあ映画「めがね」に出てくる地図よりは正確だろう。駐車場のすぐ横が堀になっている。なるほど丁度星形の先端部分なのだろう、確かにとがっている。堀の水が氷結していて真っ白になっている。左側に橋が見えるのでそっちへ行ってみる。その橋が入り口のようだ。どうやら入場無料らしい。橋の横の説明書きによると、着工は元治元年(1864年)で慶応3年(1867年)竣工とある。函館五稜郭の4年後に完成したことになる。



080308080308_1080308_2







さらにネットで情報を補うと、函館と佐久いずれもフランス・リール市にあるヴォーバン城がモデルである。大きさを比較してみると、稜の先端から先端までの長さは龍岡が約150メートル、函館が約300メートル、ヴォーバン城が約600メートルということだ。面積は2乗するので函館は龍岡の4倍、ヴォーバン城は函館の4倍ということになる。明治4年(1871年)に明治政府が全国の城郭の取り壊しを命じたため、龍岡城五稜郭もそのほとんどが取り壊されたそうである。今思うともったいないことをしたものだ。



080308_6080308_3080308_7







橋の回りの写真を撮った後、いよいよ橋を渡って中に入ってみる。正面は何もない広場になっている。入ってすぐ右側に田口招魂社がある。田口招魂社の近くに何やら昔の建物が残っている。広場の向かい側には近代的な建物が建っている。それを眺めていてはっと気づいた。これは学校ではないか。どう見ても学校の校舎と体育館らしい建物である。してみると広場だと思っていたのは運動場だったのか。とにかく古い建物の方にまずいってみる。杭上の標識に「御台所」と書いてある。昔の建物で現在残っているのはこれだけらしい。しかし今は何に使っているのだろうか。



080308_9080308_32080308_10







学校は田口小学校だった。金沢の兼六園の中に金沢大学の校舎があったのには驚いたが、ここも史跡の中に小学校が建っている。素晴らしい環境ではないか。御台所の裏に回って堀沿いにさっきの橋のところまで歩いてみた。残念なことに、近くに高い展望台のようなものがないので全体が星形になっているのが実感としてつかみにくい。確かに堀は複雑に曲がってはいるのだが、それだけでは分りにくいのだ。



080308_11080308_12080308_14








入り口の橋のところに戻り、さらにその先まで行ってみた。星形の二つ目の先端を曲がるとまた別の橋が見えてきた。近くに小学生たちがいる。橋の名前が書いてないので、小学生に聞いたら東の通用門だったかなあと言っていた。昔は橋のところに門があったのかも知れない。小学生と一緒に橋の写真を撮った。歴史的な遺跡の中で座っておしゃべりしている小学生たちを見て感動してしまった。



080308_18080308_21080308_23







さらにもう一つの先端を越えると学校の裏側に出る。堀の水は途中でなくなっている。本来ならぐるりと周りを堀で囲むはずだが、予算が尽きたのか5つの内2つの先端部分は堀がない。そこまで見て車のところに引き返す。



080308_27080308_29_3080308_4







<追記>
こちらのサイトに龍岡城五稜郭の航空写真が載っています。


人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ここの五稜郭 行ってみたかったんです、
ゴブリンさんのレポートを読んで ますます 行ってみたくなりました 夏にでも計画だなぁ
ありんこくん
2008/03/14 21:45
ありんこくんさん コメントありがとうございます。
やはりこの五稜郭をご存知だったのですね。知らなかったのは僕だけか(汗)。もし夏にでも来る時は連絡してください。案内しますよ。

ところで、ありんこくんさんもブログを始めたのですね。ブログ仲間が増えることはうれしいことです。さっそくリンク集に加えさせて頂きました。これからじっくり読ませていただきます。
ゴブリン
2008/03/17 13:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
五稜郭へ行ってきました(1) ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる