ゴブリンのつれづれ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 立科町・中山道芦田宿と笠取峠を歩く@

<<   作成日時 : 2007/11/17 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

笠取峠の松並木を撮る



  今日は「地域を散歩しよう」というイベントに参加した。9時に集合。講師の方の話を聞いた後、各コースに分かれて出発。僕は「立科町・中山道芦田宿と笠取峠を歩く」というコースに参加した。このあたりは一度も行ったことがないからだ。千曲ビューラインを通って依田川を越えてすぐ右折した。この道はどこへ行くのかと前から思っていたが、立科へ行く近道だった。後で地図を見たら、今まで僕が通っていた道はこれに比べると相当な遠回りだった。さすがに地元の人は道を良く知っている。



071117_9071117_7071117_8







 見慣れた147号線に出る。そこから山部の信号までは近い。なるほど、今度から147号線に出る時はこの道を利用しよう。山部の信号を右折する。ここを左折して佐久方面には何度も行ったことがあるが、右折するのは初めて。この道もどこへ行くのか前から気になっていた道だ。右折して142号線に入ると上り坂になる。この先が笠取峠である。道の右側に松並木が見えてくる。これが最初の目的地である。一旦峠を越えてからUターンして、一里塚の前で停車。ここでまず写真を撮った。一里塚の横に、野倉にあるのとはまた違う夫婦道祖神があった。夫婦道祖神は結構あちこちにあるようだ。案内してくれた方の説明によると、一里塚は本来道の両側にあるそうだ。道を拡張する時片側が取り除けられ、今はこの山側にだけ残っているとのこと。一里ごとに設けられたので一里塚と呼ばれる。



071117071117_3071117_17







 道をもう少し下り、風情のある古い日本家屋のようなものがあるところに停車する。ここからは歩きだ。あの風情のある建物は何とトイレだった。洒落たトイレはよくあるが、これほど趣のあるトイレは初めてだ。隣に東屋があり、石碑もいくつか立っている。東屋の横に見事に紅葉した木がたっており、そこが絶好のシャッター・ポイント。みんな(このコースの参加者は8、9人)一斉に写真を撮り始める。そこから松並木にそって写真を撮りながら坂を下っていった。道が石畳になっており、きれいに整備されている。並木の横には小さな水路もある(水は流れていなかった)。あちこちに歌碑(保科五無斎と三石勝五郎)や道祖神が立っていて、写真を撮るポイントに事欠かない。こんな場所があったとは。このイベントに参加してよかった。



071117_11071117_13071117_16







 松並木は松くい虫にやられて年々減っているそうである。かつて100本以上あったものが、数年前に数えた時は70数本だったという。松並木が尽きたところで全員揃って記念写真を撮った。



071117_18071117_20071117_22








071117_25071117_26071117_29








071117_27071117_28071117_33








071117_34071117_35071117_38











人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
立科町・中山道芦田宿と笠取峠を歩く@ ゴブリンのつれづれ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる